none
HOME > 製品情報 > リール > スピニングリール(釣種専用) > 大型SWルアー > ソルティガ エクスペディション
SALTIGA EXPEDITION
ソルティガ エクスペディション
ハンドルノブL交換可
ソルト対応
画像
画像
5500H
8000H
画像
画像
画像
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
メインシャフト部、ラインローラー、さらにボールベアリングをマグシールド化
さらに耐久性と回転性能が向上した遠征スペシャルモデル
ヒット後、力強い突っ込み、走りで抵抗するマグロ・ヒラマサ・ブリ・カンパチ・GT・カジキなど、オフショアゲームで狙える最大級のターゲットを獲るために開発されたダイワ究極のソルトルアーゲーム用スピニングリール。既存のモデルにも採用されている防水・耐久テクノロジー「MAG SEALED(マグシールド)」に加え、新テクノロジーであるマグシールドボールベアリングをラインローラー部(1個)、ハンドル軸(2個)に装備。これにより防水性能、回転性能がこれまで以上に向上。初期の回転性能がより長期間維持される。またフルマシンカットのラジエーションドラグノブを標準装備し、ドラググリスを改良したことで、常に安定したドラグ性能を発揮。強さと軽さを兼ね備えたZAION製エアローターの採用で、ハンドルの初動が軽いのも特長。パワーだけでなく、オフショアゲームを快適に楽しめるようにダイワテクノロジーの粋を結集。ラインナップは、キャスティングでの大型ヒラマサやGT狙いに最適な5500Hとマグロを想定した8000Hの2種類。

■5500H
既存のソルティガ5000Hと共通のミディアムボディサイズながら、突然の大物のヒットにも対応するラインキャパを装備。PE6号が270m入るスプールは5000Hよりも大型化し、大型ヒラマサ、近海のマグロなどの大物ターゲットに対応。UTDハイパーチューン、ラジエーションドラグノブにより、大型魚の強烈なランにも対応する。軽いZAION製エアローターで、持ち重りが少なく、ルアーアクションが入れやすい特長も持つ。マグシールドボールベアリング、マグシールド、ハイパーデジギヤにより、あらゆる回転部分の初期状態を持続する進化したソルティガのニューフェイス。

■8000H
7000Hドッグファイトの上をいくソルティガ史上最大のラインキャパシティーを搭載したモデル。太糸PEを使用し、本気で100kgオーバーのマグロを狙うときが出番。新開発のドラググリスへの変更により、高負荷、長時間のファイトにも対応。またラジエーションドラグノブの採用で、大型マグロとの壮絶なファイトにおいても、ノブが溶ける等のトラブルを解消。さらにマグシールドによる防水性能の持続と、圧倒的な耐久性を誇るハイパーデジギヤが、モンスターとのファイトをサポート。夢のサイズを獲るためのモデルだ。

ダイワの防水・耐久テクノロジー「MAGSEALED(マグシールド)」
画像 釣りの近代史において最大の発明と称されるのがカーボンロッドとPEライン。この2つが生まれる前と後では釣りを取り巻く常識が激変した。この2大発明に匹敵するといわれているのが、ダイワの防水・耐久テクノロジー、「MAGSEALED(マグシールド)」。その進化はメインシャフト部に始まり、ラインローラーを経てついにボールベアリングにまで到達。リールは更なる防水性能を手に入れた。リールを脅かす水、塩、砂の回転軸からの侵入を磁性流体マグオイルが阻止。ベアリングは滑らかさを保ち、過酷な環境でもザラつくことなく動き続ける。初期の優れた回転性能が長期間維持されるので、アングラーはストレスなく釣りに集中できるのだ。

「ボールベアリングを徹底して防水化する」。この長年の構想が実現するまでの道のりは、平坦なものではなかった。大きなハードルとなったのは、磁性流体を留めるための磁石という素材を扱うことの難しさ。小指の先ほどの直径しかないベアリングの内部には小さな磁石しか収まらない。だが、小さければ磁力は弱くなり、磁石自体ももろくなる。開発陣は、磁石の形状や極板との位置関係を徹底的に検討。数え切れない試作を重ねた末に、ついにボールベアリングのマグシールド化に成功した。この完成したマグシールドボールベアリングは、開発陣も驚嘆するポテンシャルを備えていた。社内の過酷な試験を重ねても、回転の滑らかさは試験前とほとんど変わらなかったのである。
画像

「ボールベアリングの初期性能が長期間維持され、本来の寿命を全うする。」

マグシールドボールベアリングの最大のメリットは、塩ガミ、錆び、異音を大幅に解消し、初期性能を長期間に渡り維持すること。リール用に限らず、およそあらゆるボールベアリングは一定期間使用すれば、ボールの摩耗により回転性能が劣化する。しかし、従来のリール用ボールベアリングは、ボールが摩耗する前に塩ガミや錆びにより使い物にならなくなることが多々あった。これがマグシールドで一変する。メンテナンスをしなくても、ボールベアリングが「本来の寿命」を全うするようになるのだ。また、マグシールドボールベアリングは、内輪と極板とのわずかなすき間をマグオイルが埋める非接触構造なので、もともと回転抵抗が非常に小さい。防水のために内部にゴムパッキンを使用しているベアリングと比べたとき、その回転フィーリングの違いは明らかだ。限りなく摩擦ゼロのスムーズな回転が、特別な手入れをしなくても長く保たれる。これがどれほど画期的なことであるかは言うまでもないだろう。

マグシールドボールベアリングは、シビアに釣果を求めるトップアングラーのためだけの技術ではない。新品の気持ちの良い性能をいつまでも味わいたいと願うすべてのアングラーに福音をもたらすものだ。改善や改良というレベルを超えた真のイノベーション、それがマグシールドボールベアリング。宇宙工学のシールド技術を応用し、ミクロの不純物までも遮断した防水耐久性の完成形へ、ダイワリールは今、大きな一歩を踏み出した。
その他の機能・仕様
■スーパーメタルボディ
スーパーメタルに独自の超精密マシンカット技術を施し、初代ソルティガより約4倍の精度アップを実現。傷がつきやすいリア部には強度に優れた水抜き穴付きステンレスリアキャップを搭載。
■ZAIONエアローター
「ZAION」は高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂で、軽く・強く・さらに腐食に強いという特性を持つ。重量比強度でマグネシウムを上回るという、不可能を可能にした素材。またエアローター独特のアーチ形状は負荷が全体に分散するため、従来の台型形状と比較して軽量化が可能になる。こうして強度・バランス・重量を突き詰めて完成したのがZAIONエアローター。その軽さと強度はルアーアクション時のレスポンスの良さにも大きく寄与している。
■カーボンハイブリッドスプール・ABSII
『アンチバックラッシュシステム』略してABSは、ラインがトラブルなく放出され、飛距離が伸びるスプール構造。巻き取り面を逆テーパーにすることで、スプール前方のラインが押し出されにくくなり、バックラッシュを始めとしたライントラブルが激減。今や常識でもある大口径スプールは、巻き取りスピードとドラグ性能の向上にも寄与している。進化版のABSIIは、スプールエッジの形状を見直すことで、さらなるロングキャストを実現。
■アルミマシンカットハンドル・アルミラウンドノブ
アルミラウンドノブは、メタル素材ながら中空構造の採用により、従来品より10%以上の軽量化を達成。また、防水パッキンが内蔵されているので海水の浸入を許さず、内蔵されているBBの錆による固着を防いでいる。握りこみやすさに重きを置いたこだわりのラウンド形状は、力の伝達に優れ、快適なリーリングをサポートする。人間工学の追求における終着点を見たと言っても過言ではない。
■ハイパーデジギヤ
歯面の形状をコンピュータ解析により根本的に見直し、ピニオンとの理想の噛み合わせを実現。ミクロの誤差をも許さない製法が生み出したハイパーデジギヤ。素材にはジュラルミンの1.6倍の強度を持つC6191を一回り大口径化したことで、ギヤの強度、耐久性は飛躍的に向上。従来では考えられなかったそのパワー、巻き心地の快感は、それまでの常識を完全に覆す。
■ATD(タフ)
密に織り込んだカーボンワッシャーに、従来より粘りのあるドラググリスを含浸。繊細なドラグ設定を可能にし、10kg以上の高いドラグ値でも安定したドラグ性能を発揮。長時間のドラグを使ったやりとりにも対応する。
※UTDハイパーチューンはATD(タフ)へ統一、呼称変更致しました。
■ラジエーションドラグノブ
放熱性に優れたオールアルミマシンカットのドラグノブ。高いドラグ値に設定しながら、強烈な大型魚の引きでラインが出されるような状況においても、熱を逃がし、ノブが溶けるトラブルを回避。大型魚とのファイトを想定したドラグノブ。
■パーフェクトダブルストッパー
通常のストッパーに加え、メカ式ストッパーを搭載。高い耐久性を有し、万一インフィニットストッパーが作動しなくてももう一つのメカ式ストッパーが作動して逆転を防ぐセーフティ機能。
機能・仕様 特徴
アルミマシンカットハンドル 剛性が高く安定した巻上げ感をもたらすアルミマシンカットハンドル。
リニアシャフト ピニオンギヤとメインシャフトを非接触式にすることで摩擦によるパワーロスを解消し、高負荷時にも軽い回転を実現。
クロスラップ 巻き糸角度の大きい綾巻き方式を採用することで、スプール巻糸部へのラインの食い込みや糸のズレを防ぐためにクロスして巻き取る方式。特に細糸やPEラインを使用した場合にライントラブルの減少が顕著であり、同時に心地よい飛びを実現。
エアベール 糸がラインローラーまで流れるように送り出されるベール形状により、糸絡みトラブルが激減。さらに中空構造にすることで重量を変えずに大幅な強度アップを実現。
ツイストバスターII ラインローラーにテーパーをかけて糸を転がす事により、ローラー回転で発生する糸ヨレを相殺。スピニングリールの宿命といわれた糸ヨレを大幅に解消してライントラブルを激減させ、快適な釣りをサポートする構造。
ローターブレーキ ベールオープン時にローターの回転にブレーキをかけることにより、キャスト時のショックでハンドルが動くことによる不意のベール返りを防止する機構。
CRBB 従来のCRBBよりさらに耐久性が向上。ノーマルBB・CRBB・新型CRBBを適材適所に使い分けることでリールのポテンシャルが向上。
シャワー洗浄可 流水による水洗いが可能。(洗浄後は取扱説明書に沿ったメンテナンスが必要です)
テスターインプレッション ― 村越正海
「マグシールドは信頼しているよ。開発時から今まで使用し続けているけど、本当に素晴らしい機能だね。」

マグシールド構造による耐久性の良さは実証済みだね。今まで10 SALTIGAを使用してきたけど、リール内部への海水の浸入でトラブルは無かった。さらに今回、新しいテクノロジーのマグシールドボールベアリングが搭載されていることによって、耐久性についてはさらなる高みに達したって感じかな。また今回、5500H、8000Hを実釣で使ってみて特に驚いたことは、回転性能がより滑らかになっていることだね。これはハンドル軸部、ラインローラー部がマグシールド化してゴムパッキンが不要になって抵抗がなくなったからだ。マグシールドの進化は止まらないね。
ソルティガ エクスペディション
品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル
1回転)
ギヤ比 標準
自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE
(号-m)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング
(ボール/ローラー)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
5500H 124 5.7 635 15 5-350
6-270
75 13/1 107,000 948272
8000H 144 5.7 875 30 6-540
8-400
10-300
85 13/1 122,000 948289
※巻糸量のPE号-m表示はUVFソルティガ8ブレイド+Siを使用。
※ベールリターン方式はマニュアル。
ソルティガ他モデルとのスプール互換性について

■5500H:10ソルティガの4500、5000、02ソルティガ・Z4000、4500のスプールとの互換性あり。
■8000H:10ソルティガの6000、6500、7000、02ソルティガ・Z5000、6000、6500のスプールとの互換性あり。

付属品
■クロロプレーン製リールバッグ
■スプールバンド
■シリアルナンバー
■調整ワッシャー