none
HOME > 製品情報 > ロッド > 渓流 > 渓流・源流 > 早春 中継
SOSHUN CHUTSUGI
早春 中継
基本性能を磨き上げたベーシックな先調子渓流竿
小継渓流竿のスタンダードを貫く「早春」シリーズの中継バージョン。中継化することで得られる細身・軽量化に加え、ネジレに強い「X45」を搭載することで大物にも対応するパワーを兼ね備えた。渓流域から中流域までカバーする「硬調」と、堰堤などの大物も想定した「硬調硬」のラインナップ。70cm一節マルチレングス・チューブラー穂先仕様。
DAIWA TECHNOLOGY
■X45
竿は操作時・やり取り時・引き抜き時など釣りの一連の流れにおいて、僅かではあるが「ネジレ」が発生する。竿がネジレると、操作性やパワーの低下など、様々なデメリットが発生する。そこで、ネジレを防いでくれるのが「X45」。±45°のバイアスクロスがネジレを徹底的に防ぐ事で、操作性・パワー・安定性が向上し、竿の性能が飛躍的に向上する。

■HVFカーボン
ロッド性能に最も影響を与えるカーボンシートにおいて、ダイワはカーボン繊維そのものの高弾性化はもちろん、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な樹脂(レジン)量に着目。贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。粘りや強度を重視した磯竿に最適な素材となっている。
■からまん穂先
ラインを結ぶ穂先のリリアンが仕掛けの動きに合わせて柔軟に回転するので、糸ヨレや糸絡みが発生しにくく、仕掛けが長持ちする高機能穂先。
■固着防止リング
節同士の接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さに応じて幅と本数を変えながら施した構造。節の出し入れが頻繁に行われる振出竿にとって最も多く、最も煩わしい固着のトラブルを解消。
画像
製品拡大
硬調硬 65M


早春 中継
アイテム標準全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
適合ハリス
(号)
カーボン
含有率
(%)
マルチメーカー
希望本体
価格(円)
硬調 65M6.501079.91701.123.60.4~0.89965⇔5823,000
硬調 75M7.501179.92181.124.70.4~0.89975⇔6828,500
硬調硬 65M6.501079.91851.124.60.4~1.09965⇔5825,000
硬調硬 75M7.501179.92301.124.70.4~1.09975⇔6830,500
付属品
画像

■コンパクトハードトップカバー(写真)

■竿袋