スティーズ リミテッド SV TWSTEEZ LIMITED SV TW

スライダーで表示する
一覧で表示する
  • 1000S-XH

  • 1000S-XH

  • 1000S-XH

  • 1000S-XH

閉じる

バスフィッシングに 本気で向き合う人々のために。

バスフィッシングこそがライフスタイルの中核に位置するような、本気でバスに向き合う人々と共感できるプロダクトを。DAIWAが持つバスへの本気をプロダクトとメッセージで共有できるような、心の通ったブランドを目指した開発陣の秘めた想いを具現化したもの。そのために、DAIWAが持つ技術と想いでストイックに創り込む。
ロッドだけではない、リールだけでもない、バスに立ち向かうためのすべてのものに想いをこめて。本気のバスアングラーの熱い想いと一緒に・・・それが「STEEZ」。

待望のSTEEZ SV最速ギア比8.5!SV BOOST初のシャロースプールを搭載したSTEEZ LIMITEDデビュー

【圧倒的キャストアキュラシー】
待望のギア比8.5、最大巻き上げ長90cmを誇るXHが新たにラインナップ。スピーディーなルアーピックアップを可能にした事でテンポ・リズムが向上し高効率なバスへのアプローチを可能とする。
それだけにとどまらず、今回のリールの一番のフィーチャーは、スプール性能を最大限引き出す新開発のシャロースプールである。
タフ化の進む国内バスフィールドでは、アングラーにはどのような場面においても高いキャストアキュラシーが求められる。精度に欠けてしまえば、狙った魚は獲れない。キャスト時のトラブルレスは当たり前。
スムーズな動作から生み出されるコンパクトスイングでピンスポットへルアーを送り込む圧倒的なキャスタビリティーを実現。それを可能とするのがG1ジュラルミン製Φ34mm SV BOOSTシャロースプール。
“必要なライン量だけ“をストックすることで、スプールのトータルウェイトを軽量化。
結果として、スプールの立ち上がりが劇的に向上し、低く鋭いキャストを可能にした。
さらにDAIWAオンリーワンテクノロジー「TWS」でライン放出性を高め、「BOOST SYSTEM」によるキャスト後半のひと伸びが加わることで、タフフィールドで必要とされる超実践的なキャスト性能を発揮する。
巻きはHYPERDRIVE DESIGNにより、大幅に基本性能を高め、高耐久・高負荷でも滑らかかつハイパワーで盤石。
撃ち・巻き。いずれにおいても高次元の性能。キャスト数の多くなるショートレンジの釣り精度は、他に類を見ない。
シャロー専用設計ならではの低弾道と精度の高さを有するフラッグシップSTEEZ LIMITED SV TW、ここに誕生。

ダイワテクノロジー

HYPERDRIVE DESIGN
高い初期性能が長く続くことを目指し、全ての基本性能の水準を大幅に高めたベイト(両軸)リールにおける次世代の設計思想。 ハイパードライブデザインは、最大4つのテクノロジーで構成されています。 滑らかな回転が長く持続するハイパードライブデジギアの搭載を必要条件とし、ギアの駆動を援けて強く軽い巻上げをもたらすハイパーダブルサポート。内部構造を強く支持し、撓みにくく歪みづらいハイパーアームドハウジング。過酷なロケーションでも作動し続け、塩ガミによる固着を激減させた絶縁構造のハイパータフクラッチ。これらの相乗効果で、あらゆるフィールドにおいて安定した性能を発揮し続けます。
HYPERDRIVE DIGIGEAR
強く滑らかな回転が持続し続けることを追求したベイト・両軸リールにおける新設計のギアシステム。耐久性に直結するギアの歯のモジュール(大きさ)は小さくせず噛合い率アップを達成したことにより、初期の滑らかさが長く続くことを実現したDAIWA独自のテクノロジーです。
HYPER DOUBLE SUPPORT
滑らかさの持続と、巻きの強さ・軽さを実現した駆動サポートシステム。ピニオンギアの両端を2つのボールベアリングで高精度に支持することで、ハンドルからの入力を減衰せず、負荷が掛かった時でも力強く、軽く巻上げることを可能にしました。
HYPER ARMED HOUSING
内部構造を高剛性、高精度でしっかりと支え、精緻な巻き心地とパワーを生む筐体システム。要であるフレームに金属素材を用いることが必要条件で、サイドプレートやセットプレートとの組合せにより、基本性能をさらに長く発揮し続けることを可能にします。
HYPER TOUGH CLUTCH
何千回、何万回でも摺動し続けるメリハリのきいたオン・オフ性能だけでなく、塩分濃度の高い海水域でも極めてトラブルの少ないクラッチシステム。過酷なソルトシーンにおける固着修理件数を、当社比で既に99%削減する実績をもたらした最先端の絶縁構造です。
ZERO SHAFT
DAIWAのベイトキャスティングのスプールにおいて、その多くは芯軸が極端に短いことをご存知でしょうか。いわば、シャフトレスと呼ぶべき独自の機構は、スプール自体の軽量化を図ると共に、その剛性の高さに伴い超高精度な回転を実現します。つまりはキャスティング性能を最優先した高出力エンジンの要なのです。
ゼロアジャスター
はじめに“ゼロアジャスター”を調整し、“スプールガタ ゼロ”設定を実施することで、マグネットブレーキの進化により全てのルアーをマグダイヤルのみで制御することが可能となった。
“ゼロアジャスター”は、釣りを開始する前に“ゼロ設定”に調整することで、釣りの間に誤作動が起こることなく、快適に釣りを楽しんで頂くための機構。
※“スプールガタ ゼロ”設定とは、微細なガタつき (0.2mm程度)を残した状態で、スプールを押さないギリギリの設定のこと。
UTD(アルティメットトーナメントドラグ)
ドラグ効き始めの初期の食い付きを解消し、スティック(ムラ)のない滑らかさを実現しながらも、締めれば締めるほど効く最大ドラグ力を兼備するDAIWAのドラグシステムです。

製品詳細

■STEEZ最速ギア比8.5!
今まで最速でも8.1だったSTEEZシリーズ。新たに開発したギア比8.5でシリーズ最速の90cmを実現。
■初!SV BOOSTシャロースプール!
SV BOOSTで初となるシャロースプールを開発。スプールレスポンスの向上により、低弾道で正確にルアーを送り込むことが出来る。キャストアキュラシーが高まることで、余計なプレッシャーを掛けずにアプローチが可能。
■シャロースプールモデル専用外観
同色カラーのハンドル及び、スプール専用外観を採用。
フレーム足裏の原産国表示・シリアルNo.入りプレートも 同様専用外観採用。
■SV BOOST
BOOST機構の最大の特徴は、2段階で飛び出すインダクトローター部。
SV BOOSTは、SVコンセプトのトラブルレス性はのそのままに、スプール回転数に応じて2段階の最適なブレーキ力を瞬時に与えることが、キャスト後半のもうひと伸びへと繋がる。快適性能を維持しながら、遠投性能にも長けるシステムがここに誕生。キャスト後半の伸びへと繋がるキャスティング時の立ち上がりは、初速のバックラッシュゾーンに対し、瞬時に最大のブレーキ力を発揮し制御した後、中盤~後半にかけて二段階でブレーキ力を減らして後半のひと伸びを実現した。
■G1ジュラルミン製スプール
マグネシウムの2倍、超々ジュラルミンの1.3倍の強度を発揮するG1ジュラルミンという特殊アルミ系合金。その超軽量かつ優れた剛性を維持するマテリアルは、航空機の構造材や精密機器等にも採用される軽量合金の最上級グレード。同強度を維持するなら圧倒的な軽量感を実現するため、スプールの巻糸面にブランキング加工せず肉薄化のみで存分な強度の維持が可能だ。軽さがもたらす回転レスポンスの高さ、高剛性による正確無比な回転は他の追随を許さない。

MOVIE

付属品

・取扱説明書
・アンケート登録ID番号カード
・クロロプレン製リールケース
・保護シール

テスターインプレッション

藤田京弥

■STEEZ最速ギア比
まず、要望したのが最速ギア比8.5/90cm!この仕様を熱望していました。STEEZ LIMITED SV TWで、唯一エクストラハイギアXHがラインナップされていませんでした。ハイギアで一巻き75cmですから、その差15cm。究極を求めるとここに行き着きます。

■SV BOOSTシャロースプール
来ましたね。これも兼ねてから熱望してた “SV BOOST シャロースプール”!LIMITEDならではの特別仕様です。

製品スペック

アイテム 標準自重(g) 巻き取り長さ(cm/ハンドル1回転) ギア比 標準巻糸量ナイロン(lb-m) ハンドルアーム長(mm) ベアリング(ボール/ローラー) 最大ドラグ力(kg) スプール寸法(径mm) スプール寸法(幅mm) ハンドルノブ仕様 ハンドルノブ交換サイズ ボディ素材 ギア素材 メーカー希望本体価格(円) JAN *
スティーズリミテッド SV TW 1000S-XH 160 90 8.5 8-50~100_10-40~80_12-35~70 85 12/1 5 34 24 HIL S Mg G1ジュラルミン 74,800 4550133289415 **
スティーズリミテッド SV TW 1000S-XHL 160 90 8.5 8-50~100_10-40~80_12-35~70 85 12/1 5 34 24 HIL S Mg G1ジュラルミン 74,800 4550133289422 **
  • メーカー希望本体価格は税抜表記です。
左にスクロール
右にスクロール
※キャスティング時の音について
BOOST構造のスプールでは、キャスティング(ルアー飛行)時にインダクトローターの戻り音が「カチッ」と聞こえる現象があります。 ブレーキ力を司るインダクトローターについて、BOOSTでは、従来より早く・強く戻すことと、かつ作動ストロークを長く取ることで遠投効果を最大にしております。従来リールよりインダクトローターの戻り音が大きく聞こえることがありますが、異常ではありません。 BOOSTは2段階作動により最大2回の音が発生する構造であり、音の大きさや回数はキャスティングの入力の大きさによって変化します。
※巻糸量は目安であり、メーカー・アイテム・テンションにより異なります。
※巻き取り長さはハンドル1回転あたりの長さです。