none
HOME > 製品情報 > ロッド > ソルトウォータールアー(ショア) > ライトSWルアー(メバル・アジ) > 月下美人 EX AGS AJING / EX AJING
GEKKABIJIN EX AGS AJING / EX AJING
月下美人 EX AGS AJING / EX AJING
55L/HS-SMT・E、64LS-SMT・E、75HS-SMTT・E=2017.04 デビュー
AGS搭載、ダイワアジングロッドの最高峰
アジングにおける無上の喜びは微かなアタリをモノにしていく玄妙さにある。アジをメインターゲットとするこの釣りは、ジグヘッドのウエイトが1グラム前後。数あるソルトルアーゲームの中で最も繊細なジャンルといえる。アタリが感じられないことには何も始まらない。すなわちロッドに求められるのは究極の感度。加えて視覚が制限されるナイトゲームが主体とくれば、指先に伝わる感度、すなわち「手感度」がいかに重要かが理解できる。EX AGS AJING/EX AJINGシリーズはSVF COMPILE-Xナノプラス(64.5L-SMT‐羽軸Ltd.‐、77.5L-SはSVF COMPILE-X)のブランクに、ラインを通して確実にブランクに振動を伝える高感度・高剛性のAGS(エアガイドシステム)を搭載。さらに超高感度の代名詞ともなりつつある『SMT(スーパーメタルトップ)』を採用。アジングの妙味を心ゆくまで味わえるシリーズとなっている。
ラインナップ
■月下美人 EX AJING 55L/HS-SMT・E
漁港の常夜灯下にいる喰い渋ったアジに対抗する切り札として開発した食わせの究極ロッド。1g以下の超軽量ジグヘッドリグを自在に操るフィネススペシャル。すべてのアタリをかけるつもりで設計した0.3mm径の鬼がけSMTを採用。月下美人史上、最も繊細なティップによって抜群の目感度と手感度を実現。ワームの動きはもちろん、アジの反応も瞬時に察知する。ティップが入ったとき、アジはすでにアングラーの手中に落ちている。

■月下美人 EX AGS AJING 64.5L-SMT‐羽軸Ltd.‐
画像
徹底的なまでの「掛け」にこだわったSMTチューブラー搭載の1ピースロッド。ソリッドタイプの穂先ではどうしても伝わりにくい、手元にコンッと響く微細な感覚。視界の悪くなる夜のアジングゲームにおいて、羽軸Ltd.はそんな微細な違和感をアングラーの目ではなく手元へ鮮明に、直接的に伝える。重めのリグや、速い潮によってティップが引かれ気味になる状況でもSMTチューブラーがアジの微かなアタリを金属的なアタリとして伝達。チューブラー特有の張りのあるティップがしっかりとアジの上顎を打ち抜いてフッキングさせる。

■月下美人 EX AGS AJING 77.5L-S
剣豪・佐々木小次郎がもしアジングをしたなら、この“刀”を選んだだろう。ジグヘッドリグ単体使用のためのロングロッド。だが6フィート台の感覚でハンドリング可能である。足場の高い場所でリグを浮かさず足元まで引きやすい。風が強い日にはラインを水面に着けて風の影響を減らせる。遠投した場合にラインのメンディングが容易。長さはそれだけで「武器」になるのだ。
DAIWA TECHNOLOGY
■ESS(感性領域設計システム)(※77.5L-Sのみ)
ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。この「ひずみエネルギー」を解析・設計することで、「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域までロッドに反映する事が可能。理想を越える竿を作り出す革新的ロッド設計システム。
画像 ■AGS(エアガイドシステム)
フレーム素材に軽量かつ高剛性のカーボンを採用し、大幅な軽量化を達成した画期的なガイドシステム。軽さによって飛距離とコントロール性能が向上しているだけでなく、カーボンフレームの硬さがラインから伝わる振動をブランクにダイレクトに伝達する。
画像

ガイドには、Rフレームの次世代AGSを採用(※55L/HS-SMT・E、64LS-SMT・E、75HS-SMTT・Eのみ。ただし、55L/HS-SMT・Eはティップ部にチタンフレームのトルザイトガイドを仕様)。さらにガイドが軽量化したことで、感度がさらに向上、また、強度もアップと同時に、糸がらみ抑制力もさらに向上している。

画像
糸絡みしがちなティップ部には糸絡みを自動的に解除する形状のCSガイドを搭載。(※64.5L-SMT‐羽軸Ltd.‐、77.5L-Sのみ) 糸絡みがほとんどない元ガイドにはキャスタビリティを優先した形状のCTガイドを搭載。(※64.5L-SMT‐羽軸Ltd.‐、77.5L-Sのみ)
■SMT(スーパーメタルトップ)(※55L/HS-SMT・E、64LS-SMT・Eのみ)
超弾性チタン合金の『SMT』はしなやかかつ高感度。視覚(目感度)にも触覚(手感度)にもしっかりとアタリを伝えてくれる。柔軟であり、振動を長く伝える優れた特性のある超弾性チタン合金とカーボンやグラス素材をハイブリッドして、それぞれの用途に最適な調子と軽量化を実現している。
画像 ■SMTチューブラー(※64.5L-SMT‐羽軸Ltd.‐、75HS-SMTT・E のみ)
チューブラー(中空)構造の超弾性チタン合金はソリッド(ムク)タイプに比べて構造上より硬くなっており、結果としてさらにレベルの高い感度と操作性を実現した革新的穂先。
画像 ■SVFコンパイルXナノプラス(※55L/HS-SMT・E、64LS-SMT・E、75HS-SMTT・Eのみ)
カーボン繊維をまとめる樹脂をナノメートル単位で混合する東レ(株)ナノアロイ®技術を、ダイワ独自の設計・製造方法でさらに昇華させたことで、SVFコンパイルXが進化。ブランク全体のムラがさらになくなり、ロッドの張り・シャープさがさらに向上。さらに軽く、さらに力強く振り抜けるロッドに仕上がっている。
画像 ■SVF COMPILE X(※64.5L-SMT‐羽軸Ltd.‐、77.5L-Sのみ)
ロッド性能を最も左右するカーボンシートにおいて、レジン(樹脂)量を減らしてカーボン繊維を密入することにより軽量化・パワーアップ・細身化を実現。強い反発力はシャープな振り抜き性能とルアーアクションが手に取るように分かる高感度をもたらす。
画像 ■V-ジョイント
ロッドの継部にバイアス構造のカーボンシートを採用することで、あたかもワンピースロッドのような歪みの少ない美しい曲がりを実現。未搭載のものに比べてパワー・張り・曲がりからの戻りの早さが大幅にアップし、理想的な粘強調子を生み出している。繊細さと強引さの絶妙なバランスで大物も余裕を持ってあしらえる。

V-ジョイントのさらに詳しい説明はこちらから▼
画像 ■ハイパフォーマンスカーボンソリッドトップ(※77.5L-Sのみ)
ジグヘッドリグによるアジングのために専用設計された高弾性のカーボンソリッドトップ。テンション抜けのアタリも感じ取ることのできる高感度を備えている。
テスターインプレッション ― 後迫正憲
画像「私が日ごろ、アジングタックルに対して最も重要視しているファクターはズバリ、感度です。なぜなら、私が得意とする掛け釣法はリフト&フォールの中でテンション抜けと呼んでいる、わずかなテンションの変化によるアタリを確実に取り、アジの上アゴにしっかりとフッキングさせることで成立するからです。そんな私が月下美人EX AGS AJINGとEXIST、この組み合わせを初めてセットで手にした時、まずその破格の軽さにびっくりしました。そしてこのタックルはアジングの世界を大きく変えてしまうと直感しました。というのも、この驚くほどの軽さは間違いなく感度の向上に繋がると思ったからです。軽さと感度というのはどう直結するのか?それはタックルが軽いほどタックルを通じて感じる様々な振動・抵抗などといった情報をシビアに感じ取れるのです。さらには操作性のアップや疲労低減による集中力の持続との相乗効果も感度向上に一役買います。この軽さは、AGSの搭載やブランク・リールシートの大幅な軽量化の賜物なんでしょう。

もちろん感度以外でも特筆すべきポイントが多々あります。アジングといえばライトラインにライトウエイトのジグヘッドですが、ブレが少ないAGSガイドのおかげでキャストフィールがシャープで、コントロールよくキャストできます。ブレが少ないことがライン放出をスムースにしているとしたら、それがトラブルをなくす方向に働いているのかもしれません。なんといっても、軽さからくる振り抜きの良さが自分は一番気に入っています。ライトリグを多用するアジングですから、振り抜きのシャープさはそのまま飛距離につながります。意外といっては失礼かもしれませんが、驚いたのはライントラブルの少なさなんです。想像以上のトラブルレスに快適な釣りができます。ライトラインを使用する釣りだからこそ、ライントラブルは致命的。AGSはその心配がないからより攻撃的な釣りが展開できそうです。」

月下美人 EX AGS AJING

アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー
重量
(g)
適合
ライン
ナイロン
(lb)
適合
ライン
PE(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格
(円)
JAN
コード
64LS-SMT・E 1.93 1 193 63 0.8(0.7)/8.4 0.5-8 1.5-4 0.1-0.4 99 60,000 078559*
64.5L-SMT-羽軸Ltd.- 1.94 1 194 62 1.06(1.05)/8.9 0.5-8 1.5-3 0.15-0.4 99 70,000 957434*
75HS-SMTT・E 2.26 2 197 92 1.1(1.1)/13.4 5-25 2-8 0.2-0.8 95 65,000 078566*
77.5L-S 2.32 2 120 65 -(0.8)/10.9 1-10 1.5-4 0.15-0.4 99 69,000 913249*

※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。

月下美人 EX AJING

アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー
重量
(g)
適合
ライン
ナイロン
(lb)
適合
ライン
PE(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格
(円)
JAN
コード
55L/HS-SMT・E 1.65 2 122 61 0.4(0.3)/8.4 0.3-5 1-3 0.1-0.3 98 57,500 078542*

※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。

付属品
  • 竿袋
メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。