none
HOME > 製品情報 > ルアー > ソルトルアー > シーバス・フラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ) > ミノー > ショアラインシャイナーZ バーティス 120F
SHORELINE SHINER Z VERTICE 120F
ショアラインシャイナーZ バーティス 120F
画像
チャートバックパール
画像
画像
画像
背黒フラッシュ
不夜城
画像
画像
画像
ライトニング
レッドヘッド
レーザーマイワシ
画像
画像
画像
3Dイナッ子
3Dバーニングイワシ
SGキビナゴOB
画像
画像
画像
SGコットンキャンディGB
SGマイワシRB
カタクチレッドベリー
画像
画像
画像
クラッシュナイト
バーニングゴールドイワシ
MTトランスイワシ
画像
画像
画像
ヒラメキスグローベリー
ヒラメピンクイワシ
ヒラメピンクマーブル
画像
ライブヒラメイワシ
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
新たなる「飛びの伝説」を引き継いだスタンダードミノー
画像ソルトルアーシーンを黎明期から現在まで牽引し続けるモンスターミノー「ショアラインシャイナー」。それはどこまでも飛距離を意識したミノーの系譜であり、現在においても誰にも負けたくないし、負けるつもりもない。「ショアラインシャイナーZ・バーティス」の「バーティス」という名前にはショアラインシャイナーの誇りと夢が込められている。【vertex=最高点、頂上、山頂】がその由来。最長の飛距離。最良のアクション。最上のカラーリング。すべてにおいて最高のものを目指した。

圧倒的な飛距離を生み出す源は重心移動システム。バーティスに搭載されるのは、ダイワの特許であるボディ内を貫くワイヤー上を貫通ウエイトが移動するサイレント・ウエイト・オシレート・システムの進化系、「サイレント・ウエイト・オシレート・PLUSシステム」である。ショアラインシャイナーシリーズに脈々と受け継がれるこの重心移動の基礎構造は、2つの大きな特長を持つ。

1.滑らかに動作することで、安定的な飛距離を出せること。
2.ウエイトボール移動型の重心移動機構は、アクション時にボディ内壁にウエイトボールが当たり、ゴトゴトとラトル音が発生する。これを徹底排除した、シーバスをスプークさせない極めてサイレントなシステムであること。

この優れた基礎構造を残しつつ、更なる進化を続けてきたのが、ショアラインシャイナーの「飛びの系譜」であり、それはバーティスへ連綿と繋がっているのだ。

バーティスにはさらに「HGS」というシステムが搭載されている。これはホールドグラビティシステム、つまりアクション開始と同時に貫通ウエイトを所定位置にホールドするシステムのことである。HGSを搭載すると、波や流れに揉まれたり、アングラーがルアーにアクションを付けたときにウエイトが後部にスライドしにくくなる。これにより姿勢がつねに一定に保たれ、泳ぎも極めて破綻しづらくなった。バーティスシリーズは、ド派手なパフォーマンスで諸兄の目を惹くタイプのミノーではないかも知れないが、ダイワソルトウォーターミノーのど真ん中、ベーシックとして高いレベルの性能と揺るがない芯を持ったミノーで在り続ける。
テスターインプレッション
「絶対の信頼を置くミノーですね」 ― フィールドテスター 高橋慶朗

活性の高いシーバスを効率よく狙うこと。それが獲るための早道。じゃあ、そういうシーバスはどこにいるのかというと、例えば夜なら水面下1mくらいまでのレンジに浮いて、ベイトを探していることが多いじゃないですか。そんな浮いた状態のシーバスを効率よく獲れるルアーといえば、やはりミノーなんです。だから私はその日の一投目は、バーティス120F。活性のあるシーバスが周辺にいるなら、バーティスに必ず食ってくる。そのくらいの自信を持って投げてます。獲れなければ120Sにチェンジ。バーティスのFとSのレンジは、私の体感では50cmくらいの差ですが、その差が釣果の分け目になることもありますから。カラーローテーションは、私はチャートバックパールや不夜城のような、派手目のものから投げることが多いですね。外海から寄ったばかりのフレッシュなシーバスは派手なアピールカラーのほうが反応がいいんですよ。それに食ってきたら活性の高い魚がいるなと推理もできますし。スレてそうな場所なら、3Dイナッコのようなベイトフィッシュに近いナチュラルな色を選びます。
「フックチューンのススメ」 ― フィールドテスター 山本典史

僕がよく通うフィールドである磯では、欠かせないミノーなんですよね。アドバンテージはいくつもあります。まずは抜群の飛距離。それから強い波や流れの中でもしっかり泳ぐアクションバランスのよさ。そして、フックサイズを替えるだけで、いろいろな攻め方ができる点については、とくに力説させてください。通常、120F、120Sには、#5サイズのフックが標準装備されています。ミノーの中にはフックサイズを替えると途端にアクションが崩れてしまう繊細なものもありますが、バーティスは土台となるアクションバランスがしっかりしているので、ひとつ大きなフックサイズである#4に付け替えても、問題なく泳いでくれるのです。120Fは、#5フックなら通常のフローティングミノー、#4フックならサスペンド気味になり水絡みがよくなります。120Sは、#5フックなら荒れたコンディションに対応するためのシンキングミノーとして、#4フックなら大型青物狙いだったり波がないときのファストリトリーブ用に。現場でフックを交換してあげるだけで、別のルアーになるんです。さまざまな「可能性」を秘めたミノーですよね。
仕様詳細
【サイレントウェイトオシレートPLUSシステム+HGS】

 

■ぶっ飛び「サイレントウエイトオシレートPLUS」
Zシリーズ共通の、サイレントウェイトオシレート機構を後端まで一気貫通。さらにセントラルバランスドウエイトの配置により、飛行姿勢の修正機能と立ち上がり性能の向上を実現。

■HGS(ホールドグラビティシステム)」
「ショアラインシャイナーZ120F」には未搭載であったアクション時にメインウエイトを簡易的にホールドする「HGS」を搭載。キャスト時の遠心力でワイヤーに乗ってタングステンウエイトが後端まで移動。着水後のリトリーブ開始でメインウエイトが前方へ移動し、前端部のホールドパーツによって保持されることで、リバーゲーム等の潮流が強い状況下におけるアクション安定性能が向上。さらにドリフト&アクション後のポーズ時においてもスイム姿勢を維持。重心が安定していることで急流・荒波・ファストリトリーブ時でも揉まれにくい高遊泳力を有する。

画像
画像
ショアラインシャイナーZ バーティス
アイテムタイプサイズ
(mm)
標準自重
(g)
潜行レンジ
(cm)
フック仕様メーカー希望
本体価格(円)
120Fフローティング12019約30~120ST-46 #5トレブル2,100
(SGカラー=2,150)
JANコード
背黒
フラッシュ
チャートバック
パール
不夜城 ライトニング レッド
ヘッド
レーザー
マイワシ
3D
イナッ子
3Dバーニング
イワシ
036764 036771 036788 036795 036801 036818 036825 036832 036849

SG
キビナゴOB
SGコットン
キャンディGB
SG
マイワシRB
カタクチ
レッドベリー
クラッシュ
ナイト
バーニング
ゴールドイワシ
MT
トランスイワシ
036856 036863 036870 089227 089234 089241 089258

ヒラメキスグローベリー ヒラメピンクイワシ ヒラメピンクマーブル ライブヒラメイワシ
196475 196482 196499 196505