none
HOME > 製品情報 > ロッド > ソルトウォータールアー(オフショア) > ベイジギング・ベイキャスティング > ソルティガ BJ(LOW RESPONSE)
SALTIGA BJ(LOW RESPONSE)
ソルティガ BJ(LOW RESPONSE)
2018.02 デビュー
画像
63XHB-S・V
画像
63XHS-S・V

(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

ローレスポンスコンセプト。
低反発素材によりジグの動きを滑らかに演出。
低弾性ブランクにメガトップを採用したローレスポンスモデル。ブランク全体の張りを落とし粘り強さをアップ、そしてティップにはジグの動きを適度に抑え、且つバイトを弾かずしっかり食わすことのできる柔軟なメガトップを採用したローレスポンス系モデル。
■63HB-S・V
ショート~セミロングジグを用いたリズミカルなワンピッチジャークを得意とし、ジグにナチュラルなアクションの入力が可能。63HB-Sはベイジギングにおけるスタンダードモデルとして120g程度のジグで狙うシーバス、マダイ、タチウオ、サゴシ、サバなど幅広いターゲットに対応。

■63XHB-S・V
ショート~セミロングジグを用いたリズミカルなワンピッチジャークを得意とし、ジグにナチュラルなアクションの入力が可能。63XHB-SはMAX150g前後のジグに対応し、深場での大型タチウオやサワラ、ワラサ等の中型青物までカバーする。

■63XHS-S・V
MAX150g前後のショート~セミロングジグでのワンピッチジャークやジャカジャカ巻き、キャスト&斜め引き等様々なジャークに対応するスピニングモデル。タチウオ、マダイ、サワラ、サバ等の幅広いターゲットをカバー。
DAIWA TECHNOLOGY
画像

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。

画像

■メガトップ
繊維と樹脂の均一な分散により高い強度・剛性を有しており、カーボン素材特有の手に響く感度はもとより、穂先に現れる目感度も従来よりも大幅に向上。

画像

■HVFナノプラス
贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。粘りや強度を重視したロッドに最適な素材となっており、ナノプラスによりさらに進化している。※ナノプラスとは・・・カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計・製造手法で機種ごとに最適化を行い、ブランクのさらなる高強度化・軽量化を可能にしたテクノロジー。

画像

■エアセンサーシート(スタンダード)(スピニング)
軽量化・高強度・高感度を実現するカーボンファイバー入りリールシート。用途に応じて専用設計することで汎用リールシートでは体験できない操作性を生み出す。

ソルティガ BJ(ローレスポンス)
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元経
(mm)
ジグ・ルアー重量(g) ライン
PE(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
ジギング キャスト
63HB-S・V 1.91 1 191 135 1.1/7.9 60~120 0.6~1.2 94 48,000 252669*
63XHB-S・V 1.91 1 191 143 1.1/8.4 60~150 0.8~1.5 94 48,500 252676*
63XHS-S・V 1.91 1 191 133 1.1/8.4 60~150 0.8~1.5 95 48,500 252720*
※先径は、素材先端部の外径です。
付属品
  • 竿袋