none
HOME > 製品情報 > ロッド > 投げ > 振り出し > キャスティズム T
CAST’IZM T
キャスティズム T
遊動Kガイドを採用した振り出しキャスティズム
軽快さ、携行性、機動力に優れた振り出し竿に新しく遊動Kガイドを採用。ナイロン、PEを問わず常に道糸がロッドに沿った理想のフィーリングを体感できると同時にガイド絡みなどのトラブルを大幅に削減。ランガンキス・投げカワハギからショアエビング、サーフトローリング・磯ぶっこみ・軟体系攻略まで幅広い趣向に応えるラインナップもこのシリーズの持ち味。
DAIWA TECHNOLOGY

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。→X45のさらに詳しい説明はこちら▼

画像
■V-ジョイント
竿の継ぎ部は節が2つ重なるため、どうしても張りが強くなりすぎて突っ張ってしまい、スムーズに曲がらずパワーロスを引き起こす。V-ジョイントは、継ぎ部にダイワ独自のバイアス構造クロスを採用することで突っ張りをなくし、あたかもワンピースロッドのような美しい曲がりを実現。余計なパワーロスがなくブランク本来のパワーが引き出されるため、未搭載のものに比べてパワー・竿の張り・曲がりからの戻りの早さが大幅にアップ。結果として理想的な粘強調子、繊細さと力強さの絶妙なバランスを生み出している

画像
■高密度HVFカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。HVFはノーマルカーボンに対し更にレジン量を減してカーボン繊維を密入する事で、軽さとパワーを高いレベルで実現し高度なパフォーマンスを発揮する。

画像


各部詳細
画像
画像

遊動Kガイド搭載
元ガイドはΦ25を使用。糸放出性能が向上。

シート回り
滑り加工を施しているので手が濡れてもスベリにくいシートを採用。
画像
画像
ネーム部
交織クロスを採用したネーム周り。
ステンNS-7リールシート
前進機構付きだからリールがグラつかず、リールをしっかりとホールド
画像
画像
ファインピッチガイドロック
細かいスリットがガイドをガッチリ固定させます。
合わせマーク(#1-2除く)
夜釣りには重宝する合わせマーク付き
画像
画像
グリップ
ゴム製なのでキャスト時にしっかり握れて安心。三脚に竿を置いても、スベリにくいゴム製を採用。
下栓
上のゴムを外せばバランサー(別売)が装着可能。
キャスティズム T
品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
錘負荷
(号)
リールシート
位置(cm)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
15号-290・Q2.9021542001.622.06-20669932,300
20号-365・Q3.6531342901.822.010-25689933,800
23号-385・Q3.8531403102.022.010-27689935,700
25号-385・Q3.8531423352.022.010-30689937,100
27号-385・Q3.8531423502.222.015-30789938,500
30号-385・Q3.8531423702.522.015-35809939,900
付属品
■クッション入りロッドケース