none
HOME > 製品情報 > リール > 電動リール > 電動リール > 300サイズ(PE4号300m) > シーボーグ 300MJ
SEABORG 300MJ
シーボーグ 300MJ
ハンドルノブL交換可
画像
画像
300MJ-L
300MJ
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
メガパワー&メガスピードでワンランク上のターゲットを狙い撃つ
画像 JOGパワーレバーを搭載して電動リールの歴史に名を刻んだ元祖「シーボーグ300MJ」が、ダイワの最新テクノロジーを身にまとって新たな旋風を巻き起こす。特徴はワンハンド快適操作「JOGパワーレバー」、防水・耐久テクノロジー「マグシールドボールベアリング」、パワフルな巻き上げを生み出す「MAGMAXモーター」、パワーとスピードの切り替えで1台2役の「メガツイン・プロ」。幾多ものフィールドでの実釣により導き出された答えが集約された最新機能は、船釣り師の夢をかなえる強い味方。近海のターゲットはもちろん、夢の大物まで手中に収めるポテンシャルを秘めたサイバー電動REAL MONSTER。
DAIWA TECHNOLOGY
画像
画像
画像
【クラッチOFF】
【クラッチON】
【JOG巻き上げ】

■JOGパワーレバー ― JOGでしかできない釣りがある。
ダイワが業界で先駆けて実用化した「JOGパワーレバー」。従来はリール本体の右上にあったパワーレバーをセンターに配置し、形状も直感的に操作しやすいダイヤルタイプを採用。これによりクラッチのオンオフ・タナを切る・タナを取り直す・合わせる・巻き上げるなど、実に様々な操作がロッドを握った手の親指1本で行えるようになった。ロッドを握れば親指は自然にリールボディ上部に添えられる形となるので、人間工学的にも無理がない配置・形状である。空いた方の手は完全にレバー操作から解放され、ロッドの持ち替えでもたつくこともない。JOGパワーレバーを使いこなし、これまで以上に軽快にターゲットとの駆け引きを楽しんで頂きたい。

■マグシールドボールベアリング
マグシールドとは、磁性流体「マグオイル」の強固な膜により外部からの水・異物の侵入をブロックするダイワ独自のテクノロジー。最大のメリットは、ボールベアリングの塩ガミ、錆び、異音を大幅に解消し、初期性能を長期間に渡り維持すること。最も潮ガミしやすくメンテナンスが困難なサイドプレート側スプールシャフト軸にマグシールドボールベアリングを採用。ボールベアリングが本来の寿命をまっとうするようになり、滑らかな初期の回転性能が長期間維持される。シビアに釣果を求めるトップアングラーに限らず、新品の気持ちの良い性能をいつまでも味わいたいと願うすべてのアングラーに利益をもたらす真のイノベーション、それがマグシールドボールベアリング。ミクロの不純物までも遮断した防水・耐久の完成形へ、ダイワのリールはまた大きな一歩を踏み出した。
■ATD(オートマチックドラグシステム)
「オートマチック」の名の通り、魚の引きに合わせてスムーズに作動し、滑らかに変化しながら効き続ける新世代のドラグシステム。スティック(ムラ)のない滑らかさに加え、大型青物とのやり取りも想定し、ファイト中のドラグ力低下を抑制する独自のセッティングが施されている。
■メガツイン・プロ
メガツイン機構は、Hiギヤ・Loギヤの切換えによりスピードとパワーを両立できる電動リール。進化したメガツイン・プロはスピード・パワーの切換えをアングラー自身で行えるので、仕掛け回収などの時はスピードモードで効率よく手返しを行い、魚とのファイトではパワーモードで大型魚相手でも圧倒的な巻き上げ力を発揮。また、「メガツイン・プロ」はギヤ切り替え時の変速ショックが少なくスムーズなギヤチェンジを実現。アングラーの思うがままに小型の電動で大物を捕ることができるダイワ電動リールだけの変速システム。
画像■MAGMAXモーター
モーターシステムの根幹を成すのはパワーを生み出す元となる磁石。ダイワが採用した「特殊ネオジウム磁石」は負荷の少ない低回転時にも十分に高いトルクを生み出すことのできる理想的な磁石。大型青物の強烈な走りや大ダイの突っ込みにも負けないタフさ、スルメイカの多点掛けをも楽々巻き上げてくるパワーを誇る。もちろん「スロー巻き上げ」や「ゆっくり船べり停止」といった繊細な出力調整もお手のもの。また、レスポンスの良いブラシモーターゆえ瞬発力に優れており、巻き上げ操作は釣り人の思うがまま。ダイワ電動リール専用のカスタムモーターである。
画像■マグマイト構造&FF構造
電動リール内の限られたスペースをフル活用してモーターのパワーを最大限に引き出すマグマイト構造。小さなスペースで最大限のパワーとスピードアップを実現。またモーターの冷却効果がアップし、さらなるモーター駆動効率アップにも寄与。モーターをスプールの前方に配置することでリールをロープロファイルに設計し、持ちやすく使いやすくするFF構造。またモ-ターとスプールの間にレベルワインドを配置してさらにコンパクト化を達成。
画像■シンクロレベルワインド
仕掛け落下時、巻き上げ時共にスプール回転に応じて、レベルワインド(ラインガイド)の左右往復運動が連動する機構。きれいな糸巻き状態をキープし、スムーズかつ高速の仕掛け落下を実現。また、ドラグの引き出しもスムーズ。(※画像は本製品とは異なりますが、機能は同一です)
■大型アルミラウンドノブ
ガッチリ握れる大型アルミラウンドノブを標準装備。船べりでの取り込み時など、手巻きが重要となる場面でしっかり巻き上げることができる。アルミ製のためコマセなどの汚れも落としやすい。

機能・仕様 特徴
■アルミダイキャストボディ 剛性が高く、変形の少ないアルミボディ素材がモーターをはじめとする駆動セクションをしっかりと受け止め、パワフルなファイトをサポートする。
■インフィニット 手巻きのガタツキをなくし、手巻きリールのようなスムーズな巻き心地をもたらす機構。
■一定速度巻上げモード リールにかかる負荷に関係なく、設定したスピードで巻き上げることでバラシを防ぐ機能。
■電動スロー巻上げ 32段階の巻上げスピードのうち、低速の1~5のスピードを超スローに設定。
■表示補正機能 カウンター表示が糸色に対してずれてきた時に実釣中に簡単に補正できる機能。
■上から/
底からカウンター
上からも底からも水深が測れるのでどんな状況・釣り物でも正確なタナ取りができる。
■チョイ巻きスイッチ タナ取りや糸フケを取る時などにスイッチを押すだけで設定したスピードで巻き上げるチョイ巻き機能。チョイ止めスイッチも併用。
■名人シャクリ/
シャクリスイッチ
電動リールに誘いをさせる便利な機能。シャクリの幅・待ち時間・範囲が自由に設定できて思いのままの攻略が可能。
■コマセタイマー&
コマセタイマー巻上げ
仕掛けを投入してから回収するまでの時間をセットでき、的確な手返しが可能。タイマー表示機能で仕掛けの投入時間を正確に把握できる。
■巻上げ速度実測値表示 実際の巻上げ速度を表示する機能。巻上げ時のスピードの目安として役立つ。
■選べる船べり停止 電動巻き上げ時、設定した長さまで巻き上げたら自動的に巻き上げが停止する機能。取り込みに便利な長さに設定すれば手返し効率倍増、ロッド破損の主な原因である巻き込みの防止にも役立つ。
■ゆっくり船べり停止 電動巻上げが船べりで停止する際にゆっくり停まることで衝撃によるバラシを防ぐ機能。
■糸送り機構 仕掛け落下時にモーターギヤが逆転し、糸を出すスプールの回転を補助する機能。ウルトラスプールフリーとのコンビネーションで、いち早く仕掛けを落下させたい釣りに効果的。
■ウォッシャブル 中性洗剤による水洗いが可能(ただし水没させての洗浄や温水は厳禁)。
■アラームON・OFF アラーム・スイッチ音のON・OFF切り替えが可能。
■メモリーバックアップ機能 モードで設定した内容を次回の釣行時も記憶させるバックアップ機能。

■脱落防止スプールフリー調整ダイヤル
REAL MONSTER ― 2つのメガが世界を変える。
「メガパワーとATDで主導権はいつもアングラーの手中にある。意のままに操り、意のままに力でねじ伏せる。真価を発揮するのは10kgオーバーのビッグワンだ。」― フィールドテスター 田渕 雅生

「300番クラスの電動リールでヤリイカを狙うようになったのだってまだそれほど経っていないのに、同じ300番で泳がせ釣りもこなせるようになったのは、やはりパワーによるところが大きいですね。メガツインプロのパワーモードはブリクラスでも簡単に上がってきます。シーボーグ300MJはイカの泳がせ釣りをこなせる、というより、パワーでは遥か上をゆく電動リールです。正直、6~7kg級のブリでは物足りなく感じるくらい、それほどパワーに余裕があるんです」

スピードモードとパワーモードをスイッチひとつで切り替えられるメガツイン機構は、電動巻き上げ中でもスムーズなギアチェンジが可能で、状況変化にも瞬時に対応できる仕様だ。
画像
画像「小型電動」クラスにカテゴライズされる300番だが、シーボーグ300MJはワンクラス上の電動リールに迫るどころか、それをも凌駕するパワーと性能を兼ね備えている。パワーソースとなる心臓部には、マグマックスモーターとマグマイト構造を採用し、最大巻上力64kgを誇るモンスターパワーを生み出す。

「ドラグ力は13kgとアップしています。今回はヤリイカの泳がせ釣りでしたが、落とし込み釣りなどにもマッチしたリールです。10kgクラスのヒラマサが掛かったときに、このリールは真価を発揮します。10kgオーバーの青物とやりあうときは巻き上げパワーだけでなく強力なドラグが必要ですが、ATD(オートマチックドラグシステム)がシルキーに滑らかに効くので、想定以上の大型が掛かっても慌てることなくやり取りできるんです。」

これだけのハイパワーを備えながら、ウエイトは685gとワンハンドの操作も可能なライトウエイト仕様。JOGパワーレバーで、巻き上げスピードも親指1本で自由自在。ムダな動きなくやり取りのみに集中できる。シーボーグ300MJは、300番クラスの常識をぶち破る、まさに「リアルモンスター」の名にふさわしいモデルだ。


画像 「メガスピードは船上と海底の距離さえも縮めた。スピードとJOGパワーレバーでターゲットをロックオン!もう、狙った獲物は逃さない。」
― フィールドテスター 北本 茂照

「イカ釣りの電動リールにパワーが必要なのは当然のことですが、現代のイカ釣りには素早い仕掛けの落下スピードもパワー同様に求められる重要な要素です。特に群れの移動が早いスピーディな展開のときには不可欠です。シーボーグ300MJはメガセンサー12ブレイド3号との組み合わせで、圧倒的有利なイカ釣りを展開できます」と、北本茂照は言う。イカ釣りファンの誰もが思う願いを叶えてくれる電動リール、それがシーボーグ300MJだ。

魚群探知機やソナーで捉えた群れ目がけて仕掛けは落下していく。ある程度イカの動きを予測して投入の合図があるものの、仕掛けの落下中にイカが移動してしまうことも多い。「イカの足が速くて間に合わない」という展開だ。早く落としたものだけが恩恵を得られることも多いイカ釣りにおいて、仕掛けの落下スピードが速いというのは、時に絶大にして最大の武器ともなるのだ。
画像「ウルトラスプールフリーとシンクロレベルワインドで群れを狙い打つ高速落下スピードを実現しています。テクニックも必要ですが、群れにいち早く遭遇するということはイカ釣りにおいて一番重要なファクターなんです」

そしてマグシールドボールベアリングによって、劣化することなく安定した落下性能をキープし続ける。メガツインのスピードモードとともに手返しスピードも向上する。

「着底した瞬間はチャンスタイムです。糸フケを取るのと同時にアタリが出ることが多くあります。JOGパワーレバーの操作で素早く糸フケを取るのと同時に竿先を注視できるので、最初のアタリを見逃すこともありません。つまりチャンスを確実にモノにできるんです」

現在のイカ釣りはアタリがあったらアワセを入れる傾向にあるが、これもJOGパワーレバーだからこそのアドバンテージである。ロッドがどんな角度でアタっても、瞬時にJOGアワセできるのが強み。これで確実に掛けていける。大型ヤリイカのパーフェクトはもちろん大型スルメイカの多点掛けも余裕のハイパワー。新時代のイカ釣りを切り拓く。
シーボーグ 300MJ
アイテム 標準
自重
(g)
ギヤー
最大
ドラグ力
(kg)
標準
巻糸量
ブライト
(号-m)
標準
巻糸量
ナイロン
(号-m)
CRBB
/総BB
最大
巻上力
(kg)
常用
巻上速度
1kg負荷時
(m/分)
JAFS
基準
巻上力
(kg)
JAFS
基準
巻上速度
(m/分)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
300MJ-L 685 4.4 13 3-400
4-300
5-280
6-200
7/21 64
(71)
Hi 173
(192)
Lo 119
(132)
20 Hi 210
Lo 145
112,000 038591*
300MJ 685 4.4 13 3-400
4-300
5-280
6-200
7/21 64
(71)
Hi 173
(192)
Lo 119
(132)
20 Hi 210
Lo 145
112,000 038621*
※表内の( )内の数値はスーパーリチウムを使用した場合の概算値です。
※巻糸量は目安であり、メーカー・アイテム・テンションにより異なります。

< 入力時のご注意 >
マグマイト構造はモーター出力の強化、モーターの放熱効果アップを図る構造です。結果として入力時のように通常より長時間巻き続ける場合には以下の点にご注意ください。
  1:道糸入力時にフレームが熱くなりやすいのでご注意ください。
  2:安全のためフレーム(モーター部)に濡れタオルなどを当てて巻き、熱にご注意ください。

付属品
  • リールバッグ
  • 糸通しピン
  • スタンドカバー
  • 日本語シール
  • スーパーパワーコード(ブラック)

※ロッドクランプ(別売)はオプションにて装着可能。

用語解説
最大巻上力 電源電圧13V、軸トルクによる参考値。(メガツイン機構の場合はパワーレンジ)
※kg=Kgf・cm(スペックを表記する際には簡略形にて表記しています。) ⇒ 詳しくはこちら
常用巻上速度 電源電圧13V、1Kg負荷時の100m巻上速度の平均。
JAFS基準巻上力 日本釣用品工業会規格による電源電圧13Vにおける測定値。
スプール外周径における瞬間最大巻上力。(メガツイン機構の場合はパワーレンジ)
JAFS基準巻上速度 日本釣用品工業会規格による電源電圧13Vにおける測定値。
スプール外周径における無負荷時の巻上速度。

※「JAFS基準」= 日本釣用品工業会が定める釣り用品の標準規格。⇒ 詳しくはこちら

電源について

ダイワの電動リールは、直流(DC)12V対応です。指定外の電源、たとえば家庭用の交流100V、船装備の直流24Vなどでは使えません。また船電源は発電機や配線の関係で電圧が不安定になりやすく、リールの保護回路が働いて回転が停止したり断続的になってしまうことがあります。リールの性能を十分に発揮させるため、ダイワ純正の電動リール用バッテリーをご使用ください。