none
検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ
HOME > 製品情報 > ロッド > 海上釣堀・イカダ・カセ > イカダ・カセ > 飛竜 イカダ
HIRYU IKADA
飛竜 イカダ
画像
飛竜 イカダ
画像
飛竜 イカダ P

(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

上位機種に迫る仕様と調子にもこだわったイカダ竿。
抜群に食い込みの良いグラスソリッド穂先。板シート、パイプシートの2タイプで様々な用途をカバー。
パイプシートタイプは竿下での仕掛け操作、魚を掛ける動作に集中しやすい、短尺アイテムの追加と、魚の暴れない調子の採用。板シートタイプはイカダはもちろん、波止での穴釣り、ボート釣り、海上釣堀など様々な用途に対応。キレの良い極細先調子で繊細なアタリも見逃さない。
仕様詳細
画像
画像
【LSリールシート(150、180、210)】
スライドフード内部のクッションでリールを傷めず、ガタつきなどを防ぐ。
【尻手環付き下栓(150、180、210)】
尻手ロープなどをつけられる環付き下栓。穂先の収納機能付き。
画像
画像
【パイプシート(120P、150P、180P)】
リールのホールド性が高く、EVA素材を使用しているためグリップ力が高い。
【尻手環ベルト(120P、150P、180P)】
尻手ロープなどを付けられるD環付きベルト。大切な道具の脱落を防止するアイテム。
画像
【SiCガイド(元部)】
硬度の高いSiCリングを使用する事で、ラインへのダメージを軽減する。わずかではあるが軽量化にも貢献している。
 
DAIWA TECHNOLOGY
画像

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。

  • 3色に塗り分けられた段塗り穂先
  • ミニクロガイド
インプレッション

シンプルなルックスに確かな実釣性能。
「飛竜イカダ」が新スペックをまとってリニューアルデビュー!


「飛竜イカダ」が、新たなるスペックを引っ提げて2018年2月にリニューアルデビューを果たしました。飛竜シリーズはフラッグシップの「BLACK JACK」.に続く中核アイテムですが、お求めやすい価格ながら上級機種にも迫る性能を誇り、ダイワイカダ竿のなかでも、特に幅広いユーザーから支持されているモデルです。
「NEW飛竜イカダ」は前作から引き続き、板シート仕様とパイプシート仕様の2種類でラインナップを展開していますが、それぞれのキャラクターをより明確に分けています。板シートタイプは繊細な釣技を生かすキレのよい極細先調子、パイプシートタイプは掛けた魚が暴れにくい本調子を採用。年々多様化する現代のイカダ釣りに対応しています。

ミドルクラスながら確かな性能で幅広いユーザーから支持される「飛竜イカダ」が新たなるスペックを纏ってリニューアルデビューを果たしました。

「NEW飛竜イカダ」のラインナップは板シート仕様とパイプシート仕様の2種類展開。調子も異なります。

ブランクスはX45で全身を強化!
三段に塗り分けた鋭敏グラスソリッド採用。


「NEW飛竜イカダ」の前作からの大きな変更点は、ブランクスに「X45」を採用していることです。X45とは、縦方向(伸方向/0°)と横方向周(方向/90°)にカーボンシートを巻いた従来のブランクスに、繊維が±45°に斜行したカーボンシートを巻いてネジレを抑える補強構造です。これによって、パワーや操作性、感度が飛躍的に向上しました。節の継ぎ目に生じやすい剪断変形を防ぐ「Vジョイント」との相乗効果で、細身でもパワフルなやり取りが可能です。
穂先には赤、黄色、白の3段に塗り分けた段塗りのグラスソリッドを搭載。イカダ釣りで数を伸ばすには、微妙なアタリの見極めが重要です。段塗り穂先はわずかなモタレアタリを明確に表現し、食い込みも抜群。カセの上でも映えるカラーリングも、従来の竿とは一線を画すものです。

X45によって不快なブランクスのネジレを追放。細身でもパワフルなやり取りが可能です。

穂先には赤、黄色、白の3段に塗り分けたグラスソリッドを採用。微妙なアタリを察知することが可能です。

元部のガイドには硬度が高く滑りのよいSiCリングを搭載。熱の放出性がよく、ラインへの負担を軽減します。

微細なアタリをとらえる先調子。
“攻め”の板シートタイプ!


板シートタイプは、微細なアタリをとらえてフッキングに持ち込める極細先調子モデルです。リールシートがブランクスに直付けされているため感度に優れており、イカダ&カセ釣りはもちろんのこと、波止での穴釣り、ボート釣り、海上釣堀など多くの釣りに対応します。
元節に穂先を収納できて持ち運びが楽なうえ、実釣中は上栓を尻線に収納できるため、釣り場での紛失を防げます。
ラインナップは150cm、180cm、210cmの3アイテム。オールラウンドに使える180cmを軸に、足下の釣りでは150cm、落とし込み釣りなど広角を狙う釣りでは210cmが活躍します。

板シートタイプは微細なアタリをとらえる極細先調子モデル。リールシートがブランクスに直付けされているため感度にも優れます。

尻手環付きの下栓は内部に上栓を収納することが可能です。

じっくり取り込む本調子。
“乗せ”のパイプシートタイプ!


パイプシートタイプは、掛けた魚が暴れにくい本調子を採用。板シートタイプが食わせの先調子なら、パイプシートタイプは乗せの本調子といえるでしょう。リールのホールド性が高く、フォアグリップはフード一体型で非常に握りやすいのが特徴です。
ラインナップは120cm、150cm、180cmの3アイテム。今回新たに設定された120cmのショートモデルが、足下の釣りに特化したアイテムで、仕掛けの操作性に優れ、合わせから即座にヤリトリに移行できるレスポンスを備えます。長尺アイテムは、落とし込み釣りやフカセ釣りといったテクニカルな釣りも得意とします。

パイプシートタイプは本調子を採用。掛けた魚が暴れにくいのが特徴です。

バットから絞り出されるパワーにより、深場からもグイグイ魚を浮かせます。

飛竜 イカダ
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元経
(mm)
適合ハリス
ナイロン(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
150・V 1.51 2 85 85 0.35/22.4 0.6-2 42 12,800 247801
180・V 1.81 2 101 95 0.35/22.4 0.6-2 39 13,300 247818
210・V 2.11 2 116 105 0.35/22.4 0.6-2 35 13,800 247825
120P・V 1.20 2 70 74 0.35/10.9 0.6-2 3 12,500 247832
150P・V 1.50 2 100 80 0.35/10.9 0.6-2 2 12,800 247849
180P・V 1.80 2 130 95 0.35/10.9 0.6-2 2 13,100 247856
※先径は、素材先端部の外径です。
付属品
  • 竿袋