none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > 専用竿 > リーオマスター 真鯛 EX
RHEOMASTER MADAI EX
リーオマスター 真鯛 EX
2018.02 デビュー
並継
5:5調子
画像
製品拡大
AGS S -255
しなやかさと操作性は更なるステージへ。
しなやかさと操作性を追及してきたリーオマスター真鯛シリーズが最高峰EXとして生まれ変わった。ダイワカーボンテクノロジーの更なる進化と、ゼロベースから構造を見直し、贅肉を徹底的に排除することにより軽量化を実現。同時にVジョイントとX45というダイワ独自の技術を採用することで、真鯛釣りに求められる柔軟性とパワーという相反する性能を実現。『AGS』は更なる進化を遂げ、軽量・高剛性・トラブルレスのRタイプフレームと、薄肉・軽量のCリングNリングを搭載。快適な釣りをサポートする。
DAIWA TECHNOLOGY
画像

■感性領域設計システム『ESS(Expert Sense Simulation)』
ロッドが曲がった際に発生する復元力(ひずみエネルギー)を解析・設計するダイワ独自のシステム。「どこがオーバーパワーか」「どこがパワー不足か」を数値で明確に把握するだけでなく、通常のベントカーブには現れないエキスパートの「感性」と呼ばれる領域までロッドに反映させることが可能。理想を超える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム。

画像

■AGS(エアガイドシステム)
軽さによる飛距離とコントロール性能の向上と、カーボンフレームの硬さによる感度の向上を実現した画期的なカーボンガイドシステム。ガイドが軽くなることで、まずキャスト時の振り抜きスピードが上がるため、飛距離が伸びる。次にキャスト時のティップのブレの収束が早くなるため、キャストアキュラシーが上がる。またブランク本来が持つポテンシャルがより引き立つことで、感度がアップすることも大きい。同じブランクを使用していても、AGSを搭載するとリトリーブ時のルアーのアクションが今まで以上にダイレクトに伝わってくるので、ルアーが潮を掴む感覚や潮目の変わり目などがよりリアルにわかるようになる。

画像

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。

画像

■V-ジョイント
高弾性グラファイトを互い違いに斜め45°に巻き上げたVジョイントのインロー。従来の継ぎ竿では成し得なかった合わせ部のひずみ・突っ張り・パワーロスを極限まで追放。ワンピースに最も近い性能を発揮することに成功。もちろんロッド全体のベントカーブも限りなくスムーズなものとなり、シーバスの挙動やルアーのアクションをダイレクトに手元に伝えてくれる。

画像

■エアセンサーシートト(スタンダード)
軽量化・高強度・高感度を実現するカーボンファイバー入りリールシート。用途に応じて専用設計することで汎用リールシートでは体験できない操作性を生み出す。

リーオマスター 真鯛 EX
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元経
(mm)
錘負荷
(号)
適合ハリス
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
AGS S -255 2.55 2 131 128 1.5/8.4 20~100 95 86,000 111799*
AGS S -270 2.70 2 139 135 1.5/8.4 20~100 89 87,000 111805*
AGS M -300 3.00 2 154 148 1.7/9.4 40~100 96 89,500 111812*
※先径は、素材先端部の外径です。
付属品
  • ゆるみ止めリング
  • 竿袋
  • クロロプレン製ロッドベルト