none
HOME > 製品情報 > ロッド > へらぶな > 竿掛け・玉の柄 > 口巻竿掛・玉ノ柄 冴
KUCHIMAKI SAOKAKE / TAMANOE SAE
口巻竿掛・玉ノ柄 冴
手の込んだ竹地にシンプルかつ上品な口巻きを施した飽きのこないデザイン
こだわりの竹地仕上げが醸し出す趣とカーボンの軽さ・張りを兼ね備え、しかもカーボン製ゆえのメンテナンスフリーの手軽さが嬉しい上質な竿掛・玉ノ柄シリーズ。

■竿掛・・・4継2本物で短尺から長尺まで1セットで対応。

従来の3本仕舞2本物の構成から脱した4本2本物仕様。全部で7通りの調整が可能となり、7尺~25尺まで無理ないバランスで使うことができます。従って、これまで2セット持っていた竿掛けが1セットに集約可能です。

■玉ノ柄・・・新提案の追い継ぎ2本物仕様。

最近の管理釣り場は桟橋がメインであり、必要とされる玉ノ柄の長さは800~1,000mmが1本あれば十分です。しかし、足場の高いポイントでの野釣りや山上湖での長尺使用時などはやはり2本物の玉ノ柄が必要になります。そこでダイワは発想を逆転させ、追い継方式にすることで継数を増やすことなく長・短使い分けられる玉ノ柄を開発。この玉ノ柄1本で、小さな釣り掘から広大な山上湖まで対応できるようになりました。
美しさと機能性を兼備したこだわりの仕様
画像

■趣のあるこだわりの竹地仕上げ&造り節

一本一本手作業で成形する造り節と手拭き仕上げによるリアルな竹地塗装。節部は形状にこだわった質感溢れる立体造り節。

画像

■口巻き&竹地印籠

万力を選ばず、竿のデザインを引き立てるシンプルかつ上品な黒口巻き仕様。また継いだ時に滑らかな一体感をもたらすダイワオリジナルの竹地印籠を採用。

画像

■竹地印籠先端部

見えないところにもこだわった造り。

画像

■レーザー彫刻

竿掛#2・4、玉ノ柄#2Bには「冴」の文字をレーザー彫刻で鮮やかに刻印。

画像

■新袋編みグリップ(玉ノ柄)

ガッチリ握れて濡れても滑り難く、しっとりとした触感が得られることで好評の新袋編みグリップ。掌にフィットするだけでなく、汚れが取りやすい点もメリット。

画像
左(2本):玉ノ柄
右(4本):竿掛


竿掛組み合わせパターン
■#1=875mm
■#2=310mm
■#3=645mm
■#4=480mm
画像

組み合わせ 全長(mm) 適応尺目安
#1 875 7~11
#1+#2 1190 10~14
#1+#4 1360 12~16
#1+#3 1525 13~17
#1+#3+#2 1840 16~20
#1+#3+#4 2010 18~22
#1+#3+#4+#2 2325 21~25
※印籠継の隙間は換算されていません。
玉ノ柄組み合わせパターン
■#1=760mm
■#2B=850mm
画像

組み合わせ 全長(mm)
#2B 850
#1+#2B 1610
※印籠継の隙間は換算されていません。
※玉網は付属していません。
口巻竿掛 冴
アイテム標準全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準自重
(g)
竿受/弓受
(mm)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
二本物2.3241212257.5 / 12.08642,800
※竿受=竿受挿入部内径、弓受=弓受挿入部内径
※仕舞=#1・2、#3、#4を組み合わせた長さ
口巻玉ノ柄 冴
アイテム標準全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準自重
(g)
玉枠挿入部
内径
(mm)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
二本物1.6128514512.18828,500
※印籠継の取り扱いについて
印籠継部は、環境の変化による合わせ部の膨張・収縮に対応するため3~6mm前後空くように設計していますので、無理に押し込めたり削るなどの加工をしないで下さい。

※竿受け・弓挿入部の取り扱いについて
挿入部は細めに設計してありますので、竿受・弓を加工・調整して頂くか、径の合うものを選んで下さい。強度低下の恐れがありますので、挿入部は絶対加工をしないで下さい。挿入部を加工された場合の故障は責任を負いかねます。