none
HOME > 製品情報 > ルアー > トラウトルアー > エリアトラウト > スプーン > プレッソ アダム
PRESSO ADAM
プレッソ アダム
画像
グリピン
画像 画像 画像 画像 画像
オレキンW グリーン
ペレット
マンハッタン ライトピンク エリア
ブラウン
画像 画像 画像 画像 画像
カラシ グリキン
ヤマメ
ダーク
フォレスト
レモネード
(ケイムラ)
渋柿
画像 画像 画像 画像
ウォーターメロンシード
(ケイムラ)
白雪姫 くりいむ
グロー
イエロー
ダガー
フラッシング
グリーン
画像 画像 画像 画像 画像
トリプル
グリーン
サーモン
バジル
オレンジ
マンゴー
ブルーグロッタ ゴールドダスト
画像 画像 画像
エリアモカ カーキブラウン ツヤブラック
エリアマスター高田達也プロデュース、エリアのプライムスプーン
名作「レイブ」の遺伝子を受け継ぐ、プレッソブランドの基幹スプーン、アダム。同一サイズで4ウェイト展開、エリアのパイロットスプーンとして、様々な状況に対応する。1.0gは飛距離が出せる表層攻略用、1.5gは表層から中層をスローに引きやすく、1.8gはエリア・コンディションを問わずオールマイティー、2.2gは大規模ポンドや放流直後の定番。この4つのウェイトを使い分けて状況判断を行い、その上で、より表層を攻めるならばヴェガ、よりサイズを落とす必要があればスキニー、ボトムをスローに引くならばルパン、さらには、ロリクラ、イモラ、バンピングバイブ、というように、一日の釣りを組み立ていけばよい。全ての戦略の原点となるベーシックであり、様々なシチュエーションに対応するオールマイティー、それがアダムのコンセプトである。 画像
アクション
画像

大きく水を撹拌するウォブリングアクションに、エッジの効いたハイピッチロールアクションの融合。レイブ譲りの高い集魚性は確保しつつも、追尾するトラウトに見切られない微波動アクションを組み合わせている。更に、ロッドを立てた状態でリトリーブする、いわゆる立ち泳ぎでは、均整の取れたロールアクションに変化。ティップ位置の変化のみで、誰でも簡単にアクションを変化させ、スレたトラウトにさらにアピールすることができる。

1.0/1.5gはシビアな状況で投入されることを考慮した、ロールの比率がやや強めの動き。浮きあがりやすい設定となっているため、沖の表層攻略にも最適、逆に中層をスローに引くことも可能だ。

1.8/2.2gはウォブルの比率を高めている。放直から高~中活性まで幅広く使用できる。イレギュラーのない安定したアクションと、フォール姿勢のため、再現性のある釣りを展開することができるのも中級者以上にとっては強みとなるはず。

使い方
■基本的な使い方
狙うレンジまでカウントダウンさせ、一定の速度でリトリーブ。イレギュラーなアクションが出ない設計の為、自分の好みでアクションをつける事が可能。イレギュラーアクションの出るスプーンは、勝手に鱒を誘う為、逆にスレ易いことがある。また、一匹釣れても、文字通りイレギュラーなアクションで釣れた為、再現性が低い。

■ロッドを立て気味にしてリトリーブ(立ち泳ぎ)
ウォブリングが消え、均整の取れたロールアクションに変化。動きとシルエットの変化でスレた鱒も更にキャッチが可能。

■表層を波紋を立てながら引く(バジング)
1g限定。アダムはウエイトに対してシルエットが長く、竿を立てた状態で水を捉え易い為、他のマイクロスプーンと比較し、水面直下、表層を引きやすい。特に、秋口のまだやや水温が高い時期にはおすすめのテクニック。
驚異の貫通力でチャンスを逃さない“SaqSas(サクサス)”
画像 従来のメッキ処理では実現できなかった驚きの貫通力を持つ表面処理テクノロジー。ハリの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、刺さり性能は従来の塗装ハリに比べて最大40%(平均約20%)アップ(当社比)。今まで合わせきれなかった小さなアタリやショートバイトも逃さずキャッチ。今までのハリと一味も二味も違う「サクッと刺さる」感覚は、一度体感すると忘れがたいものとなるはずだ。なお、非常によく刺さるハリとなっているため、取り扱い時にはこれまで以上に注意していただきたい。
画像  画像 
【表面の電子顕微鏡写真】
【貫通力比較データグラフ】
(数値が低いほど貫通しやすい)
カラーコンセプトガイド
カラー 特 徴
■くりいむグロー
画像
「ぼわっとグロー」
人気色「クリームレモン」にグローを追加。
敢えて全面に塗らず、表面のみの飛ばし塗装に抑えることでナイターのみならず、日中でも使いやすいカラーに。
■イエローダガー
画像
「チカチカ明滅」
黄色と黒色のエマージェンシーカラーを表裏別色で表現。
はっきりしたコントラストによる明滅感で低活性時のリアクションを狙う。
■フラッシンググリーン
画像
「高集魚金メッキ」
グリーンゴールドの煌きに、チャートのアピールを追加。
ハイアピールで、放流魚に効果高い。緑が効くと言われる東山湖での新たなる鉄板カラー。
■トリプルグリーン
画像
「高田’S フェイバリット」
高田テスター最愛の「Wグリーン」がパワーアップ。
両端のライトグリーン+中心のダークグリーン+グリーンラメのトリプル効果で爆釣間違いなし。
■サーモンバジル
画像
「三浦’S フェイバリット」
三浦スタッフ一押しのカラー。
ライトピンク+オリーブという鉄板カラーの組合せに極小ゴールドフレークが艶かしい生物感を演出。弱い明滅アピールで持続力が高い。
■オレンジマンゴー
画像
「放流ど派手カラー」
蛍光オレンジとイエローのど派手な組み合わせで、放流狩りに最適のアピールカラー。
裏面はゴールドメッキの輝きで集魚力も抜群。
■レモネード
画像
「活性の高い魚を狙いうち」
放流など高活性用。金の輝きが持つ高い集魚力に加え、チャート(蛍光)カラーの光、さらにはケイムラ(紫外線発光)によるアピールが加わっている。これら自然界にはない光が魚に強くアピールするわけだ。
■渋柿
画像
「放流セカンド~サード」
オレ金のトーンダウン版。
輝きよりも明滅で誘う。放流魚はチカチカした明滅アピールが大好きだ。裏面の黒はシルエットがはっきり出る、チャート並みに強い色。夕まずめなど、食い気が高い時にも有効だ。
■ウォーターメロンシード
画像
「カラーローテの最終点」
ローテーションの行きつく先はグリーン系かブラウン系。
水色やボトム色を参考にどちらの方向性が良いかを絞っていく。この色はどんなアングラーでも持っておいた方が良い、絶対必要になる一枚だ。
■白雪姫
画像
「自然な光の反射で魚の気を引く」
シルバーは金のような集魚力はないが、少し活性の落ちた魚を反射的に振り向かせるのには有効。
クリア・マッディー問わず活躍する。どちらかといえば曇天時により有効。
プレッソスプーン分布図
画像
プレッソ アダム
重量(g) サイズ(mm) フック仕様 メーカー希望
本体価格(円)
1.0 26 プレッソシングルフックSS
スピード #6
460
1.5 26 プレッソシングルフックSS
スピード #6
460
1.8 26 プレッソシングルフックSS
スピード #6
460
2.2 26 プレッソシングルフックSS
スピード #6
460
JANコード
カラー サイズ (g)
1.0 1.5 1.8 2.2
オレキンW 950985 951142 951302 951463
グリピン 951005 951166 951326 951487
グリーンペレット 951029 951180 951340 951500
マンハッタン 951043 951203 951364 951524
ライトピンク 951050 951210 951371 951531
エリアブラウン 951067 951227 951388 951548
カラシ 951074 951234 951395 951555
グリキンヤマメ 951104 951265 951425 951586
ダークフォレスト 951111 951272 951432 951593
レモネード(ケイムラ) 998116 998178 998239 998291
渋柿 998130 998192 998253 998314
ウォーターメロンシード(ケイムラ) 998147 998208 998260 998321
白雪姫 998161 998222 998284 998345
くりいむグロー 072397 072458 072779 072830
イエローダガー 072403 072724 072786 072847
フラッシンググリーン 072410 072731 072793 072854
トリプルグリーン 072427 072748 072809 072861
サーモンバジル 072434 072755 072816 072878
オレンジマンゴー 072441 072762 072823 072885
ブルーグロッタ 219907 219952 220002 220057
ゴールドダスト 219914 219969 220019 220064
エリアモカ 219921 219976 220026 220071
カーキブラウン 219938 219983 220033 220088
ツヤブラック 219945 219990 220040 220095