none
HOME > 製品情報 > ロッド > 渓流 > 渓流・源流 > エキスパート テクニカルチューン
EXPERT TECHNICAL TUNE
エキスパート テクニカルチューン
2017.11 デビュー
60M・V

(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

振り調子一閃、進化した“TT調子”。テクニカルチューン釣法専用モデル「EXPERT TT」
【TT釣法とは?】
従来の渓流釣りと、竿操作や狙うポイントはそのままに、仕掛け0.15~0.3号をメインとする細糸を使う釣法。水中糸を従来より細くする事で、緻密な仕掛け操作と自然な流しを実現し、スレた渓魚をも魅了する。

【シャープに振り込み、更に自在に細糸を操る、新 “TT調子” 】
細糸を守る “しなやかさ” や “粘り・タメ性能” はそのままに、SVFナノプラスの効果も相まって、従来よりも胴にパワーを持たせ先調子風にチューニング。これにより、振り込み精度、ドリフト性能、持ち軽さ、感度と各性能が大幅に向上している。

アイテム別特徴
アイテム 特徴
60M・70M 細糸に最適な、繊細且つソフトな操作性と、スピーディーに渓魚を引き抜くパワーを高次元で両立するオールラウンドモデル
H65M 細糸に適応する繊細さは備えながらも、大きめのオモリや良型にも対応するパワーを兼ね備えた、パワーフィネスモデル。渓流域にとどまらず、本流域もカバーする新提案アイテム。
詳細仕様
画像

■50cm1節マルチ
様々なポイントに合わせた全長調整や、取り込み・やり取りを優位に進める50cm1節マルチを採用。

画像

■チューブラー穂先
穂先のブレが少なく、安定したナチュラルドリフトを可能にする、細径カーボンチューブラー穂先を採用。

画像

■スポーティー感を重視したデザイン
「EXPERT TT」のシャープ感としなやかな調子をイメージさせる元竿デザイン。元竿ネーム部のうっすらとブランクが見えるクリアデザインが、スポーティーな雰囲気を際立てます。

調子カーブ
画像

初代(旧)EXPERT TTと今作の(新)EXPERT TTを比較した場合、今作は初代よりも元竿から胴に掛けてパワーを持たせ、逆に胴から穂先までは若干しなやかにし、先調子にセッティングをしている。

DAIWA TECHNOLOGY
画像

■SVFナノプラス
カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計・製造手法で機種ごとに最適化を行い、ブランクのさらなる高強度化・軽量化を可能にしたテクノロジー「ナノプラス」により、超高密度SVFカーボンの特性がさらに進化。

画像

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。

画像

■V-ジョイント
高弾性グラファイトを互い違いに斜め45°に巻き上げたVジョイントのインロー。従来の継ぎ竿では成し得なかった合わせ部のひずみ・突っ張り・パワーロスを極限まで追放。ワンピースに最も近い性能を発揮することに成功。もちろんロッド全体のベントカーブも限りなくスムーズなものとなり、シーバスの挙動やルアーのアクションをダイレクトに手元に伝えてくれる。

画像

■固着防止リング
節同士の接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さに応じて幅と本数を変えながら施した構造。節の出し入れが頻繁に行われる振出竿にとって最も多く、最も煩わしい固着のトラブルを解消。

エキスパート テクニカルチューン
アイテム 標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合
ハリス
(号)
カーボン
含有率
(%)
マルチ メーカー希望
本体価格
(円)
JAN
コード
60M・V 6.01 12 55.9 119 -(1.0)/22.4 0.1-0.8 99 60⇔55 42,500 115964
70M・V 6.99 14 55.9 154 -(1.0)/24.4 0.1-0.8 99 70⇔65 49,800 115971
H65M・V 6.50 13 55.9 145 -(1.1)/24.4 0.15-1.0 99 65⇔60 49,000 115988
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。