none
HOME > 製品情報 > ロッド > 防波堤 > 前打ち・落とし込み・ヘチ > 飛竜クロダイ
HIRYU KURODAI
飛竜クロダイ
画像
製品拡大
F-53UM・F


落とし込み釣りに必要なテクノジーを凝縮したスタンダードロッド
「高密度HVFカーボン」と「V-ジョイント構造」により落とし込み竿の理想の調子とパワーを実現。さらに、高感度にパワーアップした「メガトップ」を搭載、全国の落とし込みファンの要望に応えるべく高感度・先鋭調子の3タイプを展開。
アイテム別特徴
■軽量高感度「F」モデル 【7:3先調子】
マルチレングス仕様。しなやか調子と強引さを兼ね備えたスローテーパー設計。前アタリを逃さない軽量高感度タイプで、カニ・イガイ・エビ・ムシエサ等オールラウンドに対応。

■軽量パワー敏腕「T」モデル 【8:2硬調子】
マルチレングス仕様。タメが効くテーパー設計で、一気に浮かせるバットパワーを備えた軽量先鋭タイプ。強い張りを確保することで確実なフッキングパワーを持たせている。

■ハイパワー剛腕「MS」モデル 【8:2超硬調子】
ノーマル仕様(マルチレングスなし)。飛竜クロダイの中で最強の強靭ハイテーパー設計で、テトラの大物がターゲットの強力ハイパワー張強モデル。大物相手でも糸を出さずに主導権を握ることが可能。
仕様詳細
画像 ■視認性に優れた穂先にライン放出をスムーズにする大型Uガイド搭載
画像 ■ダイワオリジナル板シート
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■メガトップ
繊維と樹脂が均一に分散するカーボンソリッド。 通常のカーボンソリッドに比べ強度が 飛躍的に向上。これにより細径で柔軟、 ハイテーパーな穂先を作ることが可能。
画像 ■高密度HVFカーボン
ロッド性能を最も左右するカーボンシートにおいて、レジン(樹脂)量を減らしてカーボン繊維を密入することにより軽量化・パワーアップ・細身化を実現。
画像 ■V-ジョイント
継竿で最もパワーロスが生じやすい節部にバイアス構造を採用することでスムーズな節の曲がりを実現し、理想の調子とパワーアップを可能とするダイワ独自のテクノロジー。
飛竜クロダイ
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
錘負荷
(号)
適合ハリス
ナイロン
(号)
カーボン
含有率
(%)
マルチ
レングス
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
F-45UM・F 4.50 5 110 145 -(0.6)/20.6 1~3 0.6~2 99 45⇔36 23,500 826143
F-53UM・F 5.25 5 117 170 -(0.6)/20.6 1~3 0.6~2 99 53⇔43 24,500 644020
F-63UM・F 6.31 6 117 220 -(0.6)/21.7 1~3 0.6~2 99 63⇔53 29,800 644037
T-45UM・F 4.50 5 110 150 -(0.7/20.7 1~4 0.8~3 99 45⇔36 23,800 826150
T-53UM・F 5.25 5 117 175 -(0.7)/20.7 1~4 0.8~3 99 53⇔43 24,900 644044
T-63UM・F 6.31 6 117 240 -(0.7)/21.7 1~4 0.8~3 99 63⇔53 28,900 644051
MS-53U・F 5.25 5 117 190 -(0.7)/21.8 1~5 1~3 99 - 26,900 644068
MS-63U・F 6.28 6 117 265 -(0.7)/22.8 1~5 1~3 99 - 34,800 644075
■先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。