none
HOME > 製品情報 > ロッド > 渓流 > 渓流・源流 > エキスパート 碧羅 中継
EXPERT HEKIRA CHUTSUGI
エキスパート 碧羅 中継
画像
製品拡大
渓流域の大物を狙うための最終兵器
渓流域の大場所を狙うパワー系中継渓流竿。硬調は通常の長尺渓流釣りの感覚でも使用可能な万能系、超硬は極太のチューブラー穂先と50cm以上の大イワナをも視野に入れたパワーを有する大オモリ釣法に対応した堰堤・大場所狙いのスペシャリティモデル。 画像
大オモリ釣法とは
本流でなく渓流域でビックリするくらいの大物をいつも仕留めてくる渓流師が存在する。単独遡行の多い渓流釣りにあって彼らの釣法のおおくは謎であり、またその理論に関して多くを語られることはなかった。

彼らの道具立てを見ると共通しているのはかなり太い糸と大きなオモリの存在。つまり大物を釣るために小場所は狙っていないということになる。渓流域を見渡し、尺以上の渓流魚達が快適に潜める場所を探すと“堰堤と滝”などの深い流れに限定されることに気付くはずだ。そのポイントを直撃し、そこに魅力的なエサを長く留めるための釣法こそ「大オモリ釣法」である。
画像
画像 オモリは狙いの白泡の川底を捉え、止めておけるだけの重さ。時には鮎玉1号を3~4個数珠つなぎにセットすることもある。根掛かりを防ぐ意味でもマメなオモリワークを必要とする。 糸は仕掛けを竿下でぶら下げられるよう水深に応じた長さ太さは50cm以上の大物も珍しくないことを想定して1号~1.5号。おのずと竿に対してチョウチンスタイルとなる。

そして特徴的なのがハリスの長さだ。仕掛けを留める不自然さをカバーする意味合いも含めて通し仕掛けでオモリ下50cmから1mとること。これは大場所ほど、大物狙いほど長く取られる。エサはドバミミズをメインに使用し、アタリがあったら時折若干のテンションを与え魚のサイズと喰い込み具合を把握しつつじっくりと喰いこませ、アワセたら素早くポイントから引き離して捕える。

この釣りを支える最も重要なファクターが竿。大オモリに負けない竿先のパワーを有しながら、川底を感じる感度、さらに尺以上でもブリ抜けるパワーと渓流遡行に邪魔しない仕舞寸法が要求される。その特殊な要望をかなえ、中継渓流竿としての汎用性も兼ね備えたのが「碧羅 中継」。メインロッドとして大物ハンターに徹するもよし。サブロッドとして忍ばせ、いざという大場所での必殺武器として活用するなど渓流域の新たな可能性を感じさせる「大オモリ釣法」を是非試してほしい。
画像
画像
滝壺の深いポイントは白泡だけでなく両サイドの岩盤周りもポイントとなる。
ラインは大物に備えて太めの通し仕掛け、エサを自然に漂わせるナイロンとスレに強いフロロを使い分ける。
画像
画像
オモリは大型1個よりも数個に分けた方が根掛かりしにくい。アユ玉0.5~1.5号を使用。
エサはドバミミズが基本。ハチマキを避けてチョン掛けが基本。
仕様詳細
■コンセプトに合わせた二つの「碧羅」
【硬調】・・・パワーと安心感を備えたオールラウンドモデル
【超硬】・・・大オモリ釣法に最適で50cmクラスのイワナにも対応(調子は超硬の方がさらに先調子&穂先を硬く設定。

■多様な状況に対応する2節マルチ(超硬65は一節)
3種類の長さになる60cmの2節マルチレングス。もちろん大型への取り込み用にも使える。
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■X45
従来構造(竿先に対して0度、90度)にダイワ独自のバイアスクロス(±45度に傾斜したカーボン繊維等)を巻くことで、ネジレを防ぎ、パワー・操作性・感度を飛躍的に向上させることに成功。穂先のブレを軽減させるのに有効であると同時に、大物の突然の走りや取り込み時の首振りを抑える効果が高く、安心してやり取りできる。
画像 ■高密度HVFカーボン
ロッド性能に最も影響を与えるカーボンシートにおいて、ダイワはカーボン繊維そのものの高弾性化はもちろん、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な樹脂(レジン)量に着目。贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。粘りや強度を重視した磯竿に最適な素材となっている。
画像 ■V-ジョイント
竿が可能な限り歪みの少ないきれいなカーブを描くよう、節の合わせ部分にダイワ独自のバイアス構造のカーボンシートを採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度において高次元の性能を発揮させることに成功。渓流竿にとって、継ぎ部のスムーズな曲がりは細糸適応性を高めるだけでなく、大型魚相手のリフティングパワーの向上にも大きく貢献している。
画像 ■からまん穂先
ラインを結ぶ穂先のリリアンが仕掛けの動きに合わせて柔軟に回転するので、糸ヨレや糸絡みが発生しにくく、仕掛けが長持ちする高機能穂先。
画像 ■固着防止リング
節同士の接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さに応じて幅と本数を変えながら施した構造。節の出し入れが頻繁に行われる振出竿にとって最も多く、最も煩わしい固着のトラブルを解消。
エキスパート 碧羅 中継
アイテム 標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合
ハリス
(号)
カーボン
含有率
(%)
マルチ 価格
(円)
JAN
コード
硬調 80M 8.00 13 69.2 213 1.1(1.0)/23.9 0.2-0.8 99 80⇔74⇔68 49,000 027427
硬調 85M 8.50 14 69.2 238 1.1(1.0)/25.5 0.2-0.8 99 85⇔79⇔73 56,000 027434
超硬 65M 6.50 11 66.5 168 1.4(1.3)/22.7 0.3-1.2 99 65⇔59 42,500 051996
超硬 75M 7.50 12 69.2 210 1.4(1.3)/24.6 0.3-1.2 99 75⇔69⇔63 46,000 027441
超硬 80M 8.00 13 69.2 245 1.4(1.3)/25.7 0.3-1.2 99 80⇔74⇔68 52,000 027458
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
※価格はメーカー希望本体価格(税抜)です。