none
HOME > 製品情報 > リール > ベイトリール・両軸リール(ルアー用) > ソルトウォーター対応 > モアザン PE SV
MORETHAN PE SV
モアザン PE SV
PE専用
ハンドルノブS交換可
画像
画像
8.1R-TW
8.1L-TW
画像
画像
画像
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
「マグシールド」「TWS」「SVコンセプト」
圧倒的な耐久性・飛び・ストレスフリー性能を備えたシーバス専用ベイトリール
ショアからのシーバスゲームと言えばスピニングタックルのみ、というのはもはや過去の話。鉄板系バイブレーションをはじめ、重量のあるルアーを使う場合にはパワーやキャストアキュラシーの点から見てもベイトタックルの方が適している。さらには飛距離においてもスピニングタックルを上回ることすら可能になったほど、ダイワのベイトロッド・リールの技術は目覚ましい進化を遂げてきた。

「モアザン PE SV」には、ダイワのシーバスルアーゲームのフラッグシップブランドの名を冠するベイトリールにふさわしく、長年の経験と実績の中で磨き抜かれたダイワテクノロジーの粋を結集。リールの耐久性の常識を覆した『マグシールドボールベアリング』を筆頭に、バス用リールで驚きの飛距離とトラブルレス性能で確固たる支持を得ている『TWS(T-ウィングシステム)』と、PEライン使用時に最高のパフォーマンスが発揮されるようセッティングされた「SV(Stress-free Versatile)コンセプト」を採用。シーバスアングラーがベイトタックルに求める性能を最高レベルで実現しつつ、キャスト時のトラブルが極めて少なく、かつその性能がメンテナンスフリーで長期間持続される。ギヤ比は8.1:1の超ハイギヤ仕様で、スピニングリールと比べても遜色のないリーリングが可能。シーバスゲームをより快適に・よりエキサイティングに楽しみたいコアなアングラーに贈るダイワ最高クラスのベイトリールである。
ダイワの防水・耐久テクノロジー 『マグシールド』
水・不純物の侵入をシャットアウトし、初期性能を長期間維持

海水や砂塵に容赦なくさらされるリールにとって、ボールベアリングの防水・防塵性は生命線と言える。ここにわずかな海水が入っただけで、塩ガミを防ぎきれず回転性能は失われてしまう。これまでもボールベアリングを水や異物から守るために数々の工夫が採り入れられてきたが、「リールは、いつか塩や異物の侵入によって回転性能が落ちるもの」という認識が払拭できたとは言い難い。この難題への鮮やかな解答、それがマグシールドボールベアリングである。マグシールドとは、磁性流体「マグオイル」の強固な膜により外部からの水・異物の侵入をブロックするダイワ独自のテクノロジー。この先進技術をリールの核心部であるボールベアリングに搭載したのである。「モアザン PE SV」では、ソルト用ベイトリールにおいて最も塩ガミしやすい部分であるピニオンギヤ両サイドのベアリングに採用されている。

「ボールベアリングを徹底して防水化する」。この長年の構想がついにボールベアリングのマグシールド化という形で結実。このマグシールドボールベアリングは、開発陣も驚嘆するポテンシャルを備えていた。過酷なテストを重ねても、回転の滑らかさは試験前とほとんど変わらなかったのである。マグシールドボールベアリングは、シビアに釣果を求めるトップアングラーのためだけの技術ではない。新品の気持ちの良い性能をいつまでも味わいたいと願うすべてのアングラーに福音をもたらすものだ。真のイノベーション、それがマグシールドボールベアリング。宇宙工学のシールド技術を応用し、ミクロの不純物までも遮断した防水・耐久の完成形へ、リールは大きな一歩を踏み出した。

「ボールベアリングの初期性能が長期間維持され、本来の寿命を全うすることができる」

マグシールドボールベアリング最大のメリットは、塩ガミ・錆び・異音を大幅に解消し、初期性能を長期間にわたり維持することだ。リール用に限らず、およそあらゆるボールベアリングは一定期間使用すれば、ボールの摩耗により回転性能が劣化する。しかし、従来のリール用ボールベアリングは、ボールが摩耗する前に塩ガミや錆びにより使い物にならなくなることが多々あった。これがマグシールドで一変する。メンテナンスをしなくても、ボールベアリングが「本来の寿命」を全うするようになるのだ。また、マグシールドボールベアリングは、内輪と極板とのわずかなすき間をマグオイルが埋める非接触構造なので、もともと回転抵抗が非常に小さい。防水のために内部にゴムパッキンを使用しているベアリングと比べたとき、その回転フィーリングの違いは明らかだ。限りなく摩擦ゼロのスムーズな回転が、特別な手入れをしなくても驚くほど長く保たれる。これがどれほど画期的なことであるかは言うまでもないだろう。

「TWS=T-WING SYSTEM」がもたらす飛距離とタフさ
クラッチのON・OFFに連動してラインのポジションが変わるTWS。レベルワインドを覆うウイングが開閉する“オープンフェイススタイル”を特徴とする従来のTWSに対し、モアザンPE SVの“ターンアラウンドスタイル”においては、TシェイプレベルワインドがクラッチON・OFFに応じて半回転する。キャスティング時にはレベルワインドが前方に回転し、ラインはTシェイプレベルワインドの幅広部を通ってスムーズに放出される。PEラインは放出時のムラが少ないほどバックラッシュなどのトラブルが減って飛距離も伸びるため、ライン放出時の抵抗が小さいTWSはPEライン使用時には特に大きなアドバンテージとなる。またリトリーブ時にはレベルワインドが後ろ方向に倒れる形で半回転し、レベルワインド下部の溝にラインが誘導され、タイトかつ平行に巻き取られる。これも細いPEラインにとっては大きなメリットである。さらに飛距離アップ&トラブルフリーの特長はそのままに、高い剛性も兼備。“ターンアラウンドスタイル”の構造はシンプルかつ堅牢であるため、ランカーとの幸運な出会いが突然訪れても、アングラーを決して怯ませない。
キャスティング時
リトリーブ時

※TWS解説の写真は「TATULA」です。

SV(Stress-free Versatile)コンセプトとは

ダイワのベイトリールはマグネット式のブレーキシステムを採用している。長年の高い実績はもはや伝統とさえ呼べるが、他にはない大きなアドバンテージがあるからこその結果なのだ。存分な耐久性はもちろん、瞬時にブレーキ設定が可能な外部調整ダイヤル、天候に左右されることなく常に安定したブレーキ力をキープ。ピンスポット値に調整できない限り最高出力を発揮しない、また時に意図に反する出力を生む他のシステムとは大きく異なり、アングラーの思いのままに操作できることこそがマグネット方式のメリットなのだ。

【エアブレーキシステム】
SVコンセプトに不可欠な「エアブレーキシステム」は、そのマグネット式ブレーキの有効性を極限まで高めた新たなシステム。スプールに装着されたインダクトローターが慣性力を利用して磁界へと入り込み、スプール回転を制御する仕組み。軸部を2重構造に設計することで、フルキャスト時にはブレーキで制御する一方で、スプール低回転時にはインダクトローターが飛び出さず低く伸びのある弾道を実現する。力まなくても小さい力で驚くほどルアーがよく飛び、逆に力みにより発生するバックラッシュゾーンに対してはきっちりブレーキを掛ける。アキュラシー性能を大幅にアップさせつつ、極めてバックラッシュが少ない、まさに“Stress-free”かつ“Versatile”な使い心地を実現したブレーキシステムである。

【SVコンセプトのメリット】
・ラインが浮きにくく、バックラッシュが少ない。
・スプールが軽く低抵抗なため、小さい力でルアーがスパッと飛び出す。
・軽量ルアーから重量級ルアーまで対応幅が広い。
・向かい風等の悪条件に強い。
・調整が簡単。マグダイヤルだけで諸条件に対応する。

■SVコンセプトPEセッティングとは

SVコンセプトは、小さい力でスプールがスパッと立ち上がり初速で一気に距離を稼ぐことができ、マグダイヤルの目盛を上げすぎないことでさらに後半の伸びが得られる。また微弱なブレーキが効き続けているためルアーの飛行姿勢が良く、結果的にルアーの飛距離が伸びる。

「モアザンPE SV」に採用されているSVコンセプトPEセッティングは、その名の通りPEラインの特性に合わせた扱いやすさ・トラブルレス性・飛距離を狙ってセッティングされている。PEラインはその特性が仇となり、ベイトタックルでのキャスティングには難易度が高かった。張りがなく、伸びが極めて少なくて摩擦に弱いPEラインは、ベイトリール特有のバックラッシュ発生時に修復不可能な状態になったり、高切れによりルアーが飛んで行ったりというトラブルが後を絶たなかったのである。特に、急激にルアーを加速させるようなキャスティング方法だと、ハマった時には飛距離が出るが、バックラッシュの恐怖と常に戦うことになる。

よって、ベイトタックルでトラブルレスにキャストしたい場合はキャスティングにコツを要する。スイング時に定速を心がけ、オートマ車にたとえるとアクセルを一気に踏むのではなくじわっと踏み込んで最高速度を引き出すイメージが重要である。このキャスト方法ならば、バックラッシュなどのライントラブルは最小限に抑えられる。しかし、従来ベイトリールだとこのキャストフォームでは飛距離面に難点があったのだ。

飛ばそうと思えばトラブルが増え、トラブルを減らそうと思えば飛距離が落ちる。このジレンマを解消したのがSVコンセプトPEセッティングだ。じわっと加速する力まないスイングでも抜群の飛距離を出せるし、先述の急激にルアーを加速させるようなキャスティングに対しても、SVコンセプトゆえの「力んだ分だけブレーキをかける」性質がラインの暴れやフケを抑えることでバックラッシュを減らし、結果的にキャストの成功を生む。つまり、SVコンセプトPEセッティングはPEラインゆえの扱いにくい部分を矯正し、長所に変える絶妙なセッティングなのだ。

SVコンセプト(PEセッティング)における使い方のコツ

1.メカニカルブレーキをゼロ(マイナス緩め方向に1クリック)設定にする。
■ダイワのブレーキ特性上、スプールとマグネットの距離が最重要。 
■近すぎても遠すぎてもNG。特にPEラインは比重が小さいため、少しでも距離が狂うとダイヤル1目盛分程度は容易に変化する。
■緩すぎるとキャスト時にスプールが暴れて飛びムラが生じ、飛距離ロスやバックラッシュの原因になる。逆に締めすぎるとスプールの高性能がスポイルされる。メカニカルブレーキというより、スプール左右調整ノブだと捉える方がベター。

2.マグネットブレーキに委ねてキャスト。
■メカニカルは上記の通りで固定し、マグネットブレーキ(ダイヤルを大きくすれば超強力でセーフティー)の効きに全てを委ねる。
■MAXブレーキモードのダイヤル20ならば、着水時ノーサミングでもほとんどバックラッシュしない。
■ダイヤル6~16の範囲で、大抵の人が・大抵のロッドで・大抵のルアーを・大抵の気象条件で扱う事ができる。
■ルアー飛行中のサミングはせず、着水の時にサミングするだけでOK。最新のマグブレーキは気を遣わずに使えるため快適に釣りができる。
■慣れてきたらダイヤルを1目盛ずつ落としていけば、その分飛距離が伸びてくる。上級者であれば驚くほどの飛距離が出せる(全てのルアー・条件で6まで落とせるわけではありません)。

3.応用編
■サミングができる方や上級者の方は、マグダイヤルを6以下に落とすことも可能。立ち上がりの瞬間のサミングができれば、マグダイヤルを6以下に落とすことでさらに後半の伸びが期待できる。
■マグダイヤル6でも相当な遠投が可能であるが、さらにド遠投を意図した時には、ダイヤルを下げられる分だけさらに伸び代がある。
その他の仕様
画像
画像
超々ジュラルミン製の薄肉軽量スプールをPE専用に更にセッティングを煮詰めることで、ベイトPEビギナーから上級者まで対応。細いPEラインがキレイに巻ける事を狙った専用スプール形状。
滑り出しの滑らかなUTD(アルティメットトーナメントドラグ)に、待望の引き出しクリックを搭載。ハンドル部は90mmクランクハンドル&Iシェイプコルクノブ仕様。
画像
画像
超高度マシンカット技術により、素材の長所を最大限に引き出したハイパーデジギヤ。滑らかな回転と初期性能が驚くほど長く持続する。
ギヤ側サイドプレートは、軽量・高剛性・腐食に強いという特性を有するダイワ独自のカーボン素材「ZAION(ザイオン)」製。大きくて強いギヤをガッチリ守りつつ、タフさはキープし軽量化も達成。
モアザン PE SV
品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル
1回転)
ギヤ比 スプール径
(mm)
標準
自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE
(号-m)
ハンドル
長さ
(mm)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
8.1R TW 86 8.1 34 220 5 1-200
1.5-150
90
(4CRBB仕様)
51,000 954563**
8.1L TW 86 8.1 34 220 5 1-200
1.5-150
90
(4CRBB仕様)
51,000 954570**
※他の34mm径スプールとの互換性
→2014年8月時点ではありません。STEEZ系やREAL FOUR 1000番系よりも幅広のスプールです。

※PEライン以外のライン使用について
PE以外のラインを使っても問題はありませんが、本製品はPEラインの特性に合わせた扱いやすさ・トラブルレス性・飛距離を狙って設計されていますので、例えばフロロカーボンなど比重が異なるラインを使用した場合、本来の性能が発揮されにくくなります。

※巻糸量のPE号-m表示はUVFモアザンセンサー6ブレイド+Siを使用。