none
HOME > 製品情報 > ロッド > > 遠投 > ガイド付き > トーナメント ISO 遠投
TOURNAMENT ISO ENTO
トーナメント ISO 遠投
2017.09 デビュー
4-53

(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

「トーナメント磯」シリーズに待望の遠投モデル登場
■よりシャープに粘り強く生まれ変わったブランクス
■#1・2にファインピッチガイドロック搭載
■トラブルレスな遊動Kガイドを採用
■大型リールも保持抜群。スーパーフィットパイプシート
■遠投性にこだわった。EVAグリップ + 投竿用下栓
アイテム別特徴
アイテム 特徴
3-53 真鯛・イサキ狙いに最適な8~12号クラスのカゴを遠投するのに適したモデルで、張りのあるブランクスにもやや柔軟性を持たせ竿に錘を乗せやすく設計。
4-53 真鯛・鰤・ヒラマサ狙いまで幅広く対応した遠投のスタンダードモデル。張りをもたせつつカゴをしっかり竿に乗せる調子を踏襲しながら不意の青物にも余裕を持ったファイトが可能。
5-53 鰤・ヒラマサなどの対青物用に作り上げた逸品。沖で掛けたターゲットをすばやく磯際まで寄せるパワーと瀬際での攻防に対応させる為、♯4~5番節にはしっかりと張りをもたせた。
仕様詳細

■遊動Kガイド
遠投タイプには軽量かつ糸絡みの少ない遊動Kガイドを採用。
トラブルを気にすることなく釣りそのものに集中できる。

■ファインピッチガイドロック

ガイド回り、ガイド抜けを防止。大物ロッドでの強振、操作には必須の装備

■スーパーフィットパイプシート
リールのぐらつきやブレを抑える構造。手に吸いつくようなフィット感が得られる。

■グリップエンド
竿尻部は投竿で評価でを得ているEVAグリップ+投竿用下栓を採用。レーザー彫刻で「TOURNAMENT」のロゴ入りのこだわり仕様。

DAIWA TECHNOLOGY
画像

■感性領域設計システム「ESS=Expert Sense Simulation」
ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。「ESS」はこの目に見えない「ひずみエネルギー」を解析・設計するダイワ独自のシステム。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域まで解析・数値化し、ロッドに反映する事を可能にした。

画像

■SVFナノプラス
ロッド性能を最も左右するカーボンシートにおいて、レジン(樹脂)量を減らしてカーボン繊維を密入することにより軽量化・パワーアップ・細身化を実現した超高密度SVFカーボンがナノプラスでさらに高性能化。※ナノプラス・・・カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計・製造手法で機種ごとに最適化を行い、ブランクのさらなる高強度化・軽量化を可能にしたテクノロジー。

画像

■X45
竿は操作時・やり取り時など一連の動きの中で目に見えない「ネジレ」が発生し、操作性やパワーの低下などを引き起こす。こうしたネジレ防止の最適角度である±45°のバイアスクロスを巻きつけることでネジレを徹底的に防ぎ、操作性・パワー・安定性を向上させ、ロッドの性能を飛躍的にアップさせるダイワ独自のテクノロジー。

画像

■V-ジョイント
節の合わせ部分にダイワ独自のバイアス構造を採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度が向上。1ピースロッドのような滑らかな繋がりでロッド本来のパワーをロスなく発揮させることができる。

画像

■ファインピッチガイドロック+SiC遊動Kガイド
キャスティング時のガイドズレを防ぐファインピッチガイドロックを#1・2に搭載。ガイドはフジのSiCリング仕様の遊動Kガイドを搭載。

トーナメント ISO 遠投
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
錘負荷
(号)
適合ハリス
ナイロン
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
3-53 5.30 5 123 340 2.0(1.9)/21.7 5-15 3-8 99 91,500 247252
4-53 5.30 5 124 375 2.4(2.3)/23.2 10-20 4-10 99 92,500 247269
5-53 5.30 5 124 415 2.7(2.6)/23.2 12-25 5-12 99 94,000 247276
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • TOURNAMENTニット袋