none
HOME > 製品情報 > ロッド > へらぶな > 竿掛け・玉の柄 > 兆 竿掛・玉ノ柄
KIZASHI SAOKAKE / TAMANOE
兆 竿掛・玉ノ柄
画像
竿掛け
画像
玉ノ柄
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
朱段塗りが釣り場で映える「兆」の竿掛け・玉ノ柄
■竿掛は小仕舞い使用も1セットでカバーする4継2本仕舞。
■玉ノ柄は管理から野釣りまでカバーする追い継ぎ2本物を採用。握りは「兆」と同じ仕様。
■へら竿「兆」とベストマッチするデザインではあるものの、単体でも汎用性が高く釣り場で映える朱段塗りデザイン。
仕様詳細
画像
画像
竿掛け#2と玉ノ柄の元部には「兆」のレーザー刻印。
1本1本個性の異なる手拭き仕上げの竹地に、光によって微妙に色合いが変化する「兆」と同仕様の朱段塗り。
画像
画像
細部にもこだわり、継ぎ部が目立たない竹地印籠。
「兆」と同仕様の竿袋付き。
竿掛推奨使用尺対応表
品名#1#1+#3#1+#2#1+#4#1+#2
+#3
#1+#3
+#4
#1+#2
+#3+#4
兆 竿掛 二本物7~10尺12~16尺9~13尺10~14尺15~19尺16~20尺19~21尺
竿掛け組み合わせパターン
■#1=790mm
■#2=280mm
■#3=580mm
■#4=430mm
画像

組み合わせ 全長(mm) 適応尺目安
#1 790 7~10
#1+#2 1070 9~13
#1+#4 1220 10~14
#1+#3 1370 12~16
#1+#4+#2 1500 13~17
#1+#3+#2 1650 15~19
#1+#3+#4 1800 16~20
#1+#3+#4+#2 2080 19~21
※印籠継ぎの隙間は換算されていません。
玉ノ柄組み合わせパターン
■#1=810mm
■#2B=900mm
画像

組み合わせ 全長(mm)
#2B 900
#1+#2B 1710
※印籠継の隙間は換算されていません。
※玉網は付属していません。
兆 竿掛・玉ノ柄

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
竿受/弓受
玉枠挿入部
(mm)
カーボン
含有率(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
竿掛 二本物 2.09 4 109 190 7.5/12.0 95 60,000 080279
玉ノ柄 二本物 1.71 2 90 160 -/12.1 88 40,000 080286
※竿受=竿受挿入部内径、弓受=弓受挿入部内径
※仕舞=#1~#4を組み合わせた長さ

※印籠継の取り扱いについて
印籠継部は、環境の変化による合わせ部の膨張・収縮に対応するため3~6mm前後空くように設計していますので、無理に押し込めたり削るなどの加工をしないで下さい。

※竿受け・弓挿入部の取り扱いについて
挿入部は細めに設計してありますので、竿受・弓を加工・調整して頂くか、径の合うものを選んで下さい。強度低下の恐れがありますので、挿入部は絶対加工をしないで下さい。挿入部を加工された場合の故障は責任を負いかねます。