none
HOME > 製品情報 > ロッド > トラウトルアーフィッシング > エリアトラウト(管理釣り場) > プレッソ-LTD AGS
PRESSO-LTD AGS
プレッソ-LTD AGS
61L-S・J、63ML・J=2017.09 デビュー
最先端のダイワテクノロジーが可能にする60g台の超軽量エリアトラウトロッド
キャストからリトリーブ、バイトを取りランディングへ持ち込む。そのすべての過程において、今までのエリアロッドの基準をはるかに凌駕することを目指して新生したPRESSO-LTD。ガイドには軽量・高剛性・トラブルレスのRタイプフレームと、薄肉・軽量のCリングとNリングを搭載した「AGS」を採用するなど、先端のDAIWA TECHNOLOGYを投入することで、PRESSO史上最軽量の自重を実現。軽さがもたらす卓越した感度・操作性はアングラーの心とダイレクトにリンクし、ただルアーを感じるのみならず、意のままに操作することを可能にする。 画像
アイテムラインナップ(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
■55XUL-S
マイクロスプーンやマイクロクランクを中心に、より繊細な釣りを展開するために開発されたモデルのひとつ。ソリッドティップを使用することにより食い込みのよさを向上させながらも、それでいて感度を失っていないのは、新たに投入された、SVFナノプラス等のテクノロジーの賜物といえる。5.5ftという長さは小規模ポンド用という印象もあるが、キャスタビリティーは6ft台と比べても大きな差はなく、リトリーブ時に加えるフリップやタップ等ロッドアクション時の操作感のよさ、ランディング時の手返し向上やバラシ防止効果、ティップを視認しやすいなど、短尺ならではのメリットを引き出すことで、釣り場を問わず欠かせない一本となるはずだ。
画像



■60XUL
スプーンからクランクまでオールマイティーに使用されることを目的に開発されたPRESSO-LTD基幹ロッドのひとつ。先代のLTD60XUL AGS同様、瞬間的なバイトをはじかず包み込むように乗せていく、癖のないパラボリックなアクションは「乗せ」の釣りを意識するアングラーにとってベストの選択といえる。更に今回新たに投入された、SVFナノプラス等のテクノロジーによる大幅な感度向上と軽量化は、より微かなバイトに対する対応度も高めることになった。いわゆる「巻きモノ」ならばほぼ全て使えるほど対応力は広く、特に使用ロッド本数に制限のあるトーナメントにおいて、その卓越したユーティリティー性が発揮されるだろう。
画像



■60UL
ソフトなティップで食い込みを向上させることを目的としたファストテーパー。瞬間的なバイトに対しても、はじかずフックを残せるだけの柔軟さを持つ。ただし、バットは敢えてLクラスの設定としており、初期掛かりさせた後は、しっかりとフッキングにもちこむことができる。元来、SVFナノプラスの筋肉質ブランクスから得られる情報量は非常に多いため、そこから変化・兆しを判断・咀嚼し、フックアップ可能なバイトを感知した上で、自ら積極的に掛けていくといった、極めてマニュアル的な、操作する快感も味わうことができるテクニカルなロッドとしても使用可能だ。最も使用頻度の高い、1g~2g程度のスプーンを中心に、クランクベイトなどにもマッチング。
画像



■60ML
シリーズ中、最もバットパワーをもつスプーニングロッドとして開発された60ML。ダイワ独自の設計思想により、ティップからベリーに掛けて滑らかにベンドするテーパーが特徴。これによりMLでありながら、軽量スプーンもしっかりとロッドに重みを乗せてキャスト可能となった。また低活性時の弱いバイトをも、ロッド全体の曲がりとして捉え、更にはSVFナノプラスとの相乗効果で手元までしっかり伝達してくれる。しかも、その際、ブランクスがゆっくり曲がっていくため、魚が違和感を感じるまで時間をかせぐことができ、フッキングの時間を確保できることも大きなメリットといえる。掛けた後は、MLのパワーで中型クラスのトラウトもぐいぐい寄せていけるため、競技時の手返し向上にも繋がる。1.8~2g台のスプーンをメインに開発・テストされたが、適合範囲は軽量スプーンからプラグまでと幅広い。
画像



■61L-S
61L-SはSVFナノプラスブランクにメガトップを搭載したソリッドティップモデル。従来のソリッドティップとは異なる多段テーパーを施したメガトップを搭載することで手感度と目感度を大幅に向上させ、グリップ長さも新たに設定し重心を手元に集中させることで繊細な操作を可能にした。
画像



■62XUL
乗せのクランキングを意識したモデル。硬めのティップから繋がるしなやかなベリーが、魚に違和感を感じさせず、長い時間ルアーを咥えさせることを可能にする。このコンセプトを実現するために、敢えてHVFナノプラスを採用。感度を犠牲にせずに柔軟性と粘りを実現している。通常はナイロンセッティングでも快適に扱えるが、PEやエステル等伸びの少ないラインとの組み合わせも試して欲しい。高感度ながらしなやかで、アタリが大きくでるのに、魚に違和感は感じさせにくい、という絶妙の世界を味わえるはずだ。
画像



■63ML
63MLはSVFナノプラスを採用し、繊細なティップと強靭なバットを持ち合わせたファストテーパーの掛け調子ロッド。繊細なティップと強靭なベリーからバットの緩急のはっきりした調子が繊細な操作を可能にしつつ、しっかり掛けられるロッドに仕上がっている。
画像



■64L
クランクを中心にスプーンまでオールラウンドに使えるアクションを目指したモデル。HVFナノプラスを採用することにより、クランクベイトの動きを手元に小気味よく伝達するだけの感度を保ちながらも、柔軟性と粘りを合わせもち、絡みつくバイトをしっかり乗せ、掛けていくことが可能だ。6.4フィートというやや長めに振ったレングスと、ファスト気味のオーソドックスなテーパーは、マイクロクランクでも使用可能な繊細さを持ちながら、ディープクランクでもパワー負けすることはなくベリーにしっかり乗せてロングキャストが可能。また、乗せ掛け気味のスプーニングでも高い実力を発揮するなど、使い勝手の高い一本といえる。
画像



■66XUL
大規模ポンドでのロングディスタンス攻略のために開発されたスペシャルモデル。「AGS」ガイド+SVFナノプラス採用のブランクスは、軽く、ティップの収束が早いため、しっかりとルアーをロッドに乗せ、振り切って遠投することが可能、また、沖の微かなバイトを手元に伝達するだけの高い感度も実現した。パラボリック気味のテーパーは、遠距離からのフッキングも考慮し、XULでありながらも60XUL等と比較してややパワー感を高めたセッティングとしている。競技中など、プレッシャーを回避し沖に溜まったトラウトを、ロングキャストのメリットを活かして一網打尽にするために欠かせない一本となるはずだ。
画像
仕様詳細
画像
画像
特殊塗装を施したリールシートにEVAグリップを搭載し、外観のみならず機能・操作性が向上。
カーボンフレームならではの高剛性がラインから伝わる信号をダイレクトに伝える『AGS』。その軽さはティップの収束を早め、ラインがストレスなく放出される。
画像
画像
プレッソのブランドカラーであるオレンジを基調に、プレッソらしらを保ちつつ落ち着いたデザインに仕上がっている。
グリップエンドにはプレッソロゴの刻印入り。
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■ESS(感性領域設計システム)
ロッドが曲がった際に発生する、ブランクが元に戻ろうとするエネルギー(復元力)を「ひずみエネルギー」として解析・設計するシステム。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、ロッドの張りや粘りといったエキスパートの感性と呼ばれる領域までもロッドに反映させることが可能。理想を超える竿を作り出すダイワ独自の革新的ロッド設計システム。
画像 ■AGS(エアガイドシステム)
フレーム素材に軽量かつ高剛性のカーボンを採用し、大幅な軽量化を達成した画期的なガイドシステム。新開発の軽量リング「Cリング(コバルト合金)」・「Nリング(シリコナイト)」を搭載し、さらなる軽量化・高感度を実現した新型『AGS』を採用。軽さと感度にさらに磨きがかかっている。
画像 ■ナノプラス
カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計・製造手法で機種ごとに最適化を行い、ブランクのさらなる高強度化・軽量化を可能にしたテクノロジー。
画像 ■SVFナノプラス(62XUL、64Lを除く)
ロッド性能を最も左右するカーボンシートにおいて、レジン(樹脂)量を減らしてカーボン繊維を密入することにより軽量化・パワーアップ・細身化を実現した超高密度SVFカーボンがナノプラスでさらに高性能化。
画像 ■HVFナノプラス(62XUL、64Lのみ)
贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。粘りや強度を重視したロッドに最適な素材となっており、ナノプラスによりさらに進化している。
画像 ■メガトップ(55XUL-Sのみ)
繊維と樹脂が均一に分散したカーボンソリッドで、通常のカーボンソリッドに比べて強度と感度が飛躍的に向上。カーボン素材特有の手に響く感度(手感度)はもとより、穂先に表れる視覚的な感度(目感度)も大幅に向上している。
画像 ■X45
竿は操作時・やり取り時など一連の動きの中で目に見えない「ネジレ」が発生し、操作性やパワーの低下などを引き起こす。こうしたネジレ防止の最適角度である±45°のバイアスクロスを巻きつけることでネジレを徹底的に防ぎ、操作性・パワー・安定性を向上させ、ロッドの性能を飛躍的にアップさせるダイワ独自のテクノロジー。


アイテム ESS AGS SVFナノプラス HVFナノプラス メガトップ ソリッドティップ X45
55XUL-S・J -
60XUL・J - - -
60UL・J - - -
60ML・J - - -
61L-S・J -
62XUL・J - - -
63ML・J - - -
64L・J - - -
66XUL・J - - -
プレッソ-LTD AGS
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー
重量
(g)
ライン
(lb.)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
55XUL-S・J 1.65 2 85 59 0.8(0.8)/7.4 0.4-3 1.5-3 98 60,000 087520*
60XUL・J 1.83 2 94 61 1.2(1.2)/8.4 0.4-3 1.5-3 98 61,000 087537*
60UL・J 1.83 2 94 62 1.3(1.3)/8.4 0.4-3 1.5-3 98 61,000 087544*
60ML・J 1.83 2 94 63 1.4(1.4)/8.4 0.6-4 2-4 98 61,000 087551*
61L-S・J 1.85 2 95 64 0.8/8.4 0.6-4 2-4 98 61,000 121941*
62XUL・J 1.88 2 97 61 1.2(1.2)/8.4 0.4-3 1.5-3 99 62,000 087568*
63ML・J 1.91 2 98 66 1.2/8.4 0.6-5 2-5 98 63,000 121958*
64L・J 1.93 2 99 64 1.1(1.1)/8.4 0.6-4 2-4 97 63,000 087575*
66XUL・J 1.98 2 102 62 1.2(1.2)/8.4 0.4-3 1.5-3 98 64,000 087582*
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。