none
HOME > 製品情報 > ロッド > 渓流 > 本流 > エキスパート 本流
EXPERT HONRYU
エキスパート 本流
画像
製品拡大
「EXPERT 本流」がさらにパワフルに進化!大型渓流魚を狙える本格胴調子本流竿
画像 本格的に本流域の大型渓流魚を狙える胴調子パワー系本流竿。パワーランクを最も汎用性の高い「P-3」に絞ることで、フィールドの規模によって長さを選べる。新たに、より先を狙える95アイテムを加えただけでなく「P-6」もラインナップ。さらなる大物への挑戦をサポートする。

前モデルより太く・硬くなったチューブラー穂先を搭載しており、太糸や大オモリにも対応し、アゴの硬い大型渓魚相手でも穂先が負けずにフッキングさせる。
アイテム別特徴
■P-3
20cm前半から尺オーバーまで対応する本流竿のど真ん中となるアイテムで、ほとんどの河川や川相に適応できる。コアな本流釣り師はもちろん、これから挑戦したい入門者にも扱いやすい、クセの無い綺麗な弧を描く胴調子設計。

■P-6
中部~東日本で人気を博した、大型レインボ-(冬季マス釣り場)用に開発された「遡フレイムホークP-6 スーパーレインボー」をEPシリーズでラインナップ。
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■X45
従来構造(竿先に対して0度、90度)にダイワ独自のバイアスクロス(±45度に傾斜したカーボン繊維等)を巻くことで、ネジレを防ぎ、パワー・操作性・感度を飛躍的に向上させることに成功。穂先のブレを軽減させるのに有効であると同時に、大物の突然の走りや取り込み時の首振りを抑える効果が高く、安心してやり取りできる。
画像 ■高密度HVFカーボン
ロッド性能に最も影響を与えるカーボンシートにおいて、ダイワはカーボン繊維そのものの高弾性化はもちろん、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な樹脂(レジン)量に着目。贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。粘りや強度を重視した磯竿に最適な素材となっている。
画像 ■V-ジョイント
竿が可能な限り歪みの少ないきれいなカーブを描くよう、節の合わせ部分にダイワ独自のバイアス構造のカーボンシートを採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度において高次元の性能を発揮させることに成功。渓流竿にとって、継ぎ部のスムーズな曲がりは細糸適応性を高めるだけでなく、大型魚相手のリフティングパワーの向上にも大きく貢献している。
画像 ■Vコブシ
Vコブシは鮎竿・渓流竿の先端部#1~#3を短くセッティングすることで竿先の安定性を高め、感度の向上を図る設計思想。同時に中節~元竿は節長が長くなる胴長設計と組み合わせることによって同じベンディングカーブを描きながらもタメが効く、パワーと操作性・感度を兼ね備えたロッドの実現に貢献する。
画像 ■からまん穂先
ラインを結ぶ穂先のリリアンが仕掛けの動きに合わせて柔軟に回転するので、糸ヨレや糸絡みが発生しにくく、仕掛けが長持ちする高機能穂先。
画像 ■節落ち・食い付き防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を2~4箇所作り、強い密着部分を作ることで実釣時に起こる節落ちを防止。さらに異形合わせによってできる空気層が竿を固着から守る機構
画像 ■固着防止リング
節同士の接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さに応じて幅と本数を変えながら施した構造。節の出し入れが頻繁に行われる振出竿にとって最も多く、最も煩わしい固着のトラブルを解消。
画像 ■マルチレングス
取り込みに威力を発揮する50cm1節マルチ搭載。
エキスパート 本流
アイテム 標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合
ハリス
(号)
マルチ カーボン
含有率
(%)
価格
(円)
JAN
コード
P-3 85M・J 8.50 9 134.9 255 1.7(1.6)/25.2 0.3-1.5 80→85 99 45,000 027465
P-3 90M・J 9.00 9 134.9 276 1.7(1.6)/25.2 0.3-1.5 85→90 99 49,000 027472
P-3 95M・J 9.50 9 134.9 315 1.7(1.6)/27.1 0.3-1.5 90→95 99 55,000 027489
P-6 85M・J 8.50 9 134.9 315 1.7(1.6)/27.1 0.8-2.5 80→85 99 52,000 027496
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
※価格はメーカー希望本体価格(税抜)です。