none
検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ
HOME > 製品情報 > リール > ベイトリール・両軸リール(ルアー用) > 淡水専用 > SV ライト リミテッド
SV LIGHT LTD
SV ライト リミテッド
2018.03 デビュー
ハンドルノブS交換可
淡水専用
6.3R-TN 8.1L-TN

(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

並木敏成が提案する更なる進化を遂げたSVコンセプトの進化形。
並木敏成がSVコンセプトの新たな領域を自ら監修の元、提案する。初の小径φ32mmG1SVLIGHTスプールを搭載し、いかなる状況下においてもバーサタイル性能を発揮することはもちろん、フィネス専用機並みの快適さを実現。まさにSVコンセプトとベイトフィネス機を両立させた。並木敏成の新たな提案で釣り領域が更に広がる。まさにSVコンセプト第2章の始まりと言っても過言ではない。
AIRの領域に踏み込む
画像

現代の技術でSVを攻めたら、よりAIRに近づけるのではないか。

スピニングタックルで使用してきた軽量ルアーがベイトで心地よく扱えるAIRコンセプト。その登場はバスフィッシングの歴史を語る上でエポックメイキングな出来事だった。1/16oz.クラスのリグを軽快に弾き出すことをも可能にした超高性能スプールは、1ランク上のライン使いを可能にしてカバーフィッシングの領域を拡大したのは記憶に新しいところだ。
その後に登場したもう一方の雄、SVコンセプトの快進撃も見逃せない。5g前後の軽量ルアーから1oz.ビッグベイトまで対応幅を広げ、向かい風でもトラブルレスを実現する快適性。世代を経るごとにさらなる進化を続け、1台で全てをこなすアングラーに高い評価を得てきたのはもはや言うまでもないだろう。
「現代の技術でSVを攻めたら、よりAIRに近づけるのではないか」。
『SV meets AIR』。2018年、DAIWAが誇る2つの最新リールテクノロジーが今まさに向かい合うべき時が訪れた。並木敏成の提案がDAIWAリールの進化に新たなる一歩を踏ませたのだ。
「キャストフィールはAIR、スプール強度はSV。AIRの特性を維持しながら、SVのアドバンテージが欲しい」。
スプールはG1ジュラルミン製φ32mm。太糸20lb.の使用をも視野に入れ、フロロ8lb.を80m収納。AIRより30m増をマーク。
「4gからをAIR並みに快適に使える。従来の1.5倍のディスタンスで難なく撃ち抜けるのはプライオリティが高い」。
3.5〜5gジグや1/4oz.スピナーベイトなど、近年注目の"狭間"的なウェイトも自在に使え、AIRの領域に踏み込んだSV の進化。AIR派は1〜2ランク太糸と重いルアーへ、SV派はさらにフィネスへ。
ギヤー比は巻きの6.3と撃ちの8.1。今季発表する並木のライト級バーサタイルSTEEZマシンガンキャスト0.5との相性は抜群。またブリッツと組み合わせれば小型巻き物への対応力に特化し、ハリアーならカバーフィッシングで優位性を勝ち獲れる。
「今持っている竿の性能を、リールからのアプローチで高める」。
時代を確実にリード。次なるSVリールの未来がここにある。

仕様詳細
画像

■G1ジュラルミン製超高精度φ32SVスプール仕様
G1ジュラルミン製の超高精度MAエアブレーキシステム採用。 より太い糸を使用したベイトフィネスにも対応するラインキャパ。エアー機種よりもスプールが深溝化にすることにより「ややフィネス」なリグ全てに快適さをもたらした。

画像

■高精度マシンカット エアメタルハウジング
エアメタル(マグネシウム合金)をメインハウジングに採用し、セットプレートをアルミ製にすることで軽量かつ高い剛性を発揮してブレや歪みを抑制。回転性能や巻上性能の向上にも直結。

画像

■ザイオンスタードラグ

画像

■ハイグリップIシェイプ ライトノブ
薄さを極め、指に吸いつくようなグリップ感が特徴で、自重4gと現時点ではダイワ最軽量のノブを搭載。

DAIWA TECHNOLOGY
画像

■SV CONCEPT[SVコンセプト]
「SV=Stress free Versatile」

マグネット式ブレーキならではの実戦メリットを最大限に引き出したSVは、バックラッシュしにくい、楽にキャストが決まる…結果、よく釣れる! 最小限のマグダイヤルの調整だけで、軽量リグから重量級ルアーまでを、文字通りストレスなく扱う事ができる。スプールを交換したり、サイドプレートを開けたりして、セッティングに時間を掛ける事もない。現存するベイトリールの中で、ルアーの守備範囲が一番広いSVは、オ カッパリからボートまでスタイルやフィールドを選ばない。エアブレーキシステムが、マグネット式ブレーキの有効性を極限まで高めて、新時代のバーサタイルリールを完成させた。

画像

■エアブレーキシステム
アキュラシー性能を大幅にアップさせつつ、極めてバックラッシュが少ない、ストレスフリーな使い心地を実現したブレーキシステム。軽量インダクトローター構造と軽量スプールとの組み合わせでスプールユニットとしての回転レスポンスを大幅に向上。同時にオン&オフがハッキリした効きの良いマグブレーキとの相乗効果を狙ったセッティングでフルキャスト時にはしっかりブレーキが効くが、ピッチング等の低回転時にはインダクトローターが飛び出さず低弾道で撃ち込める。つまり、小さい力でもスプールがスパッと立ち上がり、力まなくても驚くほどルアーがよく飛び、逆に力みにより発生するバックラッシュゾーンに対してはきっちりブレーキを掛ける。結果、同ブレーキ設定で、ピッチングとキャスティングが高レベルで両立する快適さをもたらした。

画像

■UTD[アルティメットトーナメントドラグ]
ドラグ効き始めの初期の食い付きを解消し、スティック(ムラ)のない滑らかさを実現しながら締めれば締めるほど効く最大ドラグ力を兼備する。

画像

■SPEED SHAFT[スピードシャフト]
スプールはBBによって支えられているのみ。 シャフトレスにより余分な抵抗がゼロになり、理想のスプール回転が得られる。

動画インプレッション
SV ライト リミテッド
品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル
1回転)
ギヤー比 自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
ナイロン(lb-m)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング
(ボール/
ローラー)
メーカー希望
本体価格
(円)
JAN
コード
6.3R-TN 63 6.3 148 4 8-40~80、
10-30~65、
12-25~50、
16-20~40、
20-15~30
80 11/1 48,500 126212*
6.3L-TN 63 6.3 148 4 8-40~80、
10-30~65、
12-25~50、
16-20~40、
20-15~30
80 11/1 48,500 126229*
8.1R-TN 81 8.1 153 4 8-40~80、
10-30~65、
12-25~50、
16-20~40、
20-15~30
80 11/1 48,500 126250*
8.1L-TN 81 8.1 153 4 8-40~80、
10-30~65、
12-25~50、
16-20~40、
20-15~30
80 11/1 48,500 126267*
※巻糸量は目安であり、メーカー・アイテム・テンションにより異なります。