none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > メタリアシリーズ > メタリア 湾フグ
METALLIA WANFUGU
メタリア 湾フグ
2018.03 デビュー
並継
8:2調子

(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

繊細なアタリを目感度・手感度で伝える超弾性チタン合金穂先採用。
フグのかすかなアタリを優れた目感度で鮮明に捉えるしなやかなメタルトップ。穂先部『AGS』との組み合わせでより感度アップ。X45構造によりネジレを軽減、操作性・パワーを向上。穂持ちから手元にかけてはパワーがあり、瞬時のあわせが効き、大型のフグのコントロールも容易にする。
DAIWA TECHNOLOGY
画像

■メタルトップ
メタルトップがもたらす超弾性チタン合金ならではの金属的な超高感度は想像以上のアドバンテージとなる。エサ取りと本命とのアタリの違いはもちろん、竿先をわずかに動かした際に感じる魚のファーストコンタクト、いわゆる「モタレ」と呼ばれる違和感まで、その情報伝達能力はまさに「海中が見える」といっても過言ではなく、多くの名手が「メタルでないと取れないアタリがある」と評しているほど。

画像

■AGS(エアガイドシステム)
軽さによる飛距離とコントロール性能の向上と、カーボンフレームの硬さによる感度の向上を実現した画期的なカーボンガイドシステム。ガイドが軽くなることで、まずキャスト時の振り抜きスピードが上がるため、飛距離が伸びる。次にキャスト時のティップのブレの収束が早くなるため、キャストアキュラシーが上がる。またブランク本来が持つポテンシャルがより引き立つことで、感度がアップすることも大きい。同じブランクを使用していても、AGSを搭載するとリトリーブ時のルアーのアクションが今まで以上にダイレクトに伝わってくるので、ルアーが潮を掴む感覚や潮目の変わり目などがよりリアルにわかるようになる。

画像

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。

画像

■エアセンサーシート(スタンダードトリガー)
軽量化・高強度・高感度を実現するカーボンファイバー入りリールシート。用途に応じて専用設計することで汎用リールシートでは体験できない操作性を生み出す。

メタリア 湾フグ
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元経
(mm)
錘負荷
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
175 1.75 2 91 77 0.6/9.8 5~15 93 36,000 112024
※先径は、素材先端部の外径です。
付属品
  • クロロプレン製ロッドベルト
  • 竿袋