none
検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ
HOME > 製品情報 > リール > ベイトリール・両軸リール(ルアー用) > 淡水専用 > アルファス エア ストリームカスタム
ALPHAS AIR STREAM CUSTOM
アルファス エア ストリームカスタム
2018.06 デビュー
淡水専用
7.2R 7.2L

(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

渓流ベイトフィネス入門者に向けた中級機の決定版。カスタマイズを施した特別仕様機

■Φ31mm、G1ジュラルミン製ストリームトラウトブレーキチューンスプール搭載。
■ZAION製サイドプレート+スーパーメタルフレーム&セットプレート搭載。
■UTD(アルティメットトーナメントドラグ)
■80mmカーボンクランクハンドル +Iシェイプクリアコルクノブ

ストリームトラウトブレーキチューンスプール

渓流における様々なシチュエーションでのキャストに対応するために、あえてインダクトローターを固定化することで、キャスト時の入力の差、超ショートレンジへの対応力などインダクトローター作動によるラグすらをも排除してキャストアキュラシーを求めたセッティング。極めて微弱なブレーキ力にてスプール回転を制御するため、軽量なルアーをも低弾道で打ち込む事が可能となる。渓流での様々なキャストシーンにおいて安定したブレーキ力でキャストアキュラシーの向上を目指す。

開発協力 ― 本山博之氏
画像

渓流ベイトフィネスのパイオニアである本山博之氏に開発段階からアドバイスを頂き、特に本リールの渓流ベイトフィネス対応新設計スプールに関しては、試作段階から本山氏自ら長期間にわたるテストを実施してきた。

フィールドテスト、実釣においては、渓流でのキャストしながらの走破距離が累積500kmへと達し、あらゆる機能確認を行った。

仕様詳細

G1ジュラルミン製超高精度Φ31スプール仕様
Φ31mm、G1ジュラルミン製ストリームトラウトブレーキチューンスプール搭載。
(ブレーキは、固定式インダクトローター採用。)

※スプールは、他のアイテムと互換性無し。

Iシェイプ コルククリアノブ搭載
繊細さと正確なホールディングを約束するIシェイプコルククリアノブ搭載。トラウトアングラーが好む外観選定。

DAIWA TECHNOLOGY
画像

■UTD[アルティメットトーナメントドラグ]
ドラグ効き始めの初期の食い付きを解消し、スティック(ムラ)のない滑らかさを実現しながら締めれば締めるほど効く最大ドラグ力を兼備する。

画像

■SPEED SHAFT[スピードシャフト]
スプールはBBによって支えられているのみ。 シャフトレスにより余分な抵抗がゼロになり、理想のスプール回転が得られる。

その他の仕様・機能
機能・仕様 特徴
スーパーメタルフレーム 樹脂製フレームに比べて圧倒的な剛性を持つスーパーメタルが魚とのやり取りなどの高負荷時においてフレームの歪みやブレを防止。釣り人の力がロスなく伝達され、スムーズかつ力強い巻き上げを可能にする。
アルファス エア ストリームカスタム
アイテム 巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比 自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準巻糸量 スプール径
(mm)
ベアリング
(ボール/
ローラー)
メーカー希望
本体価格
(円)
JAN
コード
ナイロン(lb-m) PE(号-m)
7.2R 69 7.2 165 4 6-40、
8-30
0.6-40 31 6/1 34,700 137102*
7.2L 69 7.2 165 4 6-40、
8-30
0.6-40 31 6/1 34,700 137119*
※巻糸量は目安であり、メーカー・アイテム・テンションにより異なります。
<細糸のラインや、PEライン使用時の注意>
6lb以下のラインや、PEラインを使用されると、スプール変形やラインの噛みこみのリスクが大きくなります。あらかじめご注意下さい。