none
HOME > 製品情報 > リール > ベイトリール・両軸リール(ルアー用) > ソルトウォーター対応 > ソルティガ(ベイトキャスティングモデル)
SALTIGA (BAITCASTING MODEL)
ソルティガ(ベイトキャスティングモデル)
ハンドルノブL交換可
ソルト対応
画像
画像
10H
35N
画像
画像
15H-SJ
35N-SJ
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
マグシールドボールベアリング搭載、大型魚に余裕で対応する堅牢ジギングベイトリール
耐久性の高さで人気を博した「ソルティガZ」の待望の後継機。精密でパワフルなオールマシンカットアルミボディ、ピニオン部にはマグシールドボールベアリングを搭載し、メインギヤにはハイパーデジギヤを採用して耐久性がさらに向上。フィールドでのテストを幾度となく行い、アングラーが持ちやすくサミングしやすい形状、パーツを徹底的に追求し、操作性と高剛性を両立。最も塩ガミによるダメージを受けることが多かったピ二オン部にはマグシールドボールベアリングを採用することで、高い耐久性を備えている。さらにボディには水抜き穴を各所に設けており、入ってきた水をどんどん放出できる構造になっている。ドラグはスムーズに作動し、使用し続けてもドラグ値の低下が少ないATD(オートマチックドラグシステム)を装備。またスプールロック機能、スプール簡単交換が可能なボディなど、オフショアに本気なユーザーの要望に応える機能を随所に搭載しており、あらゆる状況で自由自在に使い倒せる。巻取り長さ100cmのハイスピードモデルや左ハンドルモデル、PE4号-300m巻きの大型タイプもラインナップ。オフショアジギングでありとあらゆるターゲットを相手に使い倒せるタフマシン、これぞダイワの「ソルティガ」。

DAIWA TECHNOLOGY

■マグシールド/マグシールドボールベアリング
「長く使える丈夫な性能」というのは、ダイワがリール開発における不変のテーマである。これを突き詰め、ダイワが2010年に生み出したテクノロジーが「マグシールド」。ソルトウォーターシーンで使用するリールにおいて、購入時の滑らかな回転性能を維持するということは、リールを開発していくなかで常に目指してきた課題であった。ソルトウォーターで使用するモデルは回転部分への海水による塩の侵入があるため、快適に使い続けることがメンテナンスなくしては難しかった。それを解決するためにダイワはマグオイルという磁気に反応する素材を使用し、海水や異物の侵入を避けたい部分にマグネットを配してマグオイルで膜を作る技術を生み出した。これにより高い回転性能を維持しつつ防水、防塵を可能にした。

ベイトリールの構造上、スプールとボディの隙間から海水の浸入は避けられず、最も塩ガミの影響を受けてしまうのがピニオンギヤ部のボールベアリング。このパーツにマグシールドの技術を適用して誕生したのが「マグシールドボールベアリング」。これにより回転性能を損なわず、メンテナンス不要のボールベアリングをダイワが世界で初めて誕生させた。ここにボールベアリングの回転低下問題に終止符がうたれた。“TOUGH&POWERFUL”のコンセプトにふさわしい耐久性を備えたソルティガは、ブリやヒラマサ・良型マダイ、そしてさらなるジギングターゲットにますます活躍するだろう。

機能・仕様一覧
■ATD(オートマチックドラグシステム)
魚の引きに合わせてスムーズに作動し、滑らかに効き続ける新世代のドラグシステム。ソルティガベイトリールのATDは、設定したドラグ値がファイト中に低下しにくいセッティングを施したもの。ソルティガベイトリールは、大型魚とのドラグをフルに使ったファイトが想定される。しかし長時間のドラグを効かせたファイトではドラグ値が低下することがある。そこでドラグ値の低下が少ない独自のセッティングを施すことで、ドラグ値を気にすることなくファイトに集中できる。またドラグ引き出しクリック付きのため、音が出ることでラインの放出やそのスピードが瞬時に判断でき、それに応じたファイトを展開することが可能となる。
■スプールロック機能
ボディ側面のレバーをONにすることで、スプールの回転を止める「スプールロック」機能を搭載。これは今までのベイトリールでユーザーからの要望が非常に多かった機能である。ジギングにおいて根掛かりをしてなかなか外れないとき、最終的にはラインを出さないようにして無理やり外さなくてはならない状況がある。そんな時にベイトリールはその構造からスプールを指で押さえてラインを出さないようにするが、これが時として困難である。そこでスプールロック機能が活躍。瞬時にスプールを固定して対応でき、根掛かりによりスムーズに対処できるようになった。
画像■大口径ハイパーデジギヤ
歯面の形状をデジタル解析により根本的に見直し、ピニオンとの理想の噛み合わせを実現。ミクロの誤差をも許さない製法が生み出したハイパーデジギヤが滑らかかつパワフルな巻き上げを可能にする。
画像■高剛性オールマシンカットスーパーメタルハウジング
操作性と高剛性の両立を目指したアルミマシンカットのフレーム・サイドプレート一体の新型ボディ。あらゆる持ち方を検証し、握りこみやすさ・快適なホールディング感を追求。
画像■スプール簡単交換
ラフな使用下でもゆるみにくい六角ビスによる3点支持構造。不意の高切れにも対応できるよう、簡単にスプールが交換できる構造を実現。ボディカバー側のビス3本を外すとボディカバーが取り外せる。
画像■クランクタイプコンバーチブルロングハンドルアーム
ハンドル長さを切り替え可能。
画像■ノーマルタイプは濡れた手でも滑りにくくしっかり握り込めるEVA大型ラウンドノブ(パワーライトLノブ)を搭載。
15H/HL-SJ、35N-SJ=スロージギング対応モデル
画像 ■「SJ(=SLOW JIGGING)」モデルは、ハンドル1回転の巻取り長さをスロージギングに最適な100cm前後に設定。スローでの操作性を重視してハンドルは通常モデルよりも長い85mm-95mmのロングハンドルにがっちり握れるアルミT型ノブ、またドラグ・クラッチを頻繁に操作するため通常モデルよりも大きいサイズのスタードラグとクラッチバーを搭載。

※「35N」の35はスプール径、Nは「NARROW」を意味する。
スプール交換方法を動画で解説
村越正海が感じたベイトリール
「小型ベイト&細糸で更なる大物を・・・」
【全てにおいて機能がアップ】

開発者最初に手にした時の感想をお聞かせください。
村越左手でパーミングするとき、当たるところがあってちょっと痛かった。それから、ドラグが逆転する際のクリック音が大きすぎるように感じた。その後釣り場で聞いたときには、それほど気にならなかったけどね。
開発者手に当たる部分は、形状を修正して滑らかにしました。クリック音は、ドラグ構成の一番下の部分で振動させているのですが、実釣テスト後に調整しました。スプール逆転時の音は小さめですが、ハンドルを握っている手で振動を感じられるため、ドラグが滑っていることを把握できる仕組みです。あと、ドラグについてのご意見もお聞かせください。かなり締め込んでお使いいただいているようですが…。
村越僕は今まで、ベイジギングリールであるが耐久性があることから、リョウガBJ2025にPE2号を目いっぱい巻き込んで大型魚に挑んだりしていた。その時のドラグ設定は、概ね5kgにしている。素手でドラグを締めるだけ締めると、だいたい5kgになるからね。ただベイジギングではそのドラグで十分だが、大物釣りで大型魚が掛かった場合は、そのテンションでは簡単に滑ってしまうことがあった。そこで親指をスプールに押し当ててブレーキをかけるんだけど、力の入れ具合が難しい。今回のソルティガは、どれぐらいの設定ができるの?
開発者ソルティガはヘビージギングを想定しているため、強いドラグ設定が可能です。手で締め込んで7kgってところでしょうか。
村越素手で7kg設定ができるのはありがたいね。であれば、もっと大きな魚が狙えるようになるね。指ドラグを使わずに、ドラグに頼りっ放しで大型魚と戦えるってことかな。
開発者今回のドラグは、5kg設定から4ピッチ緩めると、4.9~4.5kg程度になります。リールによっては4ピッチで1.5kg以上落ちるものもあります。ソルティガは細かい調整が可能になっています。
村越細い糸で大きい魚を釣ろうと思ったら、ラインをスムーズに放出できるベイトリールが有利なんだけど、リョウガBJ2025が出てから、安心して細糸で大型魚に挑めるようになった。そして、さらにパワーを備えたソルティガが出た。
開発者使った感じはどうでしたか?
村越以前からリョウガBJと組み合わせていたロッドにセットして、ヒラマサやブリを釣ってみたんだけど、違和感はまるでなかったよ。違和感がなかったのは、リールが使いやすい証拠だよね。リョウガはベイジギングや近海の魚、ソルティガはヘビージギングや近海から遠征の大物にと選べるようになったね。

ソルティガ(ベイトキャスティングモデル)
アイテム 巻取り
長さ
(cm)
ギヤー
標準
自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE
(号-m)
ハンドル
長さ
(mm)
ベアリング
(ボール/
ローラー)
価格
(円)
JAN
コード
10 80 5.1 405 9 1-500, 1.5-400,
2-300, 2.5-250,
3-200
75-85 8/1 44,400 998574**
10H 100 6.4 405 8 1-500, 1.5-400,
2-300, 2.5-250,
3-200
75-85 8/1 44,400 998581**
10HL 100 6.4 405 8 1-500, 1.5-400,
2-300, 2.5-250,
3-200
75-85 8/1 44,400 998598**
15 80 5.1 405 9 1-800, 1.5-600,
2-500, 2.5-400,
3-300
75-85 8/1 44,400 998604**
15H 100 6.4 405 8 1-800, 1.5-600,
2-500, 2.5-400,
3-300
75-85 8/1 44,400 998611**
15HL 100 6.4 405 8 1-800, 1.5-600,
2-500, 2.5-400,
3-300
75-85 8/1 44,400 998628**
15H-SJ 100 6.4 460 8 1-800, 1.5-600,
2-500, 2.5-400,
3-300
85-95 8/1 49,000 998635**
15HL-SJ 100 6.4 460 8 1-800, 1.5-600,
2-500, 2.5-400,
3-300
85-95 8/1 49,000 998642**
35N 96 5.1 550 10 3-400, 4-300,
5-250
85-95 8/1 52,000 998659**
35NH 119 6.4 550 10 3-400, 4-300,
5-250
85-95 8/1 52,000 998666**
35N-SJ 96 5.1 600 10 2-700, 3-400,
4-300
85-95 8/1 57,000 998673**
■巻取り長さはハンドル1回転あたりの長さです。
■巻糸量のPE号-m表示はベイジギングセンサー+Si/棚センサーブライトを使用。
■価格はメーカー希望本体価格(税抜)です。
■ロッドに装着する際は、リールシートにリールフットがしっかり嵌合するロッドをご使用ください。またリールシートをしっかりと締めこんでご使用ください。
SLP WORKS
画像
■SLPW HEXドライバー
スプール交換時など、サイドカバーを固定している3箇所の六角ビス(2.5mm)を緩めるために最適な六角レンチ。
詳細はこちらをクリック