none
HOME > 製品情報 > リール > ベイトリール・両軸リール(ルアー用) > ソルトウォーター対応 > タトゥーラ SV TW
TATULA SV TW
タトゥーラ SV TW
2017.03 発売予定
ハンドルノブS交換可
ソルト対応
6.3R 7.3R 8.1R
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
2017年3月、伝説が幕を明ける。 DAIWAベイトの決定版、世界同時リリース
本場アメリカで実績を重ね、グローバルに活躍するTATULAにいよいよ「SV CONCEPT」 を搭載。コンパクトTWSとの組み合わせで抜群のキャスタビリティーを発揮しながらもバックラッシュの悩みはほぼゼロで、フィネス~ビッグベイトまで完全網羅。スーパーメタルフレーム、超々ジュラルミン製SVスプール採用、その性能と一切の妥協を許さない磨き上げられた外観にダイワの本気を感じてほしい。
US TOUGH MACHINE “TATULA” 3rd STAGE
“FOR THE WORLD”

SVとTWSが実現するベイトリールの未来基準

STEEZ SV TW、ジリオンSV TW…。
2016年、DAIWAが世に送り出したのは、超遠投性能とトラブルレスを同時に実現する、まさにベイトリールの未来基準というべき画期的モデルだった。T型大開口部はラインをストレスフリーに送り出し、驚くべき飛距離を達成するTWS。高速で立ち上がりながらも最適なスプール回転数を導き出しオーバーランを防ぐSV。例えるなら、複雑なシフトワークを要せず、リニアに反応するアクセル、トラブルを未然に防ぐABSブレーキを1つのシャーシに載せる優れたオートマティック車。STEEZ SV TWが走りに徹したレーシングマシンなら、ジリオンSV TWは荒野の走行にも抜け目のない走破性を発揮するラグジュアリーSUVといったところだろうか。各モデルは発売初年度、全国的に”納車待ち”の状態を導いたことはDAIWAも想定外の現象となった。

SVとTWSがもたらした相乗効果はそれだけではない。何より、これまで使い分けが必要だった軽量ルアーと重量級ルアーを1台のベイトリールが可能にした事実はユーザーにとって大きなアドバンテージとなった。ごく軽いネコリグや小型のシャッドプラグからビッグベイトまでを投げて巻くことができる事実。TWSが登場した5年前に誰がこの画期的なユーザビリティを想像しただろうか。ベイトリールのバーサタイル化の進化は確実にユーザー層を広げ、国内ではベイトフィネス専用機と双璧を成す存在へ成長を遂げるに至ったと言ってもいいだろう。

コンパクト化は、日本人だけが得るアドバンテージではない

2013年、SVは初代T3と先代STEEZに初搭載。いずれのモデルも優れたバーサタイル性を持ち合わせていたが、特にコアユーザーの間で注目を浴びていたのがT3 SVだった。フラップ開閉式の初代TWSとSVが初めてコラボされた同機の未体験なキャストフィールは、後世に続く名機を予感させた。同時にリリースされたSVスプールを既存モデルに載せ替えれば同様の効果を得られることも、SVの信頼度を高めるには十分だった。その年の夏、TWSは新たな形状へと変貌を遂げると共に、米国先行発売となった初代タトゥーラに搭載。クラッチONでT型開口部を前方へ押し出してキャスト態勢へ、OFFで後方へ退くや下部の狭小な溝がラインを捉え精密なリトリーブを実現。ターンアラウンド式の機構は瞬く間に、初代TWSを上回る定評を博すことになる。以降、タトゥーラの派生機種HDカスタムやHLC、2015年にはフルモデルチェンジとなったジリオンにも搭載。そして昨季登場の2モデルには、3代目となるコンパクトタイプTWSが搭載され、SVと共にその真価が世に認められるところになったのだ。

歴史を振り返れば、国内におけるタトゥーラの存在とは、実験機の意味合いで把握されがちだ。しかし、その実は常に世界戦略を見据えたモデルであることを忘れてはならない。リール市場として最も大きなマーケットである米国において、最も手にしやすいボリュームゾーンが200ドル以下の価格設定。国内では中級価格帯と見なされるが、その価格こそDAIWAが世界で戦うには最も重要な数字となる。また我が国が高度な技術の進歩によりどこよりも細径化されたラインを当然のように使用している事実も忘れてはならない。米国を始めとする世界の各国では日本表示16lb.×80mのラインキャパではまだ足りない。存分な糸巻き量の確保も早急な課題だった。

昨季、米国市場を俄かに活気付かせたのは、タトゥーラCTと呼ばれるコンパクトモデル。国内では一部仕様をグレードアップしたType-Rとして販売を開始したことを知るユーザーもいるだろう。メインフレームと共にスプール幅を狭小化してグリッピングしやすさを高めると共に、軽量化を図って操作性を大幅に向上。存分なラインキャパシティも確保して、価格も件のボリュームゾーン内。手のひらの大きな欧米アングラーとはいえ、やはりコンパクト感がもたらす軽快性は見逃せなかったのだろう。フルサイズリールがその手にマッチするのではなく、それでも使えるというだけだったことも印象付けた。そして2017年、次なるタトゥーラが目指したのは…。

TOUGH AIN’T ENOUGH タフなだけじゃ、世界に通用しない

2017年3月、『タトゥーラSV TW』が満を持して世界同時発売を迎える。「この価格でベストを尽くしたのがこのモデル」とDAIWAリール担当エンジニアは力説する。もはや鉄壁のベイトリールが完成したと言ってもいいだろう。駆動系は、上位機種のスピードシャフトとは異なり、スプール貫通のロングシャフト方式。通常、回転には不利とされるが、それを補っても余りあるφ33mmの超々ジュラルミン製SVスプールと3代目TWSを搭載して、優れた高回転性能からの遠投性能、そしてトラブルレスまでをも実現。スーパーメタルフレームの採用で手にした時の剛性感に優れ、80mmハンドルとSTEEZ SV TWと同様のハイグリップライトノブを搭載して安定した巻きと存分な感度をも身に付けた。何より注目に価するのは、その外観。光輝性を放つ塗装技術は、上位機種と遜色ない。誤解を恐れずに言うならば、昨季登場したジリオンSV TWに肉薄する高い機能と外観がそこに存在している。

「Amazing DAIWA!!」
世界を舞台とするUSツアーコンペティター達が驚きを隠せなかったのは、その軽快なスキッピング性能だった。メカニカルブレーキはゼロ設定で、20段階あるマグダイヤルを強めに締め込みサイドから鋭く振り込むや、ボートドック桟橋下の奥の奥へとルアーが水を切りながら滑り込む。ベイトリールの扱いに慣れた上級者が用いるテクニックが、SVとTWSがタトゥーラに搭載されることでごく簡単に、しかもトラブルなく行えることは世界を震撼させるはずだ。

「ラインの量を調節すれば、より軽い力で、より軽いルアーを、より高い精度でキャストが可能になる」 ― スキッピングの名手として知られる内山幸也は、PEライン4号をスプールエッジが見える程度に巻き、STEEZフロッグ及びポッパーフロッグの“Jr.”をシャローへと軽快に送り込む。「巻き過ぎはナンセンス」。バックラッシュを考慮してのソレは、意に反してトラブルを招き軽快性をも損なってしまうものなのだという。

「高価格なら当たり前。しかし、この価格帯では突出した高性能」 ― オカッパリの次世代若手エース・佐々木勝也はそのポテンシャルに驚きを隠せない。コンパクト化したボディがより確かな巻きに貢献することは間違いなく、TWSのみならずSVをも身に付けたタトゥーラは日本全国オカッパリオンリーで、ビッグベイトからライトリグまで全ての釣りをカバーする主力機となるだろう。

DAIWAベイトリールの使いやすさを全世界へ、ひとりでも多くの人に届けるべく世に産声を上げた『タトゥーラSV TW』。まさしく世界標準機。そんなキャッチフレーズが似合う存在だ。

仕様詳細
■TWS
STEEZおよびジリオンと同じく第3世代となるターンアラウンド式TWSを搭載。クラッチOFFで前傾するT型の大開口部から抵抗なくラインを放出。
■SVコンセプト
高回転時に飛び出すインダクトローターが本体マグネット部の磁界へ入り込む際、ルアーに応じて最適なブレーキ力を発揮。
■超々ジュラルミン スプール
超軽量かつ高精度なタトゥーラSV TW独自のφ33mm。TWSとの相乗効果で高速回転のままトラブルなく低弾道キャストやスキッピングを可能に。
■光輝塗装
コンパクトボディを纏う光輝塗装は、高級機と同等の塗装技術を採用するほどのこだわり。
DAIWA TECHNOLOGY
■TWS
TシェイプレベルワインドがクラッチON・OFFに応じて半回転する「ターンアラウンドスタイル」のTWSを採用。キャスティング時にはレベルワインドが前方に回転し、ラインはTシェイプレベルワインドの幅広部を通ってスムーズに放出される。リトリーブ時にはレベルワインドが後ろ方向に倒れる形で半回転し、レベルワインド下部の溝にラインが誘導され、タイトかつ平行に巻き取られる。飛距離アップ&トラブルフリーの特長はそのままに、タフさにもこだわる。
■SVコンセプト
従来通りのルアーが使える事は当然として、軽量ルアーをもストレスなく投げることができ、しかもスプール強度も犠牲にしない。それが次世代のバーサタイル。ダイワのベイトリールはマグネット式のブレーキシステムを採用している。長年の高い実績はもはや伝統とさえ呼べるが、他にはない大きなアドバンテージがあるからこその結果なのだ。十分な耐久性はもちろん、瞬時にブレーキ設定が可能な外部調整ダイヤル、天候に左右されない安定したブレーキ力。ピンスポット値に調整できない限り最高出力を発揮しない、また時に意図に反する出力を生む他のシステムとは大きく異なり、アングラーの思いのままに操作できることこそがマグネット方式のメリットなのだ。

マグネット式ブレーキならではの実戦メリットを最大限に引き出したSVは、最小限のマグダイヤルの調整だけで4g前後の軽量リグから重量級ルアーまでを文字通りストレスフリーで扱える。疲れにくく楽にキャストが決まるため、結果的に釣果アップも望める。スプールを交換したり、サイドプレートを開けたりして、セッティングに時間を掛ける事もない。現存するベイトリールの中でルアーの守備範囲が一番広いSVは、陸っぱりからボートまでスタイルやフィールドを選ばない。マグネット式ブレーキの有効性を極限まで高めたSVコンセプトは、まさにバーサタイルリールの新スタンダードなのである。

■SVコンセプトのメリット

軽量リグから重量級ルアーまで、ベイトの中で一番守備範囲が広いので・・・
  • 4インチストレートワームのネコリグからビッグベイトまで楽に扱える。
  • 身近なフィールド(野池・川・陸っぱり) で一番出番が多い。
  • 1台で色々なリグ、ロッドとのセットが可能になる。
  • スプール強度を犠牲にしていないため太糸でフィネスリグを使えて50cmアップでもゴボウ抜きできる。
バックラッシュが極めて少ないので・・・
  • ボート等近距離戦での高アキュラシー。 ポイントにズバズバ決まる。
  • スプール立上がりが素軽く、スキッピング・バックハンドなど変則キャストもバシバシ決まる。
  • ビッグベイトやスピナーベイト等、空気抵抗の大きく投げ難いルアーを気持ち良くキャストできる。
  • マグダイヤルだけで向かい風を恐れずキャスト可能。 むしろ悪条件下ではノーマル(マグフォースV、Z)より飛ぶ。
その他の機能・仕様
機能・仕様 特徴
エアブレーキシステム アキュラシー性能を大幅にアップさせつつ極めてバックラッシュが少ない、ストレスフリーな使い心地を実現したブレーキシステム。軽量インダクトローター構造と軽量スプールとの組み合わせでスプールユニットとしての回転レスポンスを大幅に向上。同時にオン&オフがハッキリした効きの良いマグブレーキとの相乗効果を狙ったセッティングでフルキャスト時にはしっかりブレーキが効くが、ピッチング等の低回転時にはインダクトローターが飛び出さず低弾道で撃ち込める。つまり、小さい力でもスプールがスパッと立ち上がり、力まなくても驚くほどルアーがよく飛び、逆に力みにより発生するバックラッシュゾーンに対してはきっちりブレーキを掛ける。結果、同ブレーキ設定で、ピッチングとキャスティングが高レベルで両立する快適さをもたらした。
UTD(アルティメットトーナメントドラグ) ドラグ効き始めの初期の食い付きを解消し、スティック(ムラ)のない滑らかさを実現したドラグシステム。
タフ&リジッドクラッチシステム 精密で耐久性に優れたクラッチシステム。
大径&ロングアームスタードラグ 中指でスタードラグを弾いてラインスラックを取る「ワンハンドフリップ」が行いやすい大口径&ロングアーム仕様。
ドラグ調整クリック ドラグを調整する際にクリック音を発する構造。
ハイグリップI型ライトノブ グリッピング力に優れた軽量I型ノブ。
CRBB数/総BB数 2/6
シャワー洗浄可 流水による水洗いが可能。(洗浄後は取扱説明書に沿ったメンテナンスが必要)
タトゥーラ SV TW
品名 巻取り長さ
(cm)
ギヤー比 自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準糸巻量
ナイロン
(lb-m)
ベアリング
(ボール/
ローラー)
ハンドル長さ
(mm)
メーカー希望
本体価格
(円)
JAN
コード
6.3R 65 6.3 200 5 16-40~80
14-45~90
6/1 80 25,900 197045
6.3L 65 6.3 200 5 16-40~80
14-45~90
6/1 80 25,900 197052
7.3R 74 7.3 200 5 16-40~80
14-45~90
6/1 80 25,900 197069
7.3L 74 7.3 200 5 16-40~80
14-45~90
6/1 80 25,900 197076
8.1R 83 8.1 200 5 16-40~80
14-45~90
6/1 80 25,900 197083
8.1L 83 8.1 200 5 16-40~80
14-45~90
6/1 80 25,900 197090
※巻き取り長さはハンドル1回転あたりの長さです。
※巻糸量のlb-m表示はTDライン(ナイロン)を使用。