none
HOME > 製品情報 > ロッド > ソルトウォータールアー(ショア) > HRF® (ハードロックフィッシュ) > ソルティスト HRF®
SALTIST HRF®
ソルティスト HRF®
HRF(ハードロックフィッシュ)の興奮を日本全国で!

北日本を舞台に盛り上がるロックフィッシュ。とりわけ50cmクラスに巨大化するアイナメ、クロソイ、ベッコウゾイなどは、HRF(ハードロックフィッシュ)と定義される、今も昔も大人気のターゲット。イカツいビジュアル。海藻や根周りという難攻不落の砦から滅多に出てこない生態と、それをホッグ系やカーリーテールなどのバルキーなワームをセットしたテキサスリグなどでネチネチと攻め落とす達成感。そしてなんといっても重たいファイトだろう。そう、ヤツらはトルクの化物で重戦車だ。ハンパなく走りが重いのだ。こうしたいくつもの魅力があるからHRFはたまらなく面白い。

同じアイナメやクロソイでもこれほど巨大なものが釣れることは北海道や東北など、北の海の特権といえるだろう。だからその他のエリアのアングラーはウラヤマシイなあと指をくわえて写真を見るばかり・・・というものだったのだが、ここ数年ちょっと様子が変わってきている。日本海や瀬戸内ではキジハタ、九州ではオオモンハタといった、明らかにHRFカテゴリーに仲間入りするような巨大根魚を狙って釣るメソッドが確立され、HRFは全国的に静かなブームになっているのだ。

HRFといえばベイトタックル。バスフィッシング好きなら、テキサスやラバージグのあの釣りですよ、場合によってはキャロもありますよとお伝えすれば容易に想像でき、かつ独特の面白みを理解しやすいだろう。狙うのはゴツゴツの根回りや海藻帯のボトム。だからラインは太めのフロロカーボン。リフト&フォールの際などにラインがちょっと弛むようなことがある釣りでは、実はPEよりもフロロの方がアタリがはっきり伝わりやすいということもある。そしてボトムにベッタリと沈ませるためにリグはヘビーということもあり、キャスト・ルアー操作・ボトム&アタリの察知・ファイトと、ベイトタックルをメインにする方が何かと利点が多いのだ。だが根魚は、抜かれた分だけ確実に減っていく。アングラーに攻め立てられた今のフィールドは、HRFの釣りが始まった当初とは違い、ベーシック一本やりでは、なかなか太刀打ちできないシビアさを孕んでいるのである。

フィールドの今を熟知すること。ダイワがもっとも大事にしてきたことのひとつ。HRFカテゴリーにおいても、しっかりとフィールドの今に合わせて、タックルをアップデートしてきた。もっと射程距離を遠く、深く伸ばせるようにロングロッドをラインナップ。遠く、深くを目指すのなら、やはりPEラインの使用も当然念頭に置くべきだろう。それに合わせたタックルバランスの取り直しも行った。またHRFたちにもっと違和感なくバイトさせるためにライトリグもひとつの手段。そのためには軽量のリグでもロングキャストしやすいスピニングタックルもラインナップに加えている。もちろん、タックルがどう変わろうとHRFの釣りが持つプリミティブな興奮だけは損なわないようにしながら。

さらにボートから狙うHRFゲームもこれまた楽しい。ならば先に挙げた地域はもちろん、東京湾や伊勢湾の巨大クロソイ、伊豆や伊良湖岬周辺のハタなども今後は期待できるかもしれない。ダイワが提案しているスタイルですら、奥深いHRFの釣りのまだまだ一端に過ぎないのだろう。フロンティア・スピリッツを胸に、ぜひHRFの海へと漕ぎ出してほしい。

画像 画像
製品拡大
製品拡大
76MHS
86XHB


ベイトモデル
ブランクの目に見えないネジレを防ぐ「X45」と高密度HVFカーボンがもたらすクラス最高水準のバットパワーで、足場の限られるフィールドで大型魚相手に強引なファイトを強いられても余裕を持ってランディングに持ち込めるパワフルなロッドをラインナップ。

■611HB
操作性の高いボート対応のショートレングス&ハイパワーのハードロックフィッシュロッド。可動範囲が限られるボートゲームにおいては取り回しのよさが最優先される。7フィート弱に専用設計することで、軽量・高強度素材HVFブランクとの相乗効果で持ち重りを低減。アキュラシーキャストやテクニカルなロッドアクションにも追従し、タフなコンディションでもバイトに持ち込む操作性を持つ。

■74XHB
軽さとパワーが高次元で融合した近距離戦に欠かせないハードロックフィッシュロッド。ロックフィッシュの醍醐味であるダイレクトにリグを撃ち込み、のけ反るようなフッキングでターゲットの上顎を捉えるためのスペシャルロッド。振りやすく撃ちやすいレングス、細かなアクションも可能にしたモデル。軽量・高強度素材HVFブランクを採用することでミドルレングスながら遠投も可能。

■86XHB
軽さとパワーが高次元で融合したロングキャスト対応ロッド。軽量・高強度素材HVFブランクを採用することでロングロッドにありがちな持ち重りを低減し、フルキャストによる遠投が可能。ガイドは軽量化と操作性の向上をもたらすKガイドセッティング。

■86XXHB
フィールドのタフコンディション化に伴いロングキャストを余儀なくされる昨今の状況に最適な、シリーズ最強のロングキャスト対応ハードロックフィッシュロッド。

スピニングモデル
フィールドのタフコンディション化に伴い余儀なくライトリグの投入が求められる状況下、スピニングロッドはこの上ないウェポンとなる。軽量・高強度素材HVFブランクとネジレ防止の最適構造「X45」を採用することでロングロッドにありがちな持ち重りを低減し、軽量リグでもフルキャストによる遠投が可能となっている。

■76MHS
フィネスリグをパワフルにハンドリングするスピニングロッド。「X45」と強靭なバットが生み出すパワーはまさにHRFの名に恥じない。ガイドは軽量化と操作性の向上をもたらす元部にKL-Hガイドを搭載したKガイドセッティング。

■76MS
軽さとパワーが高次元で融合したハードロックフィッシュスピニングロッド。よりライトなリグが使用できるモデルながら、ブランクのネジレを防ぐ「X45」とバットパワーで大型魚相手でもパワー負けしない。

DAIWA TECHNOLOGY
■X45
カーボン繊維の配向角度と弾性率の関係は極めて特殊であり、1°でもカーボン繊維の角度がずれると弾性率は大きく低下する。竿の性能を考慮した場合0°・45°・90°が理想的な構造であり、他のX構造のように中間の角度(例えば60°~75°前後を変動)にした場合、「X45」に比べて「ネジレ」、そして「ツブレ」の弾性が低下してしまう。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」は科学的に裏付けされたネジレ防止の最適構造であり、高い操作性とパワーの向上をもたらす。→X45のさらに詳しい説明はこちら▼
画像■高密度HVFカーボン
ロッド性能に最も影響を与えるカーボンシートにおいて、ダイワはカーボン繊維そのものの高弾性化はもちろん、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な樹脂(レジン)量に着目。贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「超高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフルなロッドに最適な素材である。
■オーバルリールシート
リールをセットした際のフィット感・握りやすさを追求したダイワオリジナルの軽量リールシート。
ソルティスト HRF®
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー
重量
(g)
ライン カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
ナイロン
(lb.)
PE
(号)
611HB 2.11 2 178 140 1.9 (1.8)/14.9 7-40 10-25 1.0-2.0 98 38,500 891219
74XHB 2.24 2 116 160 2.5 (2.4)/14.9 10-50 12-30 1.0-2.5 99 39,000 957496
86XHB 2.59 2 134 165 2.4 (2.3)/14.9 10-50 12-30 1.0-2.5 99 40,000 914123
86XXHB 2.59 2 134 175 2.4 (2.3)/14.9 15-60 12-30 1.0-2.5 98 40,500 957502
76MS 2.29 2 195 142 2.0(1.9)/14.4 5-25 8-16 0.8-1.5 95 38,500 891226
76MHS 2.29 2 195 150 2.1 (2.0)/14.4 5-30 10-20 0.8-2.0 94 39,000 914130
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。