none
HOME > 製品情報 > ルアー > ソルトルアー > シーバス・フラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ) > ミノー > 鮎邪 ジョインテッドクロー
AYUJA JOINTED CLAW KAI 148F/S
AYUJA JOINTED CLAW 178F/S
鮎邪 ジョインテッドクロー 改148F/S
鮎邪 ジョインテッドクロー 178F/S
不夜城
レモンソーダミント
コノシロ ゴールデンギーゴ
チャートバックパール ライトニング
クラッシュナイト
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
ランカーハントに必携の元祖S字系ジョイントビッグベイト
DAIWA × GAN CRAFT コラボモデル
GAN CRAFT社が送り出した元祖S字系ジョイントビッグベイト「鮎邪ジョインテッドクロー」とダイワがコラボレーションしたモデル。このルアーの最大の特長である、ただ巻きで大きなS字の軌道を描く「S字アクション」は、シーバスにも強烈なバージンインパクトを与てバイトに持ち込む。もちろんできることはそれだけではない。水流によるナチュラルなドリフトアクション、トゥイッチ、ジャーク、ボトムからの跳ね上げなど、多彩なアクションが繰り出せる。

秋の落ち鮎パターン、コノシロやイナッ子などの大型ベイトフィッシュパターンなど、ランカーハンティングには今や必携のルアーのひとつになっているし、ボートシーバスゲームでも実績は抜群。またオフショアのシイラなどに使っても面白い。それなりのウエイトがあるため、タックルはベイトタックルがおすすめ。

148(=全長148mm)は178(=全長178mm)に比べてピッチの細かいS字アクションで、M調子のロッドでも操作が可能なため、タックルの汎用性がより高くなっている。
画像
こだわりの仕様
画像 画像
■ハーフミラーフィニッシュ・・・メタリック系カラーに採用しているホロは中が透けて見えるため、高いアピール力と同時にナチュラル感も併せ持つ。
■セミハードテール・・・好みのカラーにカスタマイズしたい場合や破損した場合には着脱交換が可能。(GAN CRAFT社が販売する「スペアテール」をお求めください)
フローティングとシンキングの使い分け
画像 落ち鮎の時期のドリフトメソッドには欠かせないのがジョインテッドクロー。フローティングとシンキングの2タイプがあります。シンキングだと沈みすぎてしまうときに水面をヨタヨタとアクションしながら流すことができるのがフローティング。シンキングは水面直下を流したいときにアップストリームに投げて使います。とはいえ落ち鮎期のドリフト限定じゃないのがこのルアーの強み。使い手次第で、いろいろな場面に対応できるんです。例えば、魚が付いていそうな流木やテトラの際に、どんなルアーを通しても反応がないようなときに、ジョイクロに替えたら一発!ってこともあるんです。僕はここぞというポイントでは、必ず数投してみますね。

■及川太一・・・東北を舞台に活躍するルアーマン。特にシーバスを得意としており、フィールドを問わず結果を出し続けている。
■ダウンストリームキャストの場合、フローティングを使う。シンキングだと潜りすぎてしまう。

■アップストリームキャストの場合はシンキングを使う。フローティングだと浮いてしまい、アクションしない。
画像 
鮎邪 ジョインテッドクロー
アイテム タイプ サイズ
(mm)
標準自重
(g)
フック仕様 メーカー希望
本体価格(円)
148F フローティング 148 33 フロント:ST-46 #2
リア:ST-46 #4
4,286
148S シンキング 148 35 フロント:ST-46 #2
リア:ST-46 #4
4,286
178F フローティング 178 56 フロント:ST-46 #1
リア:ST-46 #2
4,572
178S シンキング 178 62 フロント:ST-46 #1
リア:ST-46 #2
4,572
JANコード
アイテム コノシロ ゴールデン
ギーゴ
チャートバック
パール
不夜城 ライトニング クラッシュ
ナイト
レモンソーダ
ミント
148F 067614 067621 067638 067645 067652 067669 067676 067683
148S 067690 067706 067713 067720 067737 067744 067751 067768
178F 024846 024853 024860 024877 024884 025683 068093 068109
178S 024891 024907 024914 024921 024938 025690 068116 068475