none
検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > メタリアシリーズ > メタリア カワハギ
METALLIA KAWAHAGI
メタリア カワハギ
2018.08 デビュー
画像
MH-175

(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

穂先部『AGS』との組み合わせの高感度カワハギロッド。カワハギ釣りに要求される感度と操作性を徹底的に追求。
■手元まで響く高感度『メタルトップ』採用
■穂先部『AGS』(オールSiCリング)
■軽量・高感度エアセンサー(スリムトリガーシート)
■さらなる軽量化を実現。高密度高強度カーボン『HVFナノプラス』採用。
■ネジレ防止の最適構造 『X45』
■自然に食わせるSF系調子の追加
■携帯性、輸送に便利なセンターカット2ピースアイテム(※S/MH、MH-175-2のみ)
アイテム別特徴
アイテム 調子 特徴
S/MH 7:3 スローテーパーな穂先によりアタリをはじかずオートマチックに食わせやすい調子。
ゼロテン時等の目感度にも優れています。
M 8:2 釣り方を選ばずバランス良く対応するスタンダード調子のオールラウンダー。
食わせやすさと誘いやすさのバランスを追求。
MH 8:2 硬調子設計によりアタリに対してタイムロスなく合わせることが可能。
高い手感度が宙でも底でもカワハギの気配を伝えてくれる。
操作性重視の釣りには最適な攻めの調子。
仕様詳細

■穂先部『AGS』と超弾性チタン合金の高感度
穂先部『AGS』と手元まで響く高感度!超弾性チタン合金穂先で高感度を誇る。

■エアセンサートリガーシート
リールシートに最適な軽さと高剛性、高強度を追求したカーボン強化樹脂を採用。軽さと剛性の両立により感度に優れたリールシート。

DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■AGS(エアガイドシステム)
軽量・高感度のエアガイドシステム『AGS』。カーボンフレームの軽量性は飛距離とコントロール性能を向上。チタンと比較し約3倍の剛性をもつカーボンはラインを通して伝わるわずかな信号を吸収することなくダイレクトにブランクに伝える高感度を有する。
画像 ■メタルトップ
超弾性チタン合金穂先ならではの金属的な超高感度は実際の釣りにおいて想像以上のアドバンテージとなる。竿先をわずかに動かした際に感じるファーストコンタクト、いわゆる「モタレ」と呼ばれる違和感まで逃さないその情報伝達能力はまさに「海中が見える」といっても過言ではなく、多くの名手が「メタルでないと取れないアタリがある」と評しているほど。
画像 ■X45
カーボン繊維の配向角度と弾性率の関係は極めて特殊であり、1°でもカーボン繊維の角度がずれると弾性率は大きく低下する。よって、竿の性能を考慮した場合0°・45°・90°が理想的な構造であり、他のX構造のように中間の角度にした場合 、「X45」に比べて「ネジレ」、そして「ツブレ」の弾性が低下してしまう。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」は科学的に裏付けされたネジレ防止の最適構造なのである。
画像 ■HVFナノプラス
贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。粘りや強度を重視したロッドに最適な素材となっており、ナノプラスによりさらに進化している。ナノプラスとは、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計・製造手法で機種ごとに最適化を行い、ブランクのさらなる高強度化・軽量化を可能にしたテクノロジー。
画像 ■エアセンサーシート
軽量化・高強度・高感度を実現するカーボンファイバー入りリールシート。用途に応じて専用設計することで汎用リールシートでは体験できない操作性を生み出す。
メタリア カワハギ
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
錘負荷
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
M‐175 1.75 1 175 65 0.6/10.7 20-35 99 36,000 217323*
MH‐175 1.75 1 175 67 0.6/10.7 20-40 99 36,000 217330*
S/MH‐175 1.75 2 92 69 0.6/10.7 20-40 97 36,000 217347*
MH-175-2 1.75 2 92 70 0.6/10.7 20-40 99 36,000 217354*
付属品
  • クロロプレーン製ロッドベルト(1ピースタイプを除く)
  • ベクトルダイワジッパー付竿袋
メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。