none
HOME > 製品情報 > ルアー > バスルアー > ミノー > T.D. ミノー 120SP
T.D. MINNOW 120SP
T.D. ミノー 120SP
ゴーストアユ
クロキン、ワカサギ、マットワカサギ
アユ、ハス、ブルーバックゴースト
ゴーストヘリング、スポーニングゴースト、サイトクラウン
基本性能の高さが売りのT.D.ミノーの12cmタイプ

ジャーク時の横飛び、抜群の飛距離、タダ巻きでのナチュラルロールアクション、止めた後のロールアクション、どれをとってもハイスペックなミノーである。

12cmサイズのミノーは、3本フックが主流であるが、あえて2本フックを採用。フックを2本にすることにより大型フックを搭載でき、バラシが減少。フック1本分の重さを重心移動ウエイトにプラスすることで、飛距離がUP。3本フックでは出せなかったタイトロールアクションが実現した。またフラット面の無い丸い形状は、ジャーク後のステイ時にロールアクションを発生させる。これはアングラーが故意に出せるアクションではなく、このステイ時のロールが喰わせのキーポイントになっている。「サイレントオシレートシステム」についてはショックアブソーバーを長めにとることで頭上がりの姿勢になりにくく、アクションレスポンスの向上に成功した。さらに「DトレブルフックSS」4S #4を搭載し、刺さり・針強度も申し分なし。ビッグバス完全対応ストロングジャークベイトに仕上がっている。

SaqSas(サクサス) ― 驚異の貫通力でチャンスを逃さない
画像

ダイワがこだわったのはフック表面の処理。従来は防錆効果を求めて数々の塗装技術を検証してきたが、今回採用された表面処理は防錆効果を実現しつつ、ハリ掛かりを格段に向上させることにも成功している。その名も“SaqSas(サクサス)”。フック表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、フックの刺さり性能は従来の塗装フックに比べて最大40%(平均約20%)アップ(当社比)。4面から研ぎ上げた究極のハリ先「デュアルカットポイント」との相乗効果によって、今まで掛けきれなかったかすかなアタリでも格段に掛けやすくなったフックになったといっても過言ではない。「サクっと刺さる」驚愕の貫通力が、ハイプレッシャーエリアのスレバスのショートバイトもしっかりフッキングに結びつける。

■表面の電子顕微鏡写真

画像
画像

【従来タイプ(ブラックニッケルメッキ)】

【SaqSas】

■貫通力試験による比較データグラフ

画像

刺さり性能最大40%アップ
(グラフの数値が低いほど貫通しやすい)

T.D.ミノー
アイテムサイズ
(mm)
標準自重
(g)
潜行深度
(m)
フック仕様メーカー希望
本体価格(円)
120SP12015.5約1DトレブルSS
4S #4
1,900