none
ページトップへ
APPAREL フィッシングウエア

機能一覧

ウェア

レインウェアの基礎知識 『撥水』+『防水』+『透湿』の3つのハイテク加工で快適に!

■『撥水加工』と『防水加工』の違いは?
似たようなこの2つの加工は、実は大きく異なる技術により成り立っています。
レインウェアに使われる素材には、表面の水を弾く『撥水加工』と裏面に水の浸入を防ぐ『防水加工』がされています。
『撥水加工』は表素材の表面に加工されています。表の繊維(ファブリクス)にハスの葉っぱに見られるような『撥水基』と呼ばれる水を弾く分子の突起を設けることにより実現できます。この『撥水基』の分子が水の分子よりも細かいために水玉ができ、水を表面でしみ込むのを防ぎます。
撥水性の構造
撥水性が劣化すると・・・
この『撥水基』の分子は、摩擦や汚れなどで表面の分子が倒れることにより劣化します。この劣化を回復するには、再びキレイに優しく手洗いで洗濯して乾燥することで『撥水基』を立ててあげることが重要です。
このようにレインウェアの撥水性の洗濯耐久性をあげることで撥水性による快適さが持続します。
■表面の『撥水性』が落ちても『防水性』はある!?
表面の『撥水加工』と別に、裏面に施された『防水加工』は肌面に水が浸入することを防ぎます。
たとえ表の撥水性が摩擦や汚れで機能が落ちても、裏地の『ゴアテックスR』や『レインマックスR』のようなハイテクな防水膜により防水機能がキープできます。
撥水性が劣化しても・・・
防水加工は生きている。
『防水加工』と『透湿加工』を
両立させる難しさとは?
水を通さないのに水蒸気を通す技術の開発により、
『透湿+防水』素材は生まれました。
『防水加工』は、『透湿加工』を付加することにより快適になります。水を防ぎ、相反する水蒸気を通す技術は、長年の機能開発により実現することができました。防水性がありながら、透湿性がある膜面は、フッ素系やポリウレタン系素材をより薄くする技術とそれを貼り付けたり塗ったりして、柔らかく仕上げる加工技術により成り立っています。

※下記は、DAIWAで採用している機能紹介の一覧表です。
 商品に搭載している機能につきましては、該当の製品ページにてご確認ください。
キャップインシステム
キャップインシステム対応キャップと合体。視界を確保しバタツキを抑える。
ビューアップシステム
フード後方のドローコードを引く事で、サイドの視界をグッとアップ。
フードD.D.S
D.D.Sダイヤルの操作でフードのフィット感とサイドの視界確保を同時に調整可能。
フード雨返し
フード先からの雨滴浸入を軽減。
フード収納
不要時は襟にフードを収納可能。
ベンチレーション
衣服内の通気性をアップし、蒸れを軽減。
デタッチャブル袖
状況に応じて袖先を着脱することが可能。長袖/半袖2通りの使い分けが可能。
立体パターン(腕)
ロッド操作で重要な腕の動きを妨げない設計。
コンビアップシステム
コンビアップシステム対応フローティングベストとファスナーで合体。足元の視界を確保し安全性も向上。
止水ファスナー
水の浸入を軽減する止水ファスナー。衣服内の濡れを最小限に抑える。
二重袖口
袖口からの浸水を軽減するカフスを内袖に搭載。衣服内の濡れを最小限に抑える。
ウエストアジャストベルト
パンツのウエスト両脇にサイズ調整用ベルトを装備。ウエストのフィット感を素早く調整可能。
ウエストD.D.S
D.D.Sダイヤルの操作でウエストのフィット感を瞬時に調整可能。
着脱式サスペンダー
サスペンダーが着脱できる仕様。状況に応じて2通りの使い分けが可能。
パンツサイドループ
ヒップガードループやタオルハンガーとして使用可能なループをウエスト両サイドに搭載。
立体パターン(脚)
歩行や屈伸などフィールドで必要な挙動を妨げない設計。
ブーツカットファスナー
ブーツの脱ぎ履きを容易にするファスナーを裾部分に搭載。