none
HOME > 製品情報 > ロッド > 海上釣堀・イカダ・カセ > 海上釣堀 > 専用 > シーパラダイス さぐりづり
SEA PARADISE SAGURIDURI
シーパラダイス さぐりづり
2018.03 デビュー
画像
製品拡大
海上釣掘でのさぐり釣り入門者でも使いやすくアタリを楽しめる。
X45で大物が掛かった際もパワフルなやり取りが可能。元竿の設計を前作よりややマイルドにチューンしたことで全体がしなやかに曲がり、「ハリス切れ・口切れ」を軽減。S-250・Vは際ぎりぎりを攻めるのに適したショートモデル。取り回しの良さと優れた目・手感度で沖の魚が反応しない時に頼りになる。S-300・Vは際からやや沖目までを狙うのに適したモデル。操作性の良さと沖から中間のあたりを回遊しているターゲットに有効。S-350・Vはスタンダードなレングスを採用したオールラウンダーモデル。際から沖まで幅広く対応し、あらゆる状況に対応した釣りを展開できるさぐりづり入門にオススメ。S-400・Vは遠くのポイントを狙い打てるロングモデル。沖に魚が出ているがウキ釣りでは魚が口を使わない際に効果的に長さを生かしスローにエサを見せることができる。
DAIWA TECHNOLOGY
画像

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。

画像

■高密度HVFカーボン
ロッド性能に最も影響を与えるカーボンシートにおいて、ダイワはカーボン繊維そのものの高弾性化はもちろん、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な樹脂(レジン)量に着目。贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。強さと粘りを必要とするロッドに最適な素材となっている。

仕様一覧
  • グラスソリッド穂先
シーパラダイス さぐりづり
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元経
(mm)
錘負荷
(号)
適合ハリス
ナイロン(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
S-250・V 2.50 4 75 105 0.8/21.0 1~10 1~6 87 13,400 247870
S-300・V 3.00 4 92 125 0.8/21.1 1~10 1~6 90 14,000 247887
S-350・V 3.50 5 85 150 0.8/21.1 1~10 1~6 92 14,200 247894
S-400・V 4.00 5 98 175 0.8/21.1 1~10 1~6 93 15,900 247900
※先径は、素材先端部の外径です。
付属品
  • 竿袋