none
HOME > 製品情報 > ロッド > 渓流 > 本流 > 遡 サーモンハンター
NOBORI SALMONHUNTER
遡 サーモンハンター
2017.09 デビュー
P-9 83・V

(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

「X45」「HVFナノプラス」で更にパワフルに進化したサーモン専用ロッド
■サーモン専用として調子と機能性を追及し、前作(P-8)から更にパワフルに進化!本格的に始める人にも最適なスタンダードモデル
■5kgを超える大型にも対応するパワーと粘りを実現「HVFナノプラス」
■太糸仕掛けも、先端部がねじれずピンポイントに振り込める「X45」
■滑りにくく、しっかり握れる “元竿全身グリップ仕様”
■太糸も安心!高強度・高耐久の “金属穂先パーツ”
■一日楽に振り続けられる “軽さとパワーの絶妙バランス”
詳細仕様

■元竿全身グリップ仕様
腕力だけで無く、肩にも元竿上部を当ててやり取りする事から、実釣性能を最優先し元竿全体に滑りにくく握り易いグリップ塗装を施行。(ネーム部を除く)

■太糸でも安心!穂先部に金属穂先パーツ

8号までの太糸使用を想定し開発された、非回転式の金属穂先パーツ。

※チチワ結びでなく、2重投げ縄結びでの結束がお勧め。(専用取り扱い説明書つき)

既存シリーズとのカーブ比較
DAIWA TECHNOLOGY
画像

■高密度HVFナノプラスカーボン
ロッド性能を最も左右するカーボンシートにおいて、レジン(樹脂)量を減らしてカーボン繊維を密入することにより軽量化・パワーアップ・細身化を実現した高密度HVFカーボンがナノプラスでさらに高性能化。

画像

■X45
竿は操作時・やり取り時など一連の動きの中で目に見えない「ネジレ」が発生し、操作性やパワーの低下などを引き起こす。こうしたネジレ防止の最適角度である±45°のバイアスクロスを巻きつけることでネジレを徹底的に防ぎ、操作性・パワー・安定性を向上させ、ロッドの性能を飛躍的にアップさせるダイワ独自のテクノロジー。

画像

■V-ジョイント
節の合わせ部分にダイワ独自のバイアス構造を採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度が向上。1ピースロッドのような滑らかな繋がりでロッド本来のパワーをロスなく発揮させることができる。

画像

■Vコブシ
Vコブシは竿の先端部#1~#3を短くセッティングすることで竿先の安定性を高め、感度の向上を図る設計思想。同時に中節~元竿は節長が長くなる胴長設計と組み合わせることによって同じベンディングカーブを描きながらもタメが効く、パワーと操作性・感度を兼ね備えたロッドの実現に貢献する。

遡 サーモンハンター
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合ハリス
ナイロン
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
P-9 83・V 8.3 8 130.6 400 2.1/27.7 2-8 99 69,500 116008
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。