none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > アナリスターシリーズ > アナリスター 湾フグ
ANALYSTAR WANFUGU
アナリスター 湾フグ
8:2調子
変則3ピース
画像
175
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
目感度で微かなフグのアタリを表現する湾フグ専用ロッド
対象魚、釣法に対する徹底的な分析(ANALYSIS)をもとに、最も使いやすくて対応力の高い専用ロッドを提案するダイワの船竿シリーズ「ANALYSTAR(アナリスター)」の湾フグ(カットウフグ)専用ロッド。フグのかすかなアタリをとらえるための、目感度にこだわった高感度設計。ネジレ防止の最適構造「X45」により、軽くて操作性が高く、誘いやアワセがしやすい調子を追求。その調子の完成度はダイワフィールドテスターであり「湾フグ名人」でもある林良一のお墨付き。 画像
仕様詳細
画像
画像
ごく小さなアタリを出すために繊細なグラスソリッド穂先を採用。
ブランクスを通して伝わるシグナルを手元でダイレクトに感知できる高感度ブランクタッチシート。
画像
画像
糸にやさしいK~LNガイド(SiCリング)仕様。
ゴールドリング付き金属ナットを装備。海に映えるレッド&ゴールドカラーはアナリスターシリーズのシンボルカラー
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを持たせるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
テスターインプレッション ― 林良一
画像 「ロッドを手に取って、まず振ってみた。その軽快な振り抜き感に、すぐにエアドレッドチューンをセットしパーミングしてみる。重心はちょうどブランクタッチシートエンドとなり、フォアグリップの前にゼロテンパーミングの中指がしっくりと決まった。次にティップを曲げてみる。オモリ負荷6~10号のスペック通り、微細なアタリも目感度アタリとして伝えてくれる柔軟なティップだ。実際に釣ってみると、そのティップが僅かなアタリでさえも漏らさず伝えてくれるのだが、柔軟ゆえの諸刃の剣である、アタリからアワセまでのタイムラグほとんど感じられない。アワセの直後、頭を振りながら底に張り付く、大型アカメフグの暴力的とも言える引きにも、硬さと粘りを兼ね備えているベリーからバット部で無理なく海面まで浮かせることができ、その硬い皮にカットウを楽々と貫通させるパワーも持ち合わせていた。テスト釣行で徹底的な分析データをフィードバック、“最も使いやすくて対応力の高い専用ロッド「ANALYSTAR」”に恥じない、自信を持ってお奨めできる1本だ。」
アナリスター 湾フグ
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
オモリ
負荷
(号)
カーボン
含有率
(%)
価格
(円)
JAN
コード
175 1.75 3 92 91 0.8(0.7)10.9 6-10 77 24,000 080859
■先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
穂先について
※本シリーズは穂先部が着脱できる変則3ピース仕様となっています。持ち運びの時は穂先を外さず元竿と束ねてください。
※ごく小さなアタリを出すため繊細な穂先を採用しています。取り扱いには十分注意してください。万が一折れてしまった場合でも穂先のみの交換で済むように設計されています。
※穂先の着脱の際、ガイドを持って着脱をするとガイド破損につながります。ガイドを持たず、必ずソリッド本体を持って着脱を行ってください。取りにくい時はすべりにくいゴム等をあてて着脱してください。
付属品
■ロッドベルト