none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > アナリスターシリーズ > アナリスター スミイカ
ANALYSTAR SUMIIKA
アナリスター スミイカ
9:1調子
2ピース
画像
210
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
操作性とシャープなシャクリにこだわった超硬調子のテンヤスミイカ専用ロッド
スミイカ釣りはシャコを使用した「テンヤスミイカ」とエギ、スッテを使用した「エギスミイカ」の2通りがあるが、シャコを用いる昔ながらのテンヤスミイカは独特な釣法で根強いファンが多い。「アナリスター スミイカ」は、対象魚・釣法に対する徹底的な分析(ANALYSIS)をもとに、最も使いやすくて対応力の高い専用ロッドを提案するダイワの船竿シリーズ「ANALYSTAR(アナリスター)」のテンヤスミイカ専用ロッド。極硬先調子とネジレ防止の最適構造「X45」構造により、深場でも狙い通りのシャクリが楽にできる調子を実現。シャクリやすさと、キャスティングのしやすさにこだわった210の長さ設定により、持ち重りを解消して操作性が大幅に向上している。
仕様詳細
画像
画像
高い感度を有し、白色で視認性にも優れる高感度グラスソリッド穂先。
リールシートに最適な軽さと高剛性、高強度を追求したカーボン強化樹脂採用。軽さと剛性の両立により感度に優れたエアセンサーシート
画像
画像
軽量かつ糸絡みしにくいK-KWガイド(オールSiCリング)仕様。精密感にこだわった飾り糸巻き付き。
ネーム部~元ガイドの間にはシャクリ時にグリップしやすい滑り止め塗装が施されている。
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを持たせるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
アナリスター スミイカ
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
オモリ
負荷
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
210 2.10 2 109 155 1.1(1.2)/17.8 15-35 92 28,400 080866
■先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
■ロッドベルト