none
HOME > 製品情報 > ロッド > 渓流 > 渓流・源流 > 鋭覇 メタルチューン
EIHA METAL TUNE
鋭覇 メタルチューン
「感度」がもたらす新しい発見と感動
細糸からチョウチン釣りまで幅広く活躍する先調子オールラウンダー

渓流釣りに新たな感度革命をもたらした『SMT』を搭載し、操作性を重視した7:3調子の先調子タイプが「鋭覇メタルチューン」。落差の多い渓流域で仕掛けをピンポイントへ打ち込み、短いドリフトで仕留めるための専用チューンを施した『SMT』を採用。渓魚の反応に瞬間的に反応できる鋭い“アタリ感度”とレスポンスを有し、掛けたら一気に抜きあげる張りのある胴とパワーをたずさえる。細糸からチョウチン釣りまで幅広く活躍する先調子オールラウンダー。

フィールドテスター:白滝治郎インプレッション
画像

『SMT』によって飛躍的なアドバンテージを得たのはなんといっても“流し感度”です。まるで水中に潜ってエサの流れを観察してる感じです。あとは狙い通りのスジに流せば今までにないスリルを味わえますよ。

DAIWA TECHNOLOGY
■SMT(スーパーメタルトップ)
渓流竿に求められる用途・調子によって当然『SMT』に求められる要素も異なることから、それぞれの竿には専用のチューンアップが施されている。落差の多い渓流域で仕掛けをピンポイントに打ち込んで短いドリフトで仕留めるための「鋭覇 メタルチューン」は、限界までメタル部分を少なくすることで、短い流しでの仕掛け操作性と「コツッ」と感じるに過ぎない一瞬の小さなアタリを瞬時に捉えてハリ掛かりさせる性能が研ぎ澄まされている。
画像
製品拡大
硬調 60


【鋭覇メタルチューンと流覇メタルチューンの穂先部比較】

画像

【調子カーブ比較】
■鋭覇メタルチューン:しなやかさを最小限に抑え、重目のオモリでピンポイントを攻めるためのチューニング。
■流覇メタルチューン:SMTのしなやかさを利用して、ドリフトの安定と喰い込みの良さを重視。
(このカーブは同一条件下での曲がりデータをイメージしたものです。実際のカーブとは異なる場合があります。)

画像

■超高密度SVFカーボン
ロッド性能に最も影響を与えるカーボンシートにおいて、贅肉とも言える樹脂(レジン)の量を減らし、その分カーボン繊維を密に入れてより筋肉質でパワフルなロッドを実現した「高密度HVFカーボン」。さらにレジン量を減らすと共に、ホットプレス製法でカーボン繊維の密着度を高めてさらなる細身軽量化とパワーアップ、シャープな振り抜き性能を実現したのが「超高密度SVFカーボン」。

画像

■X45
従来構造(竿先に対して0度、90度)にダイワ独自のバイアスクロス(±45度に傾斜したカーボン繊維等)を巻くことで、ネジレを防ぎ、パワー・操作性・感度を飛躍的に向上させることに成功。穂先のブレを軽減させるのに有効であると同時に、掛けたら一気に抜き上げるパワーをもたらす。

画像

■V-ジョイント
竿が可能な限り歪みの少ないきれいなカーブを描くよう、節の合わせ部分にダイワ独自のバイアス構造のカーボンシートを採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度において高次元の性能を発揮させることに成功。継数の多い小継渓流竿にとって、継ぎ部のスムーズな曲がりは細糸適応性を高めるだけでなく、大型魚相手のリフティングパワーの向上にも大きく貢献している。

画像

■固着防止リング
節同士の接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さに応じて幅と本数を変えながら施した構造。節の出し入れが頻繁に行われる振出竿にとって最も多く、最も煩わしい固着のトラブルを解消。

画像

■メタカラマン
穂先に仕掛けをダイレクトにつなげることで感度が大幅にアップ。仕掛けが先端方向に出ており、また仕掛けを取り付ける部分が回転する構造のため糸ヨレや糸絡みが起こりにくい機構。

鋭覇 メタルチューン
アイテム標準全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
適合ハリス
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
硬調 605.981257.51300.724.60.2~0.89956,500
硬調 707.001457.51700.725.60.2~0.89966,500
付属品
画像

・コンパクトハードトップカバー(写真)
・竿袋

メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。