none
HOME > 製品情報 > ロッド > ソルトウォータールアー(オフショア) > イカメタルゲーム > エメラルダス MX イカメタル
EMERALDAS MX IKA METAL
エメラルダス MX イカメタル
画像
68XULB-MT IM
画像
70XULS-MT IM
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
繊細なアタリを取って掛ける、超高感度メタルトップ搭載イカメタルロッド
従来の複数のスッテを用いた胴突き仕掛けではなく、メタルスッテを単体で使用することでよりダイレクトにイカのアタリを感知し、「掛ける」面白さを楽しむルアーテイストあふれる新しいイカ釣り。「ひとつスッテ」とも呼ばれ、ダイワがいち早く「イカメタルゲーム」と命名したこのスタイルは、ルアー感覚の面白さはもちろん、リフト&テンションフォール・ロングステイといったテクニックで胴突きでは獲れないイカも攻略できるアドバンテージもある。しかも使用するタックルがライトタックルなため、よりダイレクトにその駆け引きや引き味を楽しむことができる。

2016年、ダイワが誇るエギングのパイオニアブランド「エメラルダス」から、満を持してイカメタル専用ロッドが登場。目感度と手感度の双方で優れた感度をもたらす超弾性チタン合金穂先「メタルトップ」を筆頭に、ネジレ防止の最適構造「X45」、軽量でトラブルレスのオールチタンKガイドなど、イカメタルゲームを高次元で楽しむためのダイワテクノロジーを随所に搭載。やり込んでいるこだわりのイカメタリストをも唸らせる充実のパフォーマンスを発揮するイカメタル専用ロッドの決定版。ラインの出し入れのしやすさを利用してイカのいるレンジを丁寧に探る釣りに適したベイトタイプと、フォールの速さを活かした手返しの良さが武器のスピニングタイプ、それぞれ先調子と胴調子、計4アイテムをラインナップ。
アイテム別特徴
アイテム タイプ 特徴
68XULB-MT IM ベイト 乗りのよさとファイトを楽しむ胴調子モデル。MAX60gまでのメタルスッテを繊細に操り、聞きアワセ時の違和感とも言えるほどの小さなアタリを取りに行く攻撃的センシティブロッド。船の真下を丁寧に探り、時には船の影をも狙うことを視野に入れた6フィート8インチのレングス設定。
610LB-MT IM ベイト メタルスッテをアクティブに操り、キビキビとした誘いで積極的に掛けにいく先調子モデル。動きの中で変化を感じ積極的に合わせていく攻撃的スタイルに最適。リグを軽快に操ることを重視した6フィート10インチのレングス設定。
70XULS-MT IM スピニング 乗りのよさとファイトを楽しむ胴調子モデル。比較的軽めのメタルスッテを繊細に操り、聞きアワセ時の違和感とも言えるほどの小さなアタリを取り掛けにいく攻撃的センシティブロッド。OBAMARIGを使った状態でのキャストにも対応した7フィートのレングス設定。
610ULS-MT IM スピニング メタルスッテをアクティブに操り、キビキビとした誘いで積極的に掛けにいく先調子モデル。リグを動かしていく中で変化を感じ積極的に合わせていく攻撃的スタイルに最適。リグを軽快に操ることを重視した6フィート10インチのレングス設定。
仕様詳細
画像
画像
ベイトモデルは、軽くて強く腐食に強いという特性を持つダイワ独自の素材「ザイオン」の技術を応用し、リールシートに最適な軽さと高い剛性、強度を追求したカーボン強化樹脂製エアセンサーリールシートを搭載。
スピニングモデルは、軽量であるだけでなく人間工学に基づいた掌に吸い付くようなフィット感で快適なエギングをサポートするエアスラッシュリールシートを搭載。
画像
画像
基本的にはナイトゲームのイカメタル。船の光の下での視認性にこだわったオレンジとイエローの視認性のよいティップカラーを採用。
軽量かつトラブルレスなオールチタンKガイド仕様。
画像
画像
シンボルカラーであるブルーのパーツを随所に採り入れたデザイン。細身軽量ながら、X45により大型のスルメイカにも負けない強靭なバットパワーを有する。
取り回しのよさを追求した長さと形状のグリップエンド部。
DAIWA TECHNOLOGY
■メタルトップ
メタルトップがもたらす超弾性チタン合金ならではの金属的な超高感度。それは実際の釣りにおいて想像以上のアドバンテージとなる。イカがスッテに触れるわずかな感触、また竿先をわずかに動かした際に感じるファーストコンタクト、いわゆる「モタレ」と呼ばれる違和感まで、その情報伝達能力はまさに「海中が見える」といっても過言ではなく、多くの名手が「メタルでないと取れないアタリがある」と評しているほど。
■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
エメラルダス MX イカメタル
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合ルアー
(g)
適合ライン
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
68XULB-MT 2.04 2 106 90 2.4(0.8)/8.9 10-60 0.4-0.8 92 37,500 029582
610LB-MT 2.09 2 109 94 2.4(0.8)/8.9 15-80 0.4-1.0 93 38,000 029599
70XULS-MT 2.14 2 111 82 2.3(0.8)/8.4 10-45 0.4-0.8 92 36,000 029568
610ULS-MT 2.09 2 109 84 2.3(0.8)/8.9 15-60 0.4-1.0 93 36,000 029575
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。