none
HOME > 製品情報 > ロッド > ソルトウォータールアー(オフショア) > タチウオジギング > 鏡牙 AIR
KYOHGA AIR
鏡牙 AIR
63B-2
64S-3
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
タチウオを究める専用ブランド「鏡牙」
白銀に輝く刀のような姿、ドラゴンを思わせる顔付き、神出鬼没の生態、そして細長い姿に似合わぬ強烈なファイトでアングラーを魅了するタチウオ。ダイワは全国各地でフィールドテストを繰り返し、その捕食行動、釣れるパターンを徹底的に分析。各地の有名船長やキーマンの意見も取り入れつつ、実戦で結果を出す「釣れるタチウオタックル」を追求。こうした試行錯誤が結実したのがダイワのタチウオ専用ブランド「鏡牙」。常に進化し続けるタックルで変幻自在のタチウオを完全攻略する唯一無二のブランドである。
タチウオジギングを様々な角度から楽しむための本格派ロッド
1本1本が釣り方にこだわった専用設計
品名 穂先 特徴
63B-1S メガトップ 浅場、喰い渋りに強いライトアクション。あえてパワーを抑えた事でジグを余計に動かさない=ラインスラックが減り噛み切られにくい。タチウオが掛かった際にはバットからきれいに曲がり込むため、釣りをしている際の興奮度も高く楽しめる1本。
63B-2MT メタルトップ メタルトップ搭載高感度モデル。フォールアクションを意図的に発生させ、ジグの落下中のバイトをメタルトップで捕らえるための1本。
63B-3S メガトップ ジグウェイトを重くせざるを得ないシチュエーションやドラゴン狙いのためのシリーズ最強パワーモデル。穂先はソリッドなので、ジグも暴れにくく喰わせやすいセッティング。タチウオテンヤや重めのルアーも扱いやすい1本。
68B-2 チューブラー スロースタイルで誘うテクニカルモデル。シリーズの中で全く異なる調子を持ち、特に鏡牙ジグのセミロングの扱いに長ける。全体的に張りを持たせ、ジャーク幅のコントロールが容易に行える。穂先にトルクを残しジグを扱いやすくするためにチューブラー穂先を採用。
64S-3 チューブラー キャスティング、高速ジャーク対応スピニングモデル。水深の浅いシチュエーションでワインドで狙うためのスペシャルアイテム。もちろんスタンダードなジギングも可能。パワーはキャスティングを意識して強めにしているので、中型青物クラスまでカバーできる汎用性の高い1本。
63B-2TG メガトップ
(全身メガトップ)
ミヨシに立って、誰よりもカッコよく竿を曲げて釣りたい人のためのスリルゲームモデル。軽量ながらしっかり粘るブランクスが美しい曲がりを見せる。
仕様詳細
外観美と握りやすさを兼備したベイトモデルリールシート。 スピニングモデルリールシート。軽量かつパーミング性に優れる。
鏡牙のシンボルカラーであるパープルを随所にあしらった独創的なデザイン。 ベイトモデルのティップ部ガイドスレッドは、メタルトップモデルはイエロー、ソリッドティップモデルはレッドカラーを採用。
HVFナノプラス採用で、軽量でありながらも、しっかりと曲がって粘るブランク。 脇挟みしやすく、取り回しのよい長さと形状のリアグリップ。
DAIWA TECHNOLOGY
■メタルトップ
超弾性チタン合金穂先ならではの金属的な超高感度は実際の釣りにおいて想像以上のアドバンテージとなる。竿先をわずかに動かした際に感じるファーストコンタクト、いわゆる「モタレ」と呼ばれる違和感まで逃さないその情報伝達能力はまさに「海中が見える」といっても過言ではなく、多くの名手が「メタルでないと取れないアタリがある」と評しているほど。
画像 ■メガトップ
繊維と樹脂が均一に分散するカーボンソリッドであり、360°どの方向にも同様の曲がりを見せる。さらに通常のカーボンソリッドに比べて強度が飛躍的に向上。これにより細径で柔軟、ハイテーパーな穂先を作ることが可能になっている。カーボン素材特有の手に響く感度(=手感度)は元より、穂先に現れる視覚的感度(=目感度)も大幅に向上。
画像 ■X45
竿は操作時・やり取り時など一連の動きの中で目に見えない「ネジレ」が発生し、操作性やパワーの低下などを引き起こす。こうしたネジレ防止の最適角度である±45°のバイアスクロスを巻きつけることでネジレを徹底的に防ぎ、操作性・パワー・安定性を向上させ、ロッドの性能を飛躍的にアップさせるダイワ独自のテクノロジー。
画像 ■ナノプラス
カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計・製造手法で機種ごとに最適化を行い、ブランクのさらなる高強度化・軽量化を可能にしたテクノロジー。
画像 ■HVFナノプラス
贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。粘りや強度を重視したロッドに最適な素材となっており、ナノプラスによりさらに進化している。
鏡牙 AIR
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(g)
適合ライン
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
63B-1S 1.91 2 145 115 1.1(1.0)/8.9 60-160 0.6-1.0 64 33,500 078948
63B-2MT 1.91 2 145 120 2.9(0.8)/9.9 60-180 0.6-1.2 73 35,000 078955
63B-3S 1.91 2 145 125 1.3(1.2)/10.4 80-200 0.6-1.5 80 34,000 078962
68B-2 2.03 2 154 120 1.8(1.7)/9.9 60-180 0.6-1.2 80 34,000 078979
64S-3 1.93 2 149 125 1.6(1.5)/10.4 80-200
(キャスト:20-60)
0.6-1.5 83 34,000 078986
63B-2TG 1.91 2 145 125 1.3(1.2)/8.9 60-180 0.6-1.2 91 38,500 078993
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • 竿袋
メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。