none
HOME > 製品情報 > ロッド > 渓流 > ゼロ釣法 > マスターゼロ センシティブタイプ
MASTER ZERO SENSITIVETYPE
マスターゼロ センシティブタイプ
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
マスターゼロを超える竿はマスターゼロしかない。
ダイワの誇るロッド成形テクノロジーとゼロマスター達の熱き思いを結集させ開発された、理想のドリフトを具現化するためのファイナルウェポン。一方でその竿は研ぎ澄まされた性能と引き換えに、ゼロマスター達にそれを使いこなす資格を問う。ネジレを最小限に抑える『X45』と、しなやかでありながら均一性の高い『メガトップ』を搭載することで、最新のコブクロドリフトに欠かせない仕掛けの馴染み込み、そこからの繊細なオバセコントロールを可能にする竿先の操作性、そして微妙な水流変化を感じ取る感度を磨きあげた。新たな技術とテクノロジーを得たところがまた新たなゼロ釣法のスタート地点となる。故に、マスターゼロを超える竿はマスターゼロしかない…。
「最適ドリフトを可能にするロッドとは?」 ~Zero & Drift Story~
ダイワフィールドスタッフ:岡崎 孝

■変わりゆく曲がり

ゼロ釣法の進化と共に進化を続けてきたゼロロッドは、その時々の河川環境やドリフト方法に合った最高のポテンシャルを発揮するロッドとして開発されてきた。そのなかでも最上級モデルであるマスターゼロに常に求められるものは新たなドリフト方法に対応するだけでなく、さらなる進化を見据えた圧倒的ポテンシャル。マスターゼロは、これまでと比較すると竿全体に張りがあるイメージを持たれると思う。そんな方は是非、竿を曲げてみてほしい。鮎竿などで高い評価を受けている『ESS』設計の恩恵もあり、その曲がりは穂先からバット部分までストレスがなく、綺麗に曲がり込んでいく感覚に驚くはず。穂先や胴など部分的に硬さ調整するのではなく、トップからバット部まで淀みなく曲がり込むことにより、ドリフト、喰い込み、イナシにおいて最高のパフォーマンスを発揮してくれるよう設計されている。その効果で竿先の止まりなど操作性も格段に向上した。故にこれまでのゼロロッドのように喰い込みの00、操作性の01と分けることなくワンアイテム化が可能となった。

画像
ドリフトによって進化してきた穂先の歴史

1.SZ 琥珀本流 零
↓ 自然なナチュラルドリフトを初めて可能にしたチューブラー穂先

2.琥珀 SENSITIVE 零
↓ チューブラー穂先を細径&ローテーパー化することでしなやかさを加え、ドラグドリフトを胎動させた

3.初代 MASTER ZERO
↓ よりドラグドリフトに対応できるよう高弾性ソリッド継穂先を採用して感度と喰い込みを共立

4.二代目 MASTER ZERO
↓ ドラグドリフトを進化させたデッドドリフトに対応すべく、スーパーフレックスタフネス穂先をさらに細径化して、
    しなやかさを重視した穂先を採用

5.MASTER ZERO
  感度としなやかさに加え、コブクロドリフトの繊細な竿操作を可能にするメガトップベースの新たな穂先を開発


ゼロロッドとドリフト
ゼロロッドの進化とは、イコール、ドリフトテクニックの進化。では、この進化の過程で何が一番変わったのだろうか? それは水中糸のオバセの量の変化に他ならない。例えばナチュラルドリフトは、水中糸を川面に対して垂直に立てるために、オバセの量が大きくなる。餌が底波に入っていても、上層部の早い流れで出来た水切れ抵抗に量をできるだけ小さく抑えた上で、餌を底波の流下速度に合わせることと考える。そのために水中糸を斜めの状態で流すデッドドリフトへ進化していったが、技術的に非常に難しく、一部のゼロマスターのみの高度なテクニックとなってしまった。「もっと簡単に極上ドリフトを会得できる方法はないか? それに最適なロッドを開発しよう。」そんな思いが今回のマスターゼロのスタートとなった。
コブクロドリフトがゼロ釣法を深化させる ~Zero & Drift Story~
新ドリフトの魅力

画像コブクロドリフト】

1.少し沖目の早い流れに仕掛けを投入。上竿のまま仕掛けが手前によって来るのを待つ。

2.手前の緩流帯に入ると仕掛けは勝手に沈み始める。この時に仕掛けの沈下スピードに合わせて仕掛けを立てながら送り込むと底波に入る。

3.穂先のテンションでオバセ量をコントロールしながら仕掛けを送り込む。

4.底波の緩流帯に入ると仕掛けが止まったり、オモリが底に着くので、ゆっくりと上流側にきくように仕掛けを持ちあげ、底波を捕え、仕掛けが流れ始めたらまたドリフトを続ける。

画像
最初の課題は、仕掛けの投入からいかに短い流程で水中糸を寝かせたまま底波へ仕掛けを送り込むかということにあった。実は仕掛けは糸を立てた方が早く沈みやすい。しかしそれではドリフトが不安定。かといって斜めのまま仕掛けを送り込めば、底波はとらえられるが到達するまでに距離が必要となり、結果オバセ量が増えてしまう。そこで注目したのが流れの中の僅かな緩流帯や女波の存在。一見同じに見える流れの中にも、底に引き込む女波がある。これを上手く使えば、仕掛けはほとんど流し込むことなく沈み、最小限のオバセでドリフトを始動することができる。この“コブクロドリフト”は、これまでゼロ釣法では探りきれなかった瀬の中の短い流れの筋などをくまなく探れ、春先だけでなく盛期の瀬やチャラ瀬のヤマメを釣る強力な武器となるばかりでなく、底石の大小によってできる底波の中の流れの変化にまで対応できるようになった。
具体的には、上図の通り。注意点はオモリの調整。投入後に一度しっかりと仕掛けを上竿で止め、真っすぐになるまで待つこと。これまでのゼロのドリフトと比べると少し重めのガン玉3~1号が中心となる。最新のゼロロッドは“コブクロドリフト”を最適にこなせるように、水面上でしっかり仕掛けを止め、微調整が可能な穂先バランスとなっている。さらに『X45』を搭載することで、水切れ抵抗による負荷に負けず、適したオバセの量をキープできるようにセッティングされている。ゼロ釣法を取り巻く環境は変化し、もはや春先の小型ヤマメの数釣りには収まらなくなっている。中流域では解禁初期から瀬のなかで良型ヤマメが待っている。新しい“コブクロドリフト”と新しいマスターゼロで、従来のポイントではより繊細なオバセコントロールを、そして瀬の中の新たなポイントを攻略することで、新しいゼロ釣法の魅力に触れていただけたら、きっとより感動的でスリリングな出会いが待っているはずである。
穂先の進化

画像

上から、琥珀本流ZERO(1.0mmチューブラー)、マスターゼロ(0.6mmメガトップ)、旧マスターゼロ MY(0.6mmスーパーフレックスタフネス穂先)

ドリフトによって穂先のチューニングも変化している。コブクロドリフトではこれまでよりも若干重目のガン玉(3~B)を使用し、石裏に巻き込まれずに最小限のオバセをキープする穂先の感度と操作性が求められる。「マスターゼロ」では超細径のメガトップを採用することでしなやかながら鋭敏な穂先を実現。

DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■ESS(感性領域設計システム)
ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。ダイワは、この「ひずみエネルギー」を解析・設計するシステムを開発。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域まで解析・数値化し、ロッドに反映する事を可能にした。また『X45』や『SMT』、『Vコブシ』などダイワテクノロジーのポテンシャルを最大限引き出し、有効且つ機能的に活用することもできる。理想を越える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム。
■超高密度SVFカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。「超高密度SVF」は、HVFよりさらにレジン量を減らす事で、より多くのカーボン繊維を密入し、軽さ、パワー、細身化を実現する超高密度カーボン。
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
■メガトップ
繊維と樹脂が均一に分散するカーボンソリッドであり、360°どの方向にも同様の曲がりを見せる。さらに通常のカーボンソリッドに比べて強度が飛躍的に向上。これにより細径で柔軟、ハイテーパーな穂先を作ることが可能になっている。カーボン素材特有の手に響く感度(=手感度)は元より、穂先に現れる視覚的感度(=目感度)も大幅に向上。
画像 ■スペシャルV-ジョイント(#1~3はV-ジョイント)
パワーロスが生じがちな節の合わせ部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、ワンピースのような美しい曲がりを可能にし、負荷が掛かった時の節の歪みを抑えてパワーロスを減少させることに成功。さらに従来必要とされていた合わせ部の重ね代を極限まで減らしたのがスペシャルV-ジョイント。これによって重量を軽減しながらいっそう歪みの少ないロッドを作り上げることができる。
画像 ■スーパーリング構造
カーボンシートの巻き始めと巻き終わりの重なる部分の重なりシロを限りなくゼロに近づけてロッドを形成する技術。軽量化は勿論、繊細なロッド操作や引き抜き時の弾道が安定。
■エアグロスフィニッシュ
カーボン素材の表面を滑らかに研磨することによって余分な部位を一切排除し、カーボン素材の機能を最大限に活かす外観処理。カーボンブラックに怪しく光る光沢感も魅力。
画像 ■メタカラマン
穂先に仕掛けを直接つなげることで感度が大幅にアップ。仕掛けを取り付ける部分が回転するので糸ヨレや糸絡みも防ぐ。
画像 ■節落ち・食いつき防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を作り、強い密着部分をつくることで実釣時に起こる節落ちを防止する。さらに、その異形合わせによる空気層が固着トラブルも防ぐ。
画像 ■固着防止リング
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。
その他の機能・仕様
新触感グリップ:手にしっとりフィットして滑りにくいグリップ。新感触グリップの滑りにくさが操作性、感度の向上をもたらす。 50cm 1節マルチレングス:ゼロ釣法では大物とのやり取り、取り込み時に必需品の50cm 1節マルチレングスを装備。
マスターゼロ センシティブタイプ
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合ハリス
(号)
カーボン
含有率
(%)
マルチ メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
01-70M 6.99 8 108 119 -(0.6)/22.6 0.08~0.2 99 65→70 115,000 914581*
※表のマルチ欄で「→」表記のものは、魚を取り込む時にマルチレングスを伸ばすモデルです。
付属品
  • クロロプレン竿袋