none
HOME > 製品情報 > ロッド > > コロガシ竿 > ライトコロガシ
LIGHT KOROGASHI
ライトコロガシ
H72M、H90M=2017.02 発売予定
81M
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
ライトで楽しい!ダイワからの提案“ライトコロガシ釣り”専用モデル
重く頑強なタックルに太いナイロンラインを張り、大オモリを振り回す・・・そんな従来のコロガシ釣りとは一味違う「ライトコロガシ釣り」専用モデル。本流竿をベースに開発されたライトタックルに、軽いオモリと金属ラインを用い、鮎の掛かり(アタリ)や引きを楽しみながらゲーム感覚でライトに釣る「ライトコロガシ釣り」。この竿で、“コロガシ釣り”の概念が変わる「ライトコロガシ釣り」にトライしてほしい。
DAIWA TECHNOLOGY
画像■X45
カーボン繊維の配向角度と弾性率の関係は極めて特殊であり、1度でもカーボン繊維の角度がずれると弾性率は大きく低下する。竿の性能を考慮した場合0°、45°、90°が理想的な構造であり、他のX構造の様に中間の角度にした場合、「ネジレ」「ツブレ」の弾性率が低下してしまう。また中間の角度で、「X45」と同等のパワーにするためには、かなりの重量アップが必要となる。最小限の重量で最大限の効果を発揮させる最適構造、それが「X45」。
画像■高密度HVFカーボン
カーボン繊維そのものの高弾性化はもちろん、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く・より軽いカーボンシートの開発を追求。樹脂に代わってカーボンが高密度化されることで、従来よりはるかに高いパフォーマンス(パワー、シャープ感、操作性、感度)を発揮する。
画像 ■V-ジョイント
ひずみによるパワーロスが生じがちな節の合わせ部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、あたかもワンピースのような美しい曲がりを実現。ひずみによるパワーロスが軽減されるため、素材本来のパワー・レスポンス・感度が十二分に発揮される。
画像 ■からまん穂先
ラインを結ぶ穂先のリリアンが仕掛けの動きに合わせて回転するため、糸ヨレや糸絡みが起こりにくい。
画像 ■一節マルチレングス
画像 ■新触感グリップ
水に濡れても滑りにくく、ホールド性の高い特殊塗装を採用したグリップ。引き抜き時に竿・鮎の重量を支える重要な役割を持つ手尻の信頼感をアップさせる。
画像 ■固着防止リング
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。固着の確率を大きく減らす。
ライトコロガシ仕掛け図
 
ライトコロガシ
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
錘負荷
(号)
適合水中糸 カーボン
含有率
(%)
マルチ メーカー希望
本体価格
(円)
JAN
コード
メタル ナイロン
72M 7.20 7 132 230 1.8(1.7)/23.6 1-5 0.1-0.4 0.6-1.2 99 72⇔63 42,000 077279
81M 8.09 8 132 255 -(1.7)/23.6 1-5 0.1-0.4 0.6-1.2 99 81⇔72 48,900 949446
90M 8.98 9 132 310 -(1.7)/24.2 1-5 0.1-0.4 0.6-1.2 99 90⇔81 55,800 949453
H72M 7.20 7 132 240 2.1(2.0)/23.6 1.5-6 0.1-0.4 0.8-1.5 99 72⇔63 47,000 197854
H81M 8.09 8 132 285 2.1(2.0)/24.2 1.5-6 0.1-0.4 0.8-1.5 99 81⇔72 52,000 077286
H90M 8.98 9 132 340 2.1(2.0)/25.6 1.5-6 0.1-0.4 0.8-1.5 99 90⇔81 62,000 197861
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • クッション入り竿袋