none
HOME > 製品情報 > ロッド > ソルトウォータールアー(オフショア) > ベイジギング・ベイキャスティング > ブラスト BJ
BLAST BJ (STANDARD / SLOW JERK)
ブラスト BJ(スタンダード/スロージャーク)
画像
63HS
画像
66HB
画像
64B-3
スリル満点のベイジギングの世界へアングラーを導くダイワの先鋭ロッドシリーズ
シーバス・タチウオ・マダイ・青物など、小型のリールとライトラインでベイの多様なフィッシュイーターを狙えるベイジギング。ライトタックルと呼べる装備ながら、時には10kgクラスの青物とも対峙する興奮がアングラーを虜にする、そんな世界を120%楽しむためにダイワが提案するシリーズが「ブラスト BJ」。操作性・パワー・感度の向上をもたらすX45、PタイプフレームKガイドなど、快適な実釣性能を追求したダイワテクノロジーを充実装備。「スタンダードモデル」と「スロージャークモデル」のこだわりラインナップで、ビギナーから熟練のアングラーまでの様々なニーズに対応。
スタンダードモデル
■63HS(スピニングモデル)
タチウオやシーバス狙いで思い通りにジグを操るテクニカルスピニングロッド。抜群の喰い込み性能とリフティング性能を融合させた、ベイジギングに最適なレギュラーテーパーアクション。バーティカルゲームにおいては120gまでのジグが使用可能。

■63XHS(スピニングモデル)
インチクや150gまでのジグで大型マダイや小型青物を狙うパワフルスピニングロッド。大型マダイや小型青物を視野に入れ、よりライトなラインでの攻略を可能とし、糸立ち・ジグアクションの向上を実現。ライトラインで楽しむスリリングなベイジギングの醍醐味をそのままに、極限の世界までアングラーを導くパワーモデル。

■66HB(ベイトモデル)
タチウオ・シーバス・中型マダイ等を主なターゲットとするスタンダードなベイジギングライトロッド。よりライトなラインでの攻略を可能とし、糸立ち・ジグアクションの向上を実現。ガイドはラインが絡んでもほどけやすいKガイドを搭載。バットまで曲げながら大物をいなす快感がやみつきになるエキサイティングなロッド。

■66XHB(ベイトモデル)
150gまでのジグで大型マダイや小型青物を狙うモデル。ライトラインで楽しむスリリングなベイジギングの醍醐味をそのままに、極限の世界までアングラーを導くベイジギングパワーロッド。

■66XXHB(ベイトモデル)
ライトライン・小型リールを使用するベイジギングシリーズでありながら、10kgクラスの青物までを視野に入れた「スタンダード」シリーズの最強モデル。
スロージャークモデル
■64B-3(ベイトモデル)
近海でのスロージギングに幅広く対応するスタンダードモデル。
見た目からは想像できないパワーはロッドを立てたファイトも可能に。

■64B-4(ベイトモデル)
スロージギングにおいてヘビーなジグに対応するモデル。
深いポイントの攻略はもちろん、潮の速いエリアの攻略にも最適。
DAIWA TECHNOLOGY
■X45
カーボン繊維の配向角度と弾性率の関係は極めて特殊であり、1°でもカーボン繊維の角度がずれると弾性率は大きく低下する。よって、竿の性能を考慮した場合0°・45°・90°が理想的な構造であり、他のX構造のように中間の角度(例えば60°~75°前後を変動)にした場合、「X45」に比べて「ネジレ」、そして「ツブレ」の弾性が低下するのが、上のグラフから見てとれる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」は科学的に裏付けされたネジレ防止の最適構造であり、パワー・操作性・感度を飛躍的に向上させるテクノロジーである。(※世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
■PタイプフレームKガイド(オールSiCリング)
糸絡み自動解除機能搭載のKガイド。Pタイプフレームとは、フレーム表面加工を未処理とし(従来はクロームメッキ)、磨きだけをかけることで環境に配慮した次世代フレーム。(写真は63HS)

画像
■シリーズ共通 バットジョイント設計
調子は壊さず携帯性を重視したバットジョイント設計。コンパクトカーでの釣行にも最適。
アイテム別専用フォアグリップ形状

■パワフルなシャクリが可能なロングリアグリップ(66HB)
重量級ジグやディープ攻略時にはグリップエンドをしっかりと脇に挟み込むことでパワフルなシャクリが可能に。もちろんファイト時にも脇下がブレず、安定したやりとりを実現。

■操作性重視のショートフォアグリップ(64B-3・64B-4)
軽量~中量級ジグを扱うモデルには軽快なスロージャークを実現するショートフォアグリップを採用。

■パワー重視のファイティングフォアグリップ(66XHB・66XXHB・63HS・63XHS)
時に10kgを超える大型とのファイトも想定し、ファイティングフォアグリップを採用。ライトラインでバットまで曲げて格闘しながらも、しっかりとホールディングできるため大型魚にも主導権を与えない。

ブラスト BJ
品名 標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合
ライン
PE
(号)
適合
ルアー
(g)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
63HS 1.91 2 144 155 1.7(1.6)/10.9 0.6-1.2 30-120 86 21,500 961967
63XHS 1.91 2 144 160 1.9(1.8)/11.4 0.6-1.5 60-150 88 22,000 961974

品名 標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合
ライン
PE
(号)
適合
ルアー
(g)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
66HB 1.99 2 153 150 1.7(1.6)/10.4 0.6-1.2 30-120 85 22,000 914284
66XHB 1.99 2 141 178 1.9(1.8)/10.9 0.6-1.5 60-150 85 22,500 914291
66XXHB 1.99 2 141 180 2.1(1.9)/11.9 0.8-2.0 90-180 87 23,000 914307

品名 標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合
ライン
PE
(号)
適合
ルアー
(g)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
64B-3 1.93 2 148 140 2.0(2.0)/10.4 0.8-2.0 50-120 90 21,500 914314
64B-4 1.93 2 136 155 2.2(2.1)/10.4 0.8-2.0 70-150 90 23,000 914321
※リールを装着する際は、リールシートにリールフットがしっかり勘合するリールをご使用ください。またリールシートをしっかりと締めこんでご使用ください。
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
スロージャークジギングに最適なロッドとは

ベイジギングにおいては一般的により多くの魚を釣るためにジグの初速を可能な限り早くして、ジグを垂直方向から水平方向にスライドさせることが有効とされている。このテクニックはハイピッチ・ショートジャークと呼ばれる、ベイジギングにおける基本テクニックのひとつ。通常のハイピッチ・ショートジャークでは、ジグを垂直方向から水平方向にスライドさせるためにリールの一回転のリトリーブが90cm前後が必要。ジグは上下の動きが速くなるが、スレた大型魚を攻略するにあたっては、魚がジグのスピードに追従できないことがままあり、命取りとなることもある。

このジグを垂直方向から水平方向にスライドさせるアクションは、ジグの形状・性能にも起因するが、ロッドの性能に大きく左右される。具体的には、1秒間に1回程度のスローなテンポで、ひとシャクリ当たりハンドル1/3~1/4回転程度の20~30cmのショートリトリーブでも、ジグを垂直方向から真横に向けることができるロッドが必要となるのだ。つまりスロージギング専用ロッドでないとこのアクションは出しにくいということだ。従来のスタンダードなベイジギングロッドを使用してスローペースでショートリトリーブでシャクっても、ティップの反発が弱くスピードの変化が出せないため、ジグが垂直方向から真横にスライドする動きは出せなかった。

「ブラスト BJ」のスロージギングモデルはスローテンポのショートリトリーブでもジグが垂直方向から水平方向に動かせ、素早い初動と明確な静止というメリハリのあるルアーアクションを可能にした。

また、これまでスロージャークジギングを行うアングラーが持っていたロッドに対する泣きどころが、ロッドを立ててファイトできないというもの。ジグはシャクれても、特に大型魚がかかった場合にロッドを立てると強度的に脆く、折れてしまうという事態が発生するためである。そのため、この釣法のスタイルとして魚が掛かった後は、ロッドティップを水面に向け、なるべくロッドを曲げずにリールのパワーで魚とファイトするのが定着した。

しかし、ロッド全体で魚の引きをしっかり受け止め、ファイトするのが釣りの醍醐味のひとつではないだろうか。「ブラスト BJ」は、ライトラインでスリリングなやりとりをしながら、ロッドを限界まで曲げて楽しむブランクとして開発。ただ単なる「軽かろう、弱かろう」というブランクではなく、「曲げて獲る」ために必要な肉厚・パワーを確保しながら、持ち重りを大幅に軽減したスペシャルロッドなのである。