none

HOME > 製品情報 > ロッド > バス > バス専用 > タトゥーラ エリート
TATULA ELITE
タトゥーラ エリート
2018.03 デビュー
画像
TATULA ELITE 701MHRB-G
画像
TATULA ELITE 731HFB

(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

世界最高峰のトーナメントで戦うプロアングラーの答えがここに。
大森貴洋シグネイチャーロッド。
画像

■701MHRB-G 【7'0" CRANKIN'】
世界最高峰のトーナメントで戦い続けるバンクビーター、大森貴洋の2本のメインロッドのうちの1本が7'のクランキングロッド。大森貴洋が得意とするシャロークランキングはもとよりこの一本のロッドで、リップレスクランク、ワイヤーベイト、ブレイデッドジグ、スイムベイト、ディープクランクまでを全て対応。パラボリックに曲がるロッドが多いグラスコンポジットロッドの中では珍しい7:3のファストテーパーがシャローへのロールキャストなどのアキュラシーキャストと確実なフックセットを可能にしてくれる。

■731HFB 【7'3" PITCHIN'】
世界最高峰のトーナメントで戦い続けるバンクビーター、大森貴洋の2本のメインロッドのうちの1本が7'3"のピッチング・フリッピングロッド。大森貴洋が得意とするピッチング、フリッピングはもとより、この一本のロッドでノーシンカーからヘビキャロまで対応する。またスティッフなバットによりカバーの最奥でかけても確実に取り込めるロッドになっている。


DAIWA TECHNOLOGY
画像

■SVFナノプラス(731HFBのみ)
ロッド性能を最も左右するカーボンシートにおいて、レジン(樹脂)量を減らしてカーボン繊維を密入することにより軽量化・パワーアップ・細身化を実現した超高密度SVFカーボンがナノプラスでさらに高性能化。※ナノプラス・・・カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計・製造手法で機種ごとに最適化を行い、ブランクのさらなる高強度化・軽量化を可能にしたテクノロジー。

画像

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。

タトゥーラ エリート
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元経
(mm)
ルアー重量 ライン カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
(g) (oz.) (lb.)
701MHRB-G 2.13 1 213 155 2.2/14.9 14~56 1/2~2 10~20 21 32,000 223171
731HFB 2.21 2※ 185 150 2.0/12.9 5~42 3/16~1.5 14~30 98 32,000 223188
先径は、素材先端部の外径です。 ※731HFBはグリップジョイント仕様です。