none
検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ
お知らせ
スピニングリールに関するご使用上の注意


画像


1.
ストッパーレバー付リールでストッパーをOFFにして釣っていたり、ワンウェイクラッチ部に注油したりすると、ハンドル、ローターが逆転し、手にあたりけがをする恐れがあります。充分にご注意ください。また、キャスティング時には必ずストッパーをONにしてください。 OFFのままキャスティングをすると、ローターが高速回転し、手にあたりけがをする恐れがあります。
2.
回転しているとき、回転部に触れないでください。けがをする恐れがあります。
3.
糸が勢いよく出ている時は、糸をつかまないでください。糸で指を切ることがあります。

ご使用上の注意
1.
ベールを起こすのを忘れたり、ハンドルがベールの返りやすい位置にならないようにしてください。仕掛けが出て行かず、けがをする恐れがあります。
2.
根掛かりした時は、竿をあおらず糸を手に取って切るようにしてください。竿をあおると、竿折れの原因になります。(その際は、手袋やタオルで手を保護してください。)
3.
投げ釣りなどで、竿を砂浜に立てるとき、石突きを強く打ち込まないで下さい。ショックでリールの脚が折れる恐れがあります。
4.
リールを長時間収納するときは、水分を完全に切り、なるべく通風性のよい場所に保管してください。
5.
ドラグ付リールは、釣行後にドラグを緩めて保管して下さい。
ドラグをキツく締めたまま保管すると、ドラグワッシャーが潰れ、ドラグ性能が低下します。
6.
ドラグ付きリールで、遠投する際には、ドラグが滑ると糸で指を傷つける恐れがあります。必ずドラグをよく締め付けてから投げるようにしてください。
7.
落下などの強いショックがかかると、破損する場合がありますので、取り扱いにはご注意ください。
8.
使用糸の径の大小、糸巻き時の釣力の変化、作動クリアランスなどにより、表示巻き糸量、糸巻き状態に差異が生じることがあります。
9.
リールを釣り以外の目的で使用しないでください。
10.
リールの回転部にはグリスや油が付いてますので、服を汚さないように注意してください。