none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ウキフカセ > ガイド付き > DXR
DXR
磯竿に求められる全ての要素において一切の妥協を許さず、どこまでもこだわり抜いたダイワの自信作。DXRはあなたの期待を裏切らない。
本当に使いやすい磯竿とはどんなものかを見つめ直し、最新の技術でそれを形にしたのが「DXR」。ウキフカセ釣りの基本姿勢である竿先を下げて構えた状態での重量バランスの最適化を図り、そのうえで各動作における性能の向上を追求。細身肉厚のブランクスにバランサー効果を兼ねたセパレートグリップを配することで、持ち重りを感じず、軽快に操作を行え、高弾性カーボン素材の持てるパワーを十分に引き出すベストバランスを達成している。『SMT』装備モデルは張りが強めの先調子、『メガトップ』装備モデルはしなやかな胴調子と、それぞれの穂先の特性を活かした2つのキャラクターを設定。長時間の使用にも疲労感が少なくコントロールしやすく、そして振っていて気持ちいい。磯竿のど真ん中を行く新たなベーシック、それがダイワの「DXR」だ。
持ち重り感を解消し、操作性のさらなる向上を目指す
釣り人の動きを快適にサポートする理想的バランス

仕掛けを投入したら、ラインを出す量、ポジション、張りを適切にコントロールしながらサシエサを沈め、反応がなければ回収。アタリが出たら合わせを入れ、やり取りしながら魚を寄せ、そして取り込む……。ウキフカセ釣り一連の動作のほとんどに、竿は大きく関与している。だから磯竿には、「狙いの場所に仕掛けを投げられる」「ラインの操作性に優れている」「魚を浮かせ、寄せる力に優れている」ことが求められる。しかし、「DXR」が最も重視したのは「何もしていない時間」。正確に言えば、竿を構えて仕掛けを流し、アタリを待っているとき・・・この時間を快適にすることである。一日の流れの中では、竿を積極的に動かして操作している時間より、じっと竿を構えている時間のほうが遙かに長い。そこで「DXR」は竿先を下げて構えた状態での重量バランスの最適化を図り、そのうえで各動作における性能の向上を探っていった。

具体的には細身肉厚設計のスリムなブランクスの後端に、バランサーの役割を持たせたセパレートグリップを装着することで、支点が手元付近にくるよう調整。重量の嵩むセパレートグリップをあえて装着している理由もあり、自重が特別軽いわけではないが、リールをセットして竿を構えたとき、「おっ、軽いな」という印象を持っていただけるはずである。竿の持ち重りには自重だけでなく、支点の位置が大きく影響するのは広く知られる常識。目新しいことでも何でもないが、そんな基本を愚直なまでに見直した「DXR」は、この原則に則ったうえで感性領域設計システム『ESS』を駆使してブランクスの肉厚、径を微調整し、さらには「X45」や『V-ジョイント』といった補強構造を駆使して、「振り込み」「ラインコントロール」「やり取り」の各動作における操作性も快適にこなせるよう仕上げていった。基本中の基本を大事にし、最新のテクノロジーでこれまで以上に磯竿としての完成度を高めた「DXR」。長時間の使用にも疲労感が少なく、かつコントロールしやすい。そして、振っていて気持ちがいい。磯竿における新たなベーシックの誕生である。

画像
製品拡大
1.5-52 SMT


ロッド特性

従来モデルでは、軽さを追求した「エアチューン」、パワー重視の「メガチューン」、感度にこだわった『SMT』(スーパーメタルトップ)を装備する「メタルチューン」という3つのラインナップだったが、今作では『SMT』モデルと『メガトップ』モデルの2系統に絞り込んだ。フラッグシップモデルの「TOURNAMENTISO」シリーズ、スタンダードクラスの「メガディス」とブランクスの張りを比較すると、「DXR」シリーズは両者の中間的な強さといえる。「TOURNAMENTISO」は、より反発力の高い素材を使用しており、ブランクスのシャキッと感がさらに強く感じられる。対して「メガディス」は胴に乗りやすく、径の太さを調整することで独特の粘り感を出している。「DXR」は調子的にも穂持ち~胴の張りが強めの「TOURNAMENT ISO」と、胴からしっかり曲げ込める「メガディス」の間にあるが、『SMT』モデルは張りのある先調子、『メガトップ』モデルはしなやかな胴調子と、それぞれに独自のセッティングを施してある。シビアなラインコントロールと釣り人主導のやり取りが活きる『SMT』モデル。しなやかながら高い反発力を持つ軽快調子の『メガトップ』モデル。両者とも誰にでも扱いやすく、クセのないロッドであることは共通するものの、その使用フィーリングはまったくの別物。「DXR」という同じ遺伝子を持った性格を異にする兄弟である。

釣り人の感性と力を増幅させる
DAIWA TECHNOLOGY
■ESS(感性領域設計システム)
ロッドをある方向に曲げると、それとは反対の方向に起き上がろうとする力が発生する。このエネルギーを解析、数値化し、ロッド設計にフィードバックする仕組みが、感性領域設計システム『ESS』である。『ESS』とはExpert Sence Simulationの頭文字を取ったもので、エキスパートの研ぎ澄まされた感性をデータ化する高次元設計システムを意味する。振り抜きの軽快感や、魚とのやり取りにおける粘り感といった、これまで釣り人の感性で評価するしかなかった要素を数値化することでロッドの性質をデータとして捉えられるようになり、「どの箇所の張りが強いのか」「どこの力が足りないのか」といった情報も明確に解析。『ESS』の採用により、「X45」「V-ジョイント」などのダイワ独自のテクノロジーをさらに有効に活用することが可能になった。
■X45
「X45」は主材となる縦横2枚(繊維方向0度と90度)のカーボンシートに、薄いシートを繊維方向45度のX状に2枚配するダイワ独自の補強構造で、ロッドのネジレに対して圧倒的な強度を発揮する。「X45」による補強を行う箇所の特定には、感性領域設計システム『ESS』が大いに活用される。『ESS』で導き出した必要箇所に「X45」を適宜採用することで、パワーロスでブレを無くし、ロッド本来のポテンシャルを発揮する。ロッドの種類や特性によって適材適所の補強ができるのが「X45」の強みといえよう。
■SMT(スーパーメタルトップ)
先端の超弾性チタン合金と、それを支えるカーボンチューブラーで構成されたハイブリッド穂先『SMT』(スーパーメタルトップ)は、カーボンチューブラーを上回る振動伝達性、カーボンソリッドを遙かに凌ぐ柔軟性を備えた新世代穂先。ラインや手元に伝わる微細な変化でアタリを取る沈め探り釣りでは、水中の様子が手に取るようにわかる『SMT』の優れた振動伝達能力が大きなアドバンテージを発揮する。NEW「DXR」の『SMT』搭載モデルは、ブランクスの張りがやや強めの先調子タイプに設定。最小限の動作で的確なラインコントロールが可能で、掛けてからはロッド全体の張りを使って魚を素早く浮かせることができる。さらに先端部以外は張りの強い性質を持っているため、フッキングがスピーディかつシャープに決まり、本流を流す釣りにおいても穂先が曲がりすぎず、適度なテンションを保ちつつラインを出していける。
■メガトップ
カーボンソリッドとは、カーボン繊維の束を樹脂で固めて細い棒状にしたもの。これをテーパー状に成型したのがカーボンソリッド穂先である。一般的なカーボンソリッドは、カーボンを樹脂で固める際にムラが生じやすく、密な部分と粗な部分ができてしまうが、ダイワが開発した『メガトップ』は、特殊製法でカーボン繊維を均一に分散させることに成功。どの方向に対しても均等な曲がりと、これまでにない高強度を実現している。NEW「DXR」では「トーナメント磯 制覇」「トーナメント磯 競剣」で採用していた『スーパーフレックスタフネス穂先』に近いしなやかな曲がりに設定。その食い込みのよさ、仕掛け操作時の柔軟性といった長所を活かすべく、ブランクスもしなやかな胴調子に設定している。
■超高密度SVFカーボン
ロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、ダイワは贅肉ともいえるレジン(樹脂)の量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く・より軽く・より細いロッドの開発に努めてきた。超高密度SVFカーボンは、一般的なカーボンよりさらにレジン量を減らしてより多くのカーボン繊維を密入した素材。カーボンが高密度化されることで、軽さ・パワー・粘強性がさらに向上している。
■V-ジョイント
振出竿で最もパワーロスが生じやすい節部にバイアス構造を採用することでスムーズな節の曲がりを実現し、あたかもワンピースロッドであるかのような理想の調子とパワーアップを可能にした構造。



■『SMT』モデル&『メガトップ』モデル。搭載穂先に最適化した専用設計

【節の長さを変えることで異なる2つの調子を創り出す】

曲がった竿が元の形に戻ろうとする性質を「復元力」という。いわゆる竿の「バネ」である。同じ肉厚、外径、長さのブランクスであれば、素材となるカーボンの弾性が高くなるほど竿の復元力も高くなる。ゆえに、同じ強度とバネを担保するのであれば、高弾性のカーボンを使った竿は、より肉を薄く、より外径を細くできる。つまり、軽く作ることができるわけだ。とはいえ、カーボンの弾性が上がると素材の価格も高くなる。一般的にはハイグレードな竿ほど高弾性のカーボンを使用しているケースが多く、ダイワの磯竿の場合も「メガディス」「DXR」「TOURNAMENTISO」と、グレードが上がるにつれカーボンの弾性が高くなっている。

では、「グレードが下がるほどバネが弱くなるのか?」というと、素材だけを見ればYesだが、そう話は単純ではない。確かに「TOURNAMENTISO」と「メガディス」を同じ径、同じ肉厚で作ると「メガディス」は軟らかく、曲がっても起きない竿になってしまう。しかし、ここがロッド設計の妙で、「メガディス」は若干径を太くすることで剛性を増し、「TOURNAMENTISO」とはまた違った、独特の粘り調子を作っているのだ。カーボンの弾性、径の太さ、肉の厚さの組み合わせで、竿の性格は大きく変わってくる。単純に軽ければよい、強ければよいというものでもない。「DXR」は両者の中間的弾性の素材を使用しているが、独自の細身肉厚設計により、しなやかさと軽快感、力強さのバランス取れた心地よい調子を創り出している。

材質、外径、肉厚のほかに、竿の性格を左右するもうひとつのキーが「長さ」である。「DXR」の『メガトップ』モデルは、磯竿としては一般的な5.3mの5本継ぎ。それに対し『SMT』のスタンダードモデルは5.2mの5本継ぎと10cm短く、継ぎ数は同じながら各節の長さが大きく異なる。『SMT』はメタルソリッドとカーボンのハイブリッド穂先。柔軟性と振動伝達性には優れているが、先端部に金属が付くことからどうしても持ち重りがする。また、カーボンソリッド穂先と同じ設計をすると竿先の振れ幅が大きくなる。これらを解消するために導き出した答えが、穂先をできるだけ短く、3~5番節を通常より長くする「先短胴長設計」だ。『SMT』モデル、『メガトップ』ともカーボンの材質は同じで、肉厚もほとんど変わらないが、穂先以外の各節を長くした『SMT』モデルはブランクスの張りが増し、全体がしっかりとした先調子の竿になり、全長も10cm短くすることで持ち重りをさらに軽減。対して『メガトップ』モデルは、繊細で柔軟性に富む穂先を活かした軽快調子が持ち味で、全体で引きを受け止める胴調子ながらも操作性はあくまでシャープに仕上げている。

【節長比較(#1~#5)】
上:DXR 1.5-53(メガトップモデル)
下:DXR 1.5-52SMT(SMTモデル)

■『SMT』搭載モデル・・・パワフル&ダイレクト

長竿を思わせる安定した操作感「先短胴長設計」。金属穂先の柔軟性と高感度を生かし、重量というデメリットを極力打ち消すために採用された「先短胴長設計」。♯3~5の太い節を長くすることで全体に張りがある先調子になり、ダイレクトな操作性と逞しいバットパワーが与えられた。穂先が短く胴~元の節が長いため、5.2mでも感覚的には長尺ロッドに近いフィーリングが得られるのが特徴。下図のベントカーブを見ても、10cm長い『メガトップ』モデルより曲がりの支点が先に行き、ハエ根や足下のオーバーハングをかわす能力に長ける。また、竿先の振れが非常に小さく、『SMT』の振動伝達性能の高さと相まって手感度のよさは抜群。バックスペースに余裕がない場所でも、コンパクトなスイングでシャープにキャストを決められる。

■『メガトップ』搭載モデル・・・しなやかに粘る

魚の引きを全身で受け止める「柔軟粘り腰設計」。繊細なカーボンソリッド穂先に相応しい、しなやかな粘り調子が『メガトップ』モデルの身上。魚の締め込みにも極力ラインを出さず、竿の弾力を存分に使っていなすやり取りが、この竿にはよく似合う。曲がりはしなやかでも反発力は十二分。しっかり絞り込んでタメていれば、オートマチックに魚を浮かせる強靱な粘りを発揮する。テンションを掛けながら魚が浮いたぶんだけ竿を戻しリールを巻いていくと、隙を作らない最速の取り込みが可能だ。柔軟性に富むだけに竿先の遊びは大きめだが、食い込んだとき穂先の追従性は一枚上手。食いの渋い状況、小ウキを使った釣りなどにも最適な調子だ。もちろん、細ハリスを駆使する繊細な釣りも得意中の得意である。

 

【調子カーブ比較】

「魚を驚かせず一気に寄せる、力と感度の先鋭硬調子。だから私は、『SMT』」・・・フィールドテスター・田中貴

「競技会でバシバシ魚を掛けていく手返しの早い釣りにおすすめ。全体に張りがある先調子で、掛けた魚が暴れずスーッと浮いてきて、泳ぐ方向もコントロールしやすい。それと、感度がいいんでタナが深いような状況の渋いパターンでも効果的に使えますね。仕掛けを深く入れていくときは、ライン操作時に引っ張りすぎてしまうと食いが悪くなるんですが、全体に張りがある先調子のSMTモデルは金属穂先の感度だけで落としていくような微妙な操作ができ、深い所で食わせるのに有利。風が強いときも竿がぶれず、ラインを暴れさせずにコントロールできます。」




「タメて、浮かせて、間合いを詰める柔軟粘り調子。だから私は『メガトップ』・・・フィールドテスター・山元隆史

「DXRのメガトップモデルは、どこまでも曲がり込むしなやかな調子が特徴。全体に軟らかめで、軽い負荷でも2番、3番までスーッとスムーズに入っていきますから、食いが渋いときに送り込んで掛けるときとか、繊細な仕掛けを多用する人には最適な竿だと思います。それと、操作性が非常に軽快なのもこの竿のいいところ。胴調子の曲げ込みやすい竿ですが、適度にシャンとした張りがあり、気持ちよく仕掛け操作ができます。魚を掛けてからも非常に楽しく、じんわりとした粘りを活かして、魚を怒らせないようなやり取りをするにはすごくいいですね。」




【その他の仕様・搭載機能】
画像 画像
■トーナメントホールドシート:「TOURNAMENT ISO」と同じトーナメントホールドシートを装備。手の平への収まりがよく、グリップ性も高い。
■ICガード(#4):縦方向のI形状と周方向のC形状、ダブルの突起で雨、潮によるラインのベタ付きを軽減。(♯3は周方向のみ)
画像 画像
■IMガイド:楕円SiCリング×前傾チタンフレーム採用でスムーズなライン放出を実現。絡み防止にもすぐれたIMガイドを標準装備。
■バランサー効果付きエンドグリップ:滑り止め加工を施しているため安定したやりとりが可能。バランサー効果があり、持ち重り感も解消。

■高耐久撥水スーパーコート(♯1~♯4)
■合わせマーク
■付属品:竿袋
カッコよくなきゃつまらない!機能はもちろん外観にも徹底してこだわる
ブラックとレッドを大胆に切り返した新配色の『トーナメントホールドシート』、細身のブランクスに握りやすいやや太めのグリップを組み合わせた『セパレートタイプエンドグリップ』、そしてガンメタリックとゴールドのアルマイト処理を施した『Wアルマイトリング』等々、NEW「DXR」を手にした瞬間、それが従来の磯竿とは異なるアプローチでデザインされたロッドであることを感じていただけるだろう。グリップ周りのモチーフとしたのは、オートバイのシートとカウリングのデザイン。グリップの滑りを防止するツヤ消しブラック塗装は、後端を斜めに跳ね上げた流れるようなラインを形成。エンドグリップ部も同様につや消しブラックと深い光沢のピアノブラックを斜めに切り返し、スピード感を持たせている。デザイン的な新しい試みを随所に採用しているが、エンドグリップを肘で押さえる場合に衣服が当たっても滑りにくいよう上面はツヤ消しブラック、手のひらで握り込む下面はピアノブラックに塗り分けるなど、実用性に対する配慮も万全である。

画像 画像
【セパレートグリップ】 握りやすく滑りにくい『トーナメントホールドシート』とバランサーを兼ねたセパレートタイプのエンドグリップの組み合わせがスポーティなイメージを演出。
【装飾クロスカーボン】 リールシートの上部に巻き付けた3Dクロスカーボンが精悍さと力強さをアピール。
画像 画像
【ダブルアルマイトリング】 ガンメタリックとゴールド、2色のアルマイト処理を施したアルミ製装飾リング。
【ピアノブラック調仕上げエンドグリップ】 黒の塗料を何層にも重ねて深いツヤを出した「ピアノブラック」仕上げのエンドグリップ。肘の当たる部分は滑りにくいツヤ消し塗装を採用。
DXR
品名 標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径/元径
(mm)
オモリ
負荷
(号)
適合
ハリス
ナイロン
(号)
カーボン
含有率
(%)
価格
(円)
JAN
コード
1号-53 5.30 5 116 222 -(0.75)/17.8 1-3 1-2 98 57,800 959384
1.25号-50 5.00 5 110 220 0.8(0.75)/17.8 1-4 1.2-2.5 98 58,500 028288
1.25号-53 5.30 5 116 227 -(0.75)/17.8 1-4 1.2-2.5 98 58,800 959391
1.5号-50 5.00 5 110 227 0.8(0.75)/17.8 1.5-4 1.5-3 98 59,100 028295
1.5号-53 5.30 5 116 238 -(0.75)/17.8 1.5-4 1.5-3 98 59,500 959407
1.75号-53 5.30 5 116 245 -(0.75)/17.8 1.5-5 1.7-4 98 61,000 959414
2号-50 5.00 5 110 239 0.8(0.75)/17.8 2-6 2-5 98 61,500 028301
2号-53 5.30 5 116 248 -(0.75)/17.8 2-6 2-5 98 62,000 959421
2.5号-53HR 5.30 5 116 265 -(1.1)/17.8 3-8 2.5-6 98 64,000 959438
1号-52 SMT 5.20 5 120 230 -(0. 6)/17. 8 1-3 1-3 98 62,000 959445
1.25号-50 SMT 5.00 5 116 225 -(0. 6)/17. 8 1-4 1.2-3 98 62,000 959452
1.25号-52 SMT 5.20 5 120 234 -0. 6)/17. 8 1-4 1.2-3 98 63,000 959469
1.5号-50 SMT 5.00 5 116 234 0.6(0.6)/17.8 1.5-4 1.5-4 98 63,000 028318
1.5号-52 SMT 5.20 5 120 238 -(0. 6)/17. 8 1.5-4 1.5-4 98 63,800 959476
1.75号-52 SMT 5.20 5 120 250 -(0. 6)/17. 8 2-5 1.7-5 98 64,800 959483
2号-52 SMT 5.20 5 120 255 -(0. 6)/17. 8 2-6 2-5 98 66,300 959490
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
※価格はメーカー希望本体価格(税抜)です。
メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。