none
HOME > 製品情報 > ロッド > > 遠投 > ガイド付き > インプレッサ 遠投B
IMPRESSA ENTO B
インプレッサ 遠投B
画像
両軸リールを使ったカゴ釣りスタンダードモデル
胴への乗りやすさ、振り抜きやすさを追求し、投げやすさと安定した飛距離を出せるロッドバランスを実現。大型青物とのファイト時にも、相手に主導権を与えないバットパワーを備える。リールシートをダウンロック式にする事でナットの緩みを気にせず、快適な釣りが可能。カゴ遠投竿に必要なポテンシャルを高い次元で備えたハイパフォーマンスモデル。
「本物」のクオリティの証 - ダイワテクノロジー -

■X45

竿は操作時・やり取り時・引き抜き時など釣りの一連の流れにおいて、僅かではあるが「ネジレ」が発生する。竿がネジレると、操作性やパワーの低下など、様々なデメリットが発生する。そこで、ネジレを防いでくれるのが「X45」。±45°のバイアスクロスがネジレを徹底的に防ぐ事で、操作性・パワー・安定性が向上し、竿の性能が飛躍的に向上する。

X45のさらに詳しい説明はこちらをクリック▼

画像

■HVFカーボン

ロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担うレジン(樹脂)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く・より軽く・より細いロッドを作ることができる。HVFはノーマルカーボンよりさらにレジン量を減らしてより多くのカーボン繊維を密入した素材。樹脂に代わってカーボンが高密度化されることで、より高次元の軽さ・パワー・粘強性を実現している。

カーボンテクノロジーのさらに詳しい説明はこちらをクリック▼

画像

■V-ジョイント

継竿で最もパワーロスが生じやすい節部にバイアス構造を採用することでスムーズな節の曲がりを実現し、理想の調子とパワーアップを可能とするダイワ独自のテクノロジー。

V-ジョイントのさらに詳しい説明はこちらをクリック▼

インプレッサ 遠投B
アイテム標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径
(m/m)
元径
(m/m)
錘負荷
(号)
適合
ハリス
ナイロン
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
3号-57遠投B5.7051303801.426.85~123~89837,600
4号-53遠投B5.3051203801.726.810~154~109839,200
4号-57遠投B5.7051304151.726.810~154~109840,800