none
HOME > 製品情報 > ロッド > > 友竿 > 銀影競技 スペシャル MT
GINEI KYOGI SPECIAL MT
銀影競技 スペシャル MT
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
32.4cmの巨鮎も仕留めたスペシャルシリーズ最強のパワーと粘りに
Aと肩を並べる引き性能と衝撃的感度を備えた未来系パワーロッド
画像「曲がりで抜く。曲がりで操る。曲がりで獲る。」

ロッドは曲がってこそパワーを発揮する。誤解が生じやすいから何度でも繰り返すが、硬く張りを持たせさえすれば、パワーが増すわけではない。そんなロッドは一見強そうに感じるが、階段状の流れはともかく、押しの強い流れでは抜けないのだ。オトリの操作性も、細糸をカバーするクッション性も、身切れさせずに素早く抜く能力も、想定外の巨鮎の引きをいなす粘りとタメ性能も、全てを備えた上での「真のパワー」とは、ロッドの曲がりが源になる。さらに言えば、曲がって戻ろうとする「反発力」に宿る。ただ、ロッドを曲げるために必要なイメージや技術には個人差がある。曲げてパワーを発揮するのは瀬釣り用ロッドとして当然。理想的な瀬釣り用ロッドとは、多くの鮎師が“意のままに曲げられる”かどうか。ここに全てがかかっている。
“ 競技メガ2種のハイブリッド ” その理想的コンセプトすら凌駕。

スペシャルMTが2014年にまで遡る開発当初から目指したもの、それはMTシリーズの集大成。競技メガトルク急瀬抜のパワーと、“ライトモンスター”の愛称がすっかり定着した早瀬抜の操作性と感度、これらの融合が当初のコンセプトだった。だが結果として2つを凌駕することになったのだ。このロッドを手にした多くの人は、まず驚くだろう。「こんなに曲がって抜けるのか?獲れるのか?」と。しかしこれはスペシャルであり、かつMTである。Z-SVFナノプラスⓇというダイワ史上もっとも反発力のあるカーボン素材を用いたからこそ、曲がることでいまだかつてない強烈なパワーを発揮する。感度と操作性はライトモンスターを超え、25cmクラスをいとも簡単に抜き、上流へ返す。しなやかな曲がりとは裏腹に、パワーと粘りは競技メガトルク急瀬抜以上、不意に襲ってくる巨鮎にすら対応できるのだ。

7本継+チャージリングで激変。スケートの如く引ける、剛竿。

競技メガトルクが意識して「曲げるロッド」なのに対し、スペシャルMTが決定的に異なるのは「曲がってくれるロッド」であること。そして穂先からバットまでしなやかに曲がることは、操作性も劇的に向上させる。スペシャルAを彷彿させる引きの円滑さは、パワーロッドとしては、もはや異常ですらある。このようにスペシャルMTが飛躍的に進化した核心は、7本継の採用にあるといっても過言ではない。節が長くなると曲がりやすく粘りが生まれる。MT調子を7本継で再現すれば、その長所を最大限に引き出せるのだ。継数が少なくなることでVコブシの効果がなくなるのでは?そんな心配もチャージリングが搭載された今となっては無用となった。
一見ソフト、実は獰猛。事実、球磨川の32.4cmを流心から引き剥がす。
画像ダイワフィールドテスター・瀬田匡志はこのスペシャルMTのプロトを手に2015年シーズンを駆け抜けた。初夏からシーズン終盤まで、公私とも数多く手にしてきたロッドであったろう。製品にはなっていなかったので活躍の場はなかったが、いずれは大きなトーナメントでも手にすることになるだろう。圧巻は9月下旬、森岡達也らと挑んだ球磨川でのDVD撮影の出来事。自己記録にあと1mmと迫る32.4cmを見事にいなして獲った。曲がるということは、やり取りの調整幅もあるということである。オトリの引きやすさは、掛かり鮎に対してテンションを一定に保つことにも通じ、負荷が不均一にかからず、掛かり鮎が暴れにくい。

 「とにかく暴れず、すぐに流心から外せたので、今までにない感覚ですごく楽に獲れた」と瀬田も驚いた能力は、ある意味、粘る磯竿で大物を暴れさせずに獲れるのと一緒の原理なのだ。『ESS』で各節のつながりをよくしているから手元までストンと曲がる。強いだけでバランスの悪い竿だと太糸、大オモリが必要になるが、スペシャルMTならオモリ2号が必要なポイントでもノーマルでいけるほど。一見ソフト、その実は“獰猛”。普通の釣りの延長線上で瀬釣りが、さらには大鮎釣りさえもこなせる。それが、生まれ変わったスペシャルMTだ。
豪腕かつ繊細。超高感度とフィネス特性は2つの『SMT』が磨く。
画像
スペシャルとはいえMTはパワーロッドである限り、どうしても肉厚太径構造は避けられない。そのため、あくまでトーナメント系ロッドとの比較問題だが、やや感度が落ちるのは宿命でもあった。しかし、このジレンマを『SMTチューブラー』が変えた。それはメタル部分が10cmと極力短く、硬くした軽量パワータイプが開発されたことで、劇的に。

カーボンチューブラーと同等の軽さと操作性、パワーを備え、それ以上の衝撃的な感度は、瀬釣りの戦略をより緻密でハイレベルなものへと昇華させる。エビや根掛かり、石に巻かれて高切れするなどの致命的なトラブルも、その超高感度で未然に防いでくれるだろう。さらに標準替穂先の柔軟なSMTは、小型混じりや低活性時などにも威力を発揮する。
求めたのは、瀬釣りの“回転力”。
画像 ついに尺を獲るまでの潜在的なパワーを獲得したスペシャルMTではあるが、デカい魚を獲るなら「大鮎」シリーズがある。軽さや操作性がメインテーマなら、他にもっと選択肢があるだろう。しかし獲るだけでは、操作しやすいだけでは、不十分。瀬の良型を軽々とあしらえ、トーナメントのような厳しい条件でも際立つ能力を備えることが、真の瀬釣りロッドには求められる。

例えるなら、奔流に腰まで立ち込んでいても、膝下の流れでレギュラーサイズを釣っているかのようなライトな感覚と手返しの実現。これが目指す究極の姿。そしてスペシャルMTこそ、数ある瀬釣りロッドの中で、この理想形にもっとも近い存在なのだ。
前作と比べ調子を一新。大幅に胴調子になりながらも、全体的なパワーアップを実現。
※図はコンピューターの解析上のデータであり、実際の曲がりとは多少異なる場合があります。
画像
各部詳細
画像
画像
【SMTチューブラー穂先】
【SMT(ソリッド)標準替穂先】
画像
画像
【全節口金処理(#2~元竿)】
【チャージリング】
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■ESS(感性領域設計システム)
ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。ダイワは、この「ひずみエネルギー」を解析・設計するシステムを開発。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域まで解析・数値化し、ロッドに反映する事を可能にした。また『X45』や『SMT』、『Vコブシ』などダイワテクノロジーのポテンシャルを最大限引き出し、有効且つ機能的に活用することもできる。理想を越える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム。
画像
画像 ■ナノプラス
カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化・高機能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計手法および製造手法により、機種毎に最適化を行い、ロッドブランクの更なる高強度化・軽量化を可能にした。
画像 【PBT/PCナノアロイⓇの構造比較】
ナノアロイ®とは、カーボン繊維同士を繋ぐ接着剤である樹脂(ミクロンサイズ)を、通常よりもはるかに細かいナノサイズ(ミクロンの1/1000)として混合する技術。これにより、樹脂の高弾性化、高靭性化が図られ、コンポジットとしての曲げ強度が向上。結果、強度と軽量を両立したロッド作りが可能になる。
画像 ■Z-SVFナノプラスカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。「Z-SVF」は、素材の製法を一から見直し研究を重ね、理想的なカーボン繊維配列を実現したダイワ史上究極の高密度カーボン。
画像 ■SMT(スーパーメタルトップ)
超弾性チタン合金を採用し、カーボン素材では不可能な驚くべき感度を実現する『SMT(スーパーメタルトップ)』。それぞれの調子合わせてチューブラー(中空)やソリッド(ムク)構造を採用。新たな鮎釣りを創造する。
・SMTチューブラー・・・超弾性チタン合金をチューブラー(中空)構造にし、秀でた操作性と感度を実現した革新的穂先。また、高負荷の釣りにも対応するパワーを備える。
・SMT(ソリッド)・・・超弾性チタン合金をソリッド(ムク)構造にし、高い感度と柔軟性を実現した次世代穂先。カーボンソリッドでは不可能な、手に響く感度をそなえながらも高いクッション性を実現。
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
画像 ■スペシャルV-ジョイント(#1~2はV-ジョイント)
パワーロスが生じがちな節の合わせ部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、ワンピースのような美しい曲がりを可能にし、負荷が掛かった時の節の歪みを抑えてパワーロスを減少させることに成功。さらに従来必要とされていた合わせ部の重ね代を極限まで減らしたのがスペシャルV-ジョイント。これによって重量を軽減しながらいっそう歪みの少ないロッドを作り上げることができる。
画像 ■チャージリング構造
『チャージリング』とは、特殊なカーボンシートをブランクに巻き付けて“仮の節”を設ける構造。ノーマル節に採用すれば、自重を大きく変えずに「曲がりのアクセント」を生み出し、Vコブシに近い効果をもたらす。
画像 ■スーパーリング構造
カーボンシートの巻き始めと巻き終わりの重なる部分の重なりシロを限りなくゼロに近づけてロッドを形成する技術。軽量化は勿論、繊細なロッド操作や引き抜き時の弾道が安定。
画像 ■エアグロスフィニッシュ(#4~元竿)
カーボンロッドの性能を最大限引き出すダイワ独自の特殊外観処理。カーボン素材の表面を極限の滑らかさになるまで研磨することで、塗装にも負けない光輝性外観と、素材の性能を余すことなく発揮させる。
画像 ■ゼロコーティング(#2~#3)
カーボンの素材感を残しながらも、鮮やかな色彩を放つダイワ独自の外観処理。無塗装に極めて近いため、カーボン素材の性能を最大限に発揮させることができる。
画像 ■セーフティフックタイプメタカラマン
穂先に仕掛けを直接つなげることで感度が大幅にアップ。仕掛けを取り付ける部分が回転するので糸ヨレや糸絡みも防ぐ。
画像 ■新触感グリップ&特殊撥水処理
水に濡れても滑りにくく、ホールド性の高い特殊塗装を採用したグリップ。
画像 ■節落ち・食いつき防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を作り、強い密着部分をつくることで実釣時に起こる節落ちを防止する。さらに、その異形合わせによる空気層が固着トラブルも防ぐ。
画像 ■固着防止リング
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。
銀影競技 スペシャル MT
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径[替穂]
/元径
(mm)
錘負荷
/替穂
(号)
適合水中糸 カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格
(円)
JAN
コード
メタル ナイロン
90・J 9.00 7 153 235 1.2(1.0)
[0.9(0.85)]
/24.1
0-8/0-4 0.05-0.3 0.15-0.8 99 390,000 027991*
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
専用設計の別売替穂先を設定
  • パワータイプカーボンチューブラー穂先 先径2.1(2.0)mm
    メーカー希望本体価格 28,000円
その他の仕様・付属品
  • 銘板付下栓
  • 全節口金処理(#2〜元竿)
  • ニット竿袋
  • SMT(ソリッド)標準替穂先

メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。