none
HOME > 製品情報 > ロッド > バス > バス専用 > ブラックレーベル FT (フィネスティップ)
BLACKLABEL (FINESSE TIP)
ブラックレーベル FT(フィネスティップ)

価格の高さでも、見た目の煌びやかさでもない。釣りに必要なのは、実釣性能という真実だけ。本質のみに研きをかけたダイワのバスロッド「ブラックレーベル」は、過剰なるモノへのアンチテーゼとして誕生。贅肉のない漆黒のブランクスと、必要十分なパーツ類。虚飾を削ぎ落としつつ、その内側にはロッドメイキングのパイオニアであるダイワだからこそ成し得る先進のテクノロジーが息づく。バスフィッシングにおける「本物」を知るアングラーだけに贈るダイワからの提案。

【今を釣るべく、巧者たちは策を練る】

FT(フィネスティップ)はライトキャロライナでの使用を軸としたモデル。クリアウォーターでは今や欠かせないこのリグに対応すべく、「FT681LXS」と「762ULXS」の2モデルをラインナップ。レングスとパワーの差によって、操作性重視の前者、飛距離重視の後者といった使い分けが可能。違和感なくリグを食い込ませるとともに、ボトムの底質やバイトを確実に手元へ伝える超高感度を両立したダイワ独自のカーボンソリッドトップ「メガトップ」が大きな特徴で、強靭なベリーからバットはキャスティングとフッキングにアドバンテージを得ることになるだろう。

またそのレングスと操作性の高さは、クリアウォーターでは僅かな時期ではあるものの、虫系ルアー使用時にも威力を発揮することが明らかだ。オーバーハング下からディスタンスをとったキャストの後、テンションフリーの放置で魚の様子をうかがい、水面炸裂と共にストロークを活かしたフッキングを決める。専用モデルがほぼ皆無なこのパターンで強い味方となることは間違いないだろう。

川村光大郎による「BLACK LABEL」インプレッション
アイテム別特徴
■FT 681LXS

3/32oz.~ 3/16oz.シンカーまでのキャロライナリグで起伏の激しい岩場でも食い込みすぎず、今まで捉えなれなかった微かなバイトや地形変化を確実に捉えるテーパーのメガトップと、10m以深でもオフセットフックをしっかり掛けるバットパワーを持ったチューブラーが特徴のライトキャロスペシャル。先から元までX45を纏ったネジレによるパワーロスのないチューブラーとのドッキングにより強風下に於いてもロングリーダーのキャロライナリグをあらゆる方向の風にも負ける事無く振りぬいた先に運んでくれ、こだわりの6’8”のレングスがロングリーダーライトキャロの様々なメソッドに高次元で対応し、究極の操作性を見せる。ロングキャストのみならずPEラインを使用し、離れた所から虫ルアーをオーバーハング下に正確に送り込んだり、ポッパーなどで沖のボイル撃ちにも対応するため、ティップセクションにKTガイドをセッティングしながらもライン放出抵抗を極限まで抑えるために元ガイドに大口径Yガイドを採用し、あらゆる釣りに高次元で対応するロッドである。

画像

■FT 762ULXS

スピニングタックルでなくては扱えないライトライン・ライトリグを違和感なく使え、かつショートバイトも違和感なく食わせながらもリグの操作やボトム探査、そしてバイトを捉える手感度が今までのソリッドティップロッドとは一線を画する高感度「メガトップ」を搭載。「メガトップ」を細かく削り込むことで今まで捉えられなかったボトムやバイトが明確に捉えることができ、さらに先から元までX45を纏ったチューブラーとのドッキングにより振り抜けの良さとパワーロスのない異次元のロングキャストが可能になった。一見するとロックエリアやウィードエリアでスタックしてしまいそうな繊細なソリッドデザインだが岩やウィードの一つ一つを絶妙なテーパーデザインがかわし、スタックすることなく広範囲を探る事が可能。また7'6"のレングスはロングリーダーのキャロライナリグでのディープ攻略に高いパフォーマンスを発揮する。細糸PEの使用も考慮し、ティップガイドにKTガイドをセッティングすることでi字系ミノーや虫ルアーをロングキャストしバイトを弾くこと無く乗せることが可能。桧原湖・野尻湖攻略には特に欠かせない一本。

画像
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■X45
竿は操作時・やり取り時など一連の動きの中で目に見えない「ネジレ」が発生し、操作性やパワーの低下などを引き起こす。こうしたネジレ防止の最適角度である±45°のバイアスクロスを巻きつけることでネジレを徹底的に防ぎ、操作性・パワー・安定性を向上させ、ロッドの性能を飛躍的にアップさせるダイワ独自のテクノロジー。
画像 ■メガトップ
繊維と樹脂が均一に分散するカーボンソリッドであり、360°どの方向にも同様の曲がりを見せる。さらに通常のカーボンソリッドに比べて強度が飛躍的に向上。これにより細径で柔軟、ハイテーパーな穂先を作ることが可能になっている。カーボン素材特有の手に響く感度(=手感度)は元より、穂先に現れる視覚的感度(=目感度)も大幅に向上。
画像 ■高密度HVFカーボン
ロッド性能に最も影響を与えるカーボンシートにおいて、ダイワはカーボン繊維そのものの高弾性化はもちろん、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な樹脂(レジン)量に着目。贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。強さと粘りを必要とするロッドに最適な素材となっている。
ブラックレーベル FT(フィネスティップ)
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(oz.)
ライン
ナイロン
(lb)
ライン
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格
(円)
JANコード
FT 681LXS 2.03 1 203 125 1.0/9.9 1/32-3/16 3-6 0.2-0.6 91 31,000 876926
FT 762ULXS 2.29 2 205 135 0.8/12.9 1/64-1/8 2-5 0.15-0.4 91 33,000 876919