none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > リーディングシリーズ > リーディング メバル
LEADING MEBARU
リーディング メバル
並継
6:4調子
画像
SS-265
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
『AGS』搭載の軽量・高感度メバル専用スペシャルモデル
船釣りの最前線をリードし続けるダイワ船竿の代名詞「リーディング」シリーズのメバル専用ロッド。最新のメバルロッドに求められる、仕掛けを自在に踊らせて食わせる操作性の高さ、違和感を与えず食い込ませ、掛かれば胴まで曲がり込んで追い食いを促す柔軟性を兼備。穂先には、細径で柔軟なダイワ独自のカーボン穂先「メガトップ」と、軽さと感度アップをもたらす革新的にガイドシステム『AGS(エアガイドシステム)』を搭載。「この調子でなければメバルは食わない」とも評されるダイワ伝統の調子はそのままに、さらにブラッシュアップさせた船メバル攻略のマストアイテム。 画像
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■AGS(エアガイドシステム)
カーボン素材ならではの未来的な外観もさることながら、AGSの最大の特長は従来比約40%にも達する軽量化を果たした点。タックルをセットした時に感じる重さはほとんどリールと仕掛けのみと言っても過言ではない。繊細なロッドにおいては、ブランクスに装着されるガイドの僅かな重量差も大きな性能の差として現れる。ガイドが軽ければ軽いほど、ブランクスの振動伝達性や形状復元力、すなわちブランクスが本来持っている実力が損なわれることなく発揮されるのである。一般的な金属ガイドフレームはカーボンに比べて剛性が低いため、魚のアタリなど、ラインから伝わる振動をある程度吸収してしまう。しかしカーボンフレームは硬くて歪み難い性質を有するため、ラインの振動が手元にダイレクトに伝わる。船釣り上級者が言う「AGSでしか取れないアタリがある」との言葉がその超高感度の証である。
画像 ■メガトップ
カーボン繊維と樹脂が均一に分散したダイワ独自のカーボンソリッド穂先。一般的に流通しているカーボンソリッドに比べて素材のムラが少ないため強度が飛躍的に向上。これにより細径で柔軟、ハイテーパーな穂先を作ることが可能。カーボン素材特有の手に響く感度はもとより、穂先に表れる視覚的感度も大幅に向上。AGSとの相乗効果で他の追随を許さない驚くべき感度を発揮する。
画像 ■X45
カーボン繊維の配向角度と弾性率の関係は極めて特殊であり、1°でもカーボン繊維の角度がずれると弾性率は大きく低下する。よって、竿の性能を考慮した場合0°・45°・90°が理想的な構造であり、他のX構造のように中間の角度(例えば60°~75°前後を変動)にした場合、「X45」に比べて「ネジレ」、そして「ツブレ」の弾性が低下してしまう。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」は科学的に裏付けされたネジレ防止の最適構造なのである。
画像 ■V-ジョイント
従来の竿の継ぎ部は節が2つ重なるため、張りが強くなりすぎて突っ張ってしまい、スムーズに曲がらずひずみが生じてパワーロスを引き起こしやすい。V-ジョイントは、ロッドが可能な限りゆがみの少ないきれいなカーブを描くよう、継ぎ部にバイアス構造のカーボンシートを採用したダイワ独自の技術。穂先から手元にかけて、あたかもワンピースロッドのようなきれいな曲がりを実現し、V-ジョイント未搭載のものに比べてパワー・竿の張り・曲がりからの戻りの早さが大幅にアップ。繊細さと力強さの絶妙なバランスを備えた理想的な粘強調子で大物も優しくあしらえる。
AIR SENSOR SEAT(エアセンサーシート)
理想のリールシートを追求したカーボン強化樹脂素材を採用
軽くて強く、腐食しない。さらに重量比強度でマグネシウムを上回るという不可能を可能にしたダイワのカーボン樹脂素材「ザイオン」。このテクノロジーを応用し、リールシートに最適な剛性・強度・感度・軽さの最適なバランスを追求して生まれたカーボン強化素材を利用した新たなリールシート。カーボン繊維によって従来の樹脂よりも強度がアップしているため、その分肉を削って軽量化することに成功。さらに剛性の高さは感度の良さに直結するため、『AGS』によって感知されるアタリなどの振動がそのまま手へ伝達される高感度仕様となっている。
各部詳細
画像
画像
穂先部AGS
AGS以外はKガイド(オールSiCリング)
画像
画像
カーボン調ネーム部
取り回しの良い長さのリアグリップ
リーディング メバル
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
錘負荷
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
SS-265・J 2.65 2 137 100 1.0(0.9)/8.9 8-30 98 37,000 030281
S-265・J 2.65 2 137 108 1.0(0.9)/9.9 10-40 98 38,000 030298
S-300・J 3.00 3 105 110 1.0(0.9)/9.9 10-40 96 41,000 030304
M-300・J 3.00 3 105 122 1.0(0.9)/10.9 15-50 96 41,800 030311
M-350・J 3.50 3 121 125 1.0(0.9)/10.9 15-50 98 45,000 030328
■先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。

※ご注意
電動リールを使用される場合、ダイワ電動リール300サイズまでの使用を推奨します。300サイズの電動リールのうち、スーパータナコンX300W、マグマックス300およびシーボーグ300は装着できません(シーボーグ300MJ・シーボーグ300J・シーボーグ300FB・シーボーグ300メガツインは装着可能です)。また、400サイズ以上は製品によりフット部の厚みを設けておりますので装着できません。
付属品
■クロロプレン製ロッドベルト
■竿袋