none
HOME > 製品情報 > ロッド > > 遠投 > ガイド付き > 剛弓 フカセ真鯛
GOUKYU FUKASEMADAI
剛弓 フカセ真鯛
日本海沿岸、離島遠征用磯フカセ真鯛シリーズ。
80cmオーバーと真っ向勝負できる粘強設計。
大真鯛のアタリは繊細でソフト、微細なアタリを見極めるには高感度メガトップが威力を発揮、さらに強烈な突っ込みを止めるためにパワー・操作性に革命をもたらすネジレ防止の最適構造「X45」とスムーズな節の曲がりが理想の調子とパワーアップを実現する「V-ジョイント」が合体、大真鯛をタメて浮かせる強靭なパワーを秘めている。大真鯛の最初のひとのしを止められる粘リ強いバランス設計のため、非力な人でもタメていれば大真鯛を浮かせられる。ここ一番で真鯛の大物釣りに威力を発揮する磯フカセ真鯛専用設計パワーロッド。
DAIWA TECHNOLOGY
画像■SVFカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担うレジン(樹脂)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。SVFは、ノーマルカーボンやHVFカーボンよりさらにレジン量を減らすことに成功した素材。樹脂に代わってカーボンが高密度化されることで、軽さ・パワー・細身化を実現している。
カーボンテクノロジーのさらに詳しい説明はこちらをクリック▼

画像■メガトップ
メガトップは、カーボン繊維と樹脂が均一に分散したカーボンソリッド。通常のカーボンソリッドに比べて強度が飛躍的に向上。これにより、細径で柔軟、ハイテーパーな穂先を作ることが可能。カーボン素材ならではの手に響く感度(手感度)はもとより、穂先に現れる視覚的感度(目感度)も大幅に向上している。
メガトップのさらに詳しい説明はこちら▼

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
X45のさらに詳しい説明はこちらをクリック▼

画像■V-ジョイント
継竿で最もパワーロスが生じやすい節部にバイアス構造を採用することで、ワンピースロッドのような美しい節の曲がりを実現し、理想の調子とパワーアップを可能とするダイワ独自のテクノロジー。

画像


その他の仕様
  • オールチタンフレームIMガイド
  • スーパーセンサーハンプ板シート  
  • 合わせマーク
剛弓 フカセ真鯛
アイテム標準全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
錘負荷
(号)
適合ハリス
ナイロン
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
2号-535.3051172150.823.92~62~59870,500
付属品
■竿袋