none
HOME > 製品情報 > ロッド > 渓流 > 本流 > 遡 パワージャンキー
NOBORI POWER JUNKIE
遡 パワージャンキー
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
遡上型の大型サケ科魚類のために開発されたダイワ最強スペックの本流竿
シロザケ・カラフトマス・サクラマスなど降海型の大型サケ科魚類を対象として開発されたパワーロッド。開発には3シーズンにも及ぶ実釣を重ね、数々のシロザケを釣り上げた実績もあり、最終プロトモデルでは、フィールドテスター・白石勝彦がサケマスの宝庫アラスカにおいて27.4ポンド(=12.3キロ)のキングサーモンを筆頭に数多くのレッドサーモンを釣り上げた計り知れないポテンシャルを秘めた剛竿。
調子のこだわり
ダイワ最強の剛竿でありながら、絶対的パワーだけに頼ることなく、ダイワ独自の遡上魚を対象とした大物竿としての「感度・操作性の高さ」を活かし、釣り師に必要以上の負担を掛けないような緻密なバランスの上に設計がなされている。遡上魚の鋼のような上顎を一発で貫ける竿先の固さ、超高密度SVFカーボンの胴をあえて曲げることによって生み出されるバットパワーなど、今までの本流大物竿とは一線を博す遡上魚専用調子を実現。基本的な調子・パワーの設定は、シロサケを2.5号~3.0号のラインで釣ることを想定。
レングスの優位性
70cm(1節)マルチを収納した状態で8.5mの竿長は、遡上魚を狙うフィールドにおいて、川筋を広く探れることによる大きなアドバンテージを釣り師に与えてくれる(すでに「遡シリーズ」で実証済み)。パワーロッドの宿命とも言える自重とのバランスもダイワ独自の軽量化技術を駆使し、一日中竿を振り続けることを前提とした絶妙の全長と自重のバランスを実現。
機能・仕様詳細
  • からまん穂先糸巻き上げ+コーティング仕様
    •  大型魚と相対する際、鋭い突っ込みでからまん穂先の接着部から抜けてしまうというトラブルを回避するために、外かぶせタイプのからまん穂先接着後に糸を巻き上げ、コーティングすることによって補強。
  • 元竿全面グリップ化
    •  ネーム部を除いた元竿部ほぼ全面に新触感グリップ塗装を施し、大物の不意の動きに対応した際にどこを握ってもグリップ感が得られ安心のやり取りが可能。
      さらに、グリップ下部には凸凹処理を行い、更に操作性の向上を図っている。
  • 70cm1節マルチ(2ポジションマルチ採用)
    •  大物の取り込み時にワンアクションで操作可能な70cmマルチレングス。中下栓不要、通常使用時はガッチリと元上を保持し、やり取り時には瞬時な節の出し入れが可能な2ポジションマルチを採用。簡単なパーツ交換で新品時の保持力が復活するメンテナンス性の良さも魅力です。
  • パワーと曲がりのV-ジョイント
    •  ハリ掛りと同時に一気に走り、止めた後には大きく首を左右に振るという大型サケ科魚類の特徴的なファイトにもスムーズな曲がりと絶対的な張りを得ることができるV-ジョイントの搭載によって、一気に胴まで曲げてロッドパワーを最大限に活かし、柔軟なジョイント部によって首振りにもフレキシブルに対応することによってバレを最小限に防ぐ。
その他の機能・仕様
  • スーパーリング構造
  • チューブラー穂先
  • 節落ち・食いつき防止合わせ
  • 固着防止リング
  • 専用クッション入り竿袋
遡 パワージャンキー
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合
ハリス
(号)
カーボン
含有率
(%)
マルチ メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
P-7 85-92MV 9.20 9 129.0 374 -(1.7)/28.7 1.0-3.0 99 85→92 115,000 669177*
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • クッション入り竿袋