none
HOME > 製品情報 > ロッド > 渓流 > 万能竿・その他 > ひなた 中継
HINATA CHUTSUGI
ひなた 中継
2017.01 発売予定
32M
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
マルチレングス搭載の趣ある淡水万能小物竿
マブナ・タナゴ・モロコ・クチボソ・テナガエビ・ハゼなど、シンプルながら趣深い淡水小物釣りに最適な中継万能竿。超小継タイプの「ひなた」の和風のデザインを踏襲しつつオレンジのアクセントを加えた装いで、「ひなた」とセットで持つことで使い分けを楽しめる。持ち運びに便利な48cm仕舞で、長さが変えられるマルチレングス機能搭載のため様々な釣り場に対応可能。
仕様詳細
繊細ながら穂先トラブルを軽減する高分散カーボンソリッドメガトップを搭載。さらに糸ガラミを防ぐからまん穂先を搭載することで、仕掛けのさばきやすさが数段向上。 足場の高さなどによって瞬時に全長を変えられる1節マルチレングスを搭載。特にマブナやタナゴなど土手の高さやポイントまでの距離が変化する釣り場には最適。
汎用性の高い24M・28M・32Mの3種類をラインナップ。 伝統的な江戸前和竿のマブナ竿の意匠をヒントにしたグリップ周りのデザイン。滑り止め塗装の上に鮮やかなオレンジの段塗りを施したマニア好みの仕上げ。
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■メガトップ
繊維と樹脂が均一に分散するカーボンソリッドであり、360°どの方向にも同様の曲がりを見せる。さらに通常のカーボンソリッドに比べて強度が飛躍的に向上。これにより細径で柔軟、ハイテーパーな穂先を作ることが可能になっている。カーボン素材特有の手に響く感度(=手感度)は元より、穂先に現れる視覚的感度(=目感度)も大幅に向上。
■固着防止リング
節同士の接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さに応じて幅と本数を変えながら施した構造。節の出し入れが頻繁に行われる振出竿にとって最も多く、最も煩わしい固着のトラブルを解消。
ひなた 中継
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
マルチ カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
24M 2.43 6 48 55 0.7(0.6)/22.1 24⇔20 60 13,800 080422
28M 2.82 7 48 65 0.7(0.6)/22.1 28⇔24 60 14,500 080439
32M 3.20 8 48 80 0.7(0.6)/22.1 32⇔28 63 15,500 080446
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
※大型マブナやコイなどの大物が掛かった場合には、竿の破損を防ぐため必ず玉網をご使用ください。
付属品
  • 竿袋